2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2012/08/26:
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
スズカエンデューロ直前練習 [堺浜周回コース]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2014/06/15:延命寺
雨上がり 桜に虎に ぶどう狩り [ぶどう坂-信貴山朝護孫子寺]
2012/08/26:
ブルベ練習 [ロングライド150km]

鉛空 稲孫凍え 冬来る [大阪府「道の駅」スタンプラリー]

新型コロナ感染拡大下で「密」を避け、1人や少人数で取り組める自転車の楽しみ方として、このところスタンプラリーに励んでいる。「京都やましろサイクルスタンプラリー」「赤糸の小道スタンプラリー」「大和まほろば相撲ゆかりの地めぐりスタンプラリー」と全ポイント完全制覇を果たし、次に取り組むことにしたのが「大阪府「道の駅」スタンプラリー2020」だ。奈良の2つのスタンプラリーのついでに2ヶ所のポイントを巡り、先日は大阪南端部の2ヶ所を回った

本日は久々に近所の友人と走ることになったが、今週の急激な冷え込みもあって峠越えは避け、近場の道の駅を回るライドに付き合ってもらった。

201219_080436
道の駅の開設時間が9~10時なので、スタートを遅らせて7:30に近所のコンビニに集合してまずは国道310号線で南東方向に向かう。空は鉛色で寒々しいが、強めの追い風で快調に進む。気温は低いが、厚手のジャージに裏起毛タイツ、防寒シューズ、厚手のグローブの厳冬期装備のお陰で、走っている限りはさほど寒くない。

201219_082529
府道38号線-国道170号線旧道-府道202号線と辿って、瀧谷不動尊のある峠の急坂を乗り越える。帰路にはよく使うルートだが、山手に向かう際に通ることは珍しいので新鮮。

201219_083322
中佐備交差点を越えた少し先で左折して少し荒れた間道を乗り越えて、まずは道の駅かなんに到着。追い風と友人の鬼引きで早く着きすぎたかと思ったが、土日祝日は8:30開所とのことでちょうど開いたところだった。地場農産物の販売所が朝市を開いているようで、早朝からかなりの人が訪れていた。

201219_083653
無事にスタンプをゲット。これで10ヶ所のうち5ヶ所回った。友人のガーミンによると気温は4度とのことで、じっとしていると段々冷えてくる。

201219_085745
道の駅かなんの面する国道309号線バイパスに出て東に向かうと、行く手の空はかなり低い雲がかかっている。一抹の不安は感じつつも 天気予報で降水確率も低かったし、雨が降るとは思っていなかった。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


走る生駒は坂ばかり [チャリロゲいこま2020]

コロナ第三波で再びイベント中止が増えているが、ブルベやサイクルロゲイニングなど、走行中に密にならない小規模サイクルイベントが開催され続けている。テックワン同僚のI井さんが11月に参加したのが、信貴山サイクルロゲイニングRALLY。私も興味はあったが、すでに友人たちと串柿ツーリングの予定を入れていたので見送った(結果としてはソロライドになったのだが)。

前回のサイクルロゲイニングが面白かったとのことで、今度は本日開催のチャリロゲいこまにも参加するとのこと。翌日に仕事の予定が入っていたため今回も見送るつもりだったが、幸か不幸か予定が変わり、今週末の予定が空いた。予定変更が決まったのが、ちょうどこのイベントの締切り日(12/4)だったので、慌てて申し込んだ。

このところスタンプラリーに取り組んでいるし、約30年前にサイクルオリエンテーリングにいくつか参加したことはあるが、サイクルロゲイニングと銘打つイベントに参加するのは初めて。そこで過去の大会のブログ記事などをいくつか見てみたが、基本的には昔取り組んだサイクルオリエンテーリングと同じものと考えて良さそう。イベントごとにかなり違いはあるが、要は当日まで内容を秘された地図を見ながらチェックポイントを回り、ポイントに与えられた得点の合計数や早さを競うイベントだ。

前週に急遽決まった初参戦であり、自転車はほぼ平常の仕様のままのTORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)。集合地の生駒市役所まで約35kmとあって直前まで自走で行くつもりだったが、この時期に早く着くと凍えるし、ギリギリに行くのもリスキー。更衣室もあるようだが何時から開くかはわからない。一応は得点を競うイベントだし、万全の体調で望めるよう、輪行で赴くことにした。

201212_071534
お陰で7時過ぎにゆっくりと自宅を出発したが、外に出ると路面が濡れている。どうやら夜の間に雨が降ったようだ。降水確率10%の予報にQR式マッドガードを外していたが、慌てて再装着。

