2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
ブルベ練習 [ロングライド150km]
スズカエンデューロ直前練習 [堺浜周回コース]
2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
2012/08/26:
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
雨上がり 桜に虎に ぶどう狩り [ぶどう坂-信貴山朝護孫子寺]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2014/06/15:延命寺
2012/08/26:
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]

息子の通学車ライト・タイヤ交換 [THUNDER]

201103_094659

なかなか記事にできなかったが、息子の通学車「THNDER」にも色々手を入れている。

201103_094737

2020年3月にホイールスタビライザーを装着してからほぼ8ヶ月ノントラブルだったが、2020年11月に「パンクした」いうのでタイヤを見るとサイドがパックリ裂けている。チューブも裂けたバースト状態。全周に擦れた跡があるので、何かが接触したのだとは思ったが、ディスクブレーキなのでブレーキシューが当たることは無い。マッドガードやキャリアーのステーが接触している様子もない。よくよく見てみると、 ダイナモのローラーが当たる位置だった。

201103_102257

ほぼ毎日使用するうちにローラーのゴムカバーが摩耗して、金属製のローラーが直接当たり、軽量タイヤの薄いサイドを傷めてしまったらしい。

ひとまずタイヤを以前のKENDA製KWESTに戻して走れるようにし、ダイナモローラーだけ入手できないか探してみたが、なかなか入手が難しい。VELOX製の