201212_073349
7:24には三国ヶ丘駅に到着し、輪行作業を開始したところ、大和川サイクリングクラブのK原さんが同行者の女性と二人連れで通りかかった。偶然の出会いに驚き。

「今日はどちらへ」と聞かれ、「(イベントで)生駒市役所まで」と答えると、そんな近くで輪行することが理解できなかったようで不思議そうな表情。聞けばK原さんは今日伊賀まで往復の200kmライドとのこと(汗)。それと比較すれば、目と鼻の先だが、「CARACLEの宣伝のためのネタ作り」ということにしておいた。先日申し込んだ1月ブルベでは、ご一緒できそうだ。

201212_082921
JR三国ヶ丘駅7:45発の列車に乗り込み、天王寺、鶴橋と乗り換えて、8:24に近鉄生駒駅到着。COZの輪行を解いて生駒市役所に向かう。

201212_091814
駅から数百メートルの生駒市役所駐車場に8:45到着。まだ参加者の人数も少ない。ありがたい誤算だが、かなり暖かく、自走できても凍えることはなかっただろう。

201212_084845
駐車場に入る時点で検温を受け、受付に事前に印刷して記入しておいた受付票とコロナ感染防止についての誓約書を提出し、マップを受け取る。これは競技開始15分前まで開封禁止だ。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


大阪南端まで午前中100kmライド [大阪府「道の駅」スタンプラリー]

このところ取り組んでいるスタンプラリーは、ロングライドのモチベーションになるし、1人や少人数で取り組むので「密」を避けられるコロナ禍に適した自転車の楽しみ方だと思っている。「京都やましろサイクルスタンプラリー」「赤糸の小道スタンプラリー」「大和まほろば相撲ゆかりの地めぐりスタンプラリー」と全ポイント完全制覇を果たし、次に取り組むことにしたのが「大阪府「道の駅」スタンプラリー2020」だ。

すでに先週2つのポイントのスタンプをゲットしているが、今週は大阪府最南端の岬町にある2つのポイントを回ることにした。

201205_064435
TORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で6:30に出走し、一路南(正確には南西方向)に向かう。そろそろ東の空が明るくなってきた薄暮の時間帯はかなり寒い。今季初めて冬用アンダーシャツや起毛レーサータイツなどの防寒装備を引っ張り出したが、ロンググローブでも手の指先がかじかみ、本格的な冬の訪れを実感させられた。

201205_070341
約30分走行した7時頃、国道26号線(バイパス)で槇尾川を渡る辺りで朝陽が射してきた。向かい風の予報に心配していたが、風は弱く大きな支障は感じない。不調というほどではないが、脚はもうひとつ回らずペースが上がらない。というか、序盤で無理して踏み込むと長丁場で保たないので、ペースを25km/h程度の抑え気味にして、軽めのギアをカラカラ回して身体が暖まるのを待つ。

201205_072034
7:20ごろ、走行距離15kmちょいの府立泉高校東交差点の信号待ちでロードバイクの青年に追いついた。ひと世代前の105を装着したFELTに、上半身はカジュアルな出で立ちだち。一見、それほど乗り込んでいるようには見えない。信号が変わると、なかなかのスタートダッシュで前方に飛び出していった。こちらはペースを維持して走り続けていたが、次の信号待ちまで追いつけなかった。

上半身がカジュアルな服装だったので、目的地が近いか、初心者でいずれタレてくると思ったのだが、その後も離されては信号待ちで追いつく展開が続き、ペースを落とすこと無く走り続けている。よくよく見れば下半身はレーサータイツにロードシューズ。ペダリングやフォームは荒々しいところもあるが、実は結構走り込んでいると見た。

201205_073753
私の方が走行時間60分と距離20kmを過ぎ、そろそろ休憩したくなってきた(トイレに行きたい)。結局、約4km、20分近く追走したが、相変わらずのペースで前方に消えていく彼を見送り、コンビニで小休止。コーヒーでカフェインを注入して、長丁場に備える。

201205_081933
今ひとつの調子ながら引き続き国道26号線(バイパス)の南下を続け、走行距離34km地点を過ぎて8:19に石田ランプ交差点に到達。この先は側道がなくなり、自動車専用の第二阪和国道になる。右折して府道257号線を経て、府道752号線(旧国道26号線)に横滑り。


(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


奈良のスタンプラリー2種コンプリート[大和まほろば相撲ゆかりの地めぐり/赤糸の小道]

先月末の京都やましろサイクルスタンプラリーで味を占め、近場のスタンプラリーを探してみたところ、大阪、京都、奈良、和歌山に限定しても10くらい自転車で取り組めそうなものがあった。地域や期間が重なるものは、同時に取り組むこともできるだろう。今日はそのうちどれかを始めようと思い、計画を練っているうちにスケジュールがタイトなラリーが気になった。

ひとつは「赤糸の小道スタンプラリー」は開始が11/28と今日からだが、開催期間は12/6までの9日間のみ。好天が続くとは限らないので、今週取り組んでおいたほうが無難だ。

もうひとつは「大和まほろば相撲ゆかりの地めぐりスタンプラリー」こちらは10/1から始まっており、今年いっぱいの開催。今週で無くても良いが、1月やそれ以上の期間まで開催されているラリーより優先した方が良さそうだ。

そんな訳で、奈良方面に向かってTORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で出走した。いつもより少し早めの6:16に自宅を出たのは、たまたま尿意で目が覚めたのが15分ほど早かったからだ。明日の用事に備えて疲れを残したくないので、最初は軽く近場を回るつもりだったが、赤糸の小道スタンプラリーに取り組むとなると桜井市まで赴かなくてはならない。折衷案として、帰路は輪行するつもりでだった。

201128_064930
行きがけの駄賃に、まず道の駅「しらとりの郷・羽曳野」に向かい、まだ暗い道を南阪和道に沿って東へ。これは2月まで開催しているので急いではいないが「大阪府『道の駅』スタンプラリー」のスタンプポイントなのだ。

201128_065705
早朝なので期待はしていなかったが、やはりスタンプ設置場所は9:30開館とのこと。スタンプや台紙をもらうことはできなかったが、距離的はロスはほとんど無いので、今回は偵察になっただけでも良し。

201128_070433
7時過ぎに国道170号線を越える辺りで、朝日が差した。東に山があるせいもあるが、11月末とあってずいぶん日の出が遅くなった。

201128_071924
南阪和道に沿って進んできたが、上ノ太子駅付近を過ぎてからは近鉄南大阪線に沿って細道をショートカット。府道(県道)703号線に入って、ぶどう畑に囲まれた緩めの坂を上っていく。

201128_072857
走行距離20.1km地点の穴虫峠に7:28到着し、奈良県に入る。脚は今ひとつの調子で、左ヒザに少し違和感があるが、TORACLE-COZ 2は絶好調。加えて、少し強めの追い風のお陰でまずまず気持ちよく東に向かうことができている。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


剣山山麓日帰り弾丸ポタ(後編) [高の瀬峡ポタリング]

剣山山麓日帰り弾丸ポタ(前編) [徳島県道295号木沢上那賀線]」からの続き

12時頃四季美谷温泉を出発し、国道193号線から国道195号線に入って那賀川を遡っていき、高の瀬峡に到着したのは13:20頃。舗装路に迂回すると車でも剣山スーパー林道の西側出口まで1時間20分もかかったわけだ。かつては土佐中街道と呼ばれた徳島と高知を結ぶ主要道ながら交通量は非常に少なく、2車線区間が多いので走りやすいが、同じ町内の移動に約46kmも走らなくてはならない距離感に驚かされる。

201121_135116
高の瀬峡は紅葉の名所だが、すでに盛りを過ぎているとの情報を得ていた。それでもレストハウスのある駐車場には10数台の車が駐まり、周辺を散策している人は多いようだった。レストハウス「平の里」はコロナのため休業中とのことだったが、横に小さな売店があったので、今日ついたというよもぎ餅と柚子酢を土産に買った。

ここまで友人からの連絡が途切れていたが、LINEで高の瀬峡到着の旨を送信したところ、13:30に友人からあと2時間30分ほどかかるとの連絡が入った。14時頃到着の事前予想よりかなり時間がかかるようなので、結果としては慌てて移動しなくてもよかったのだが、逆に言えば高の瀬峡で走る時間が確保できたわけだ。

201121_135323
畳まずに載せていたTORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)を降ろして、再度サイクルウェアに着替えて出走準備を整えた。駐車場周辺には人工的に植えられたと思われる木々がまだ紅葉していたが、残念ながら周囲の山々の落葉樹はほとんど茶色く色あせてしまっている。

201121_135717
少し剣山スーパー林道を上ってみたが、すでに西に傾きつつある太陽は逆光になり、対岸の山肌は影になって暗く沈んでいる。

201121_135831
平家の落人が住みついた「平」集落の住民が高の瀬峡対岸の岸壁を見て天気を予想していたことから「日照磯(ひでりいそ)」と呼ばれているとのこと。午前中なら日に輝く姿が拝めたのかもしれない。

201121_140002
もう少し上ると、ようやく対岸に陽が当たるポイントがあった。山肌はほぼ茶色に色あせてしまったが、谷底に色づいた木々が残っている。


(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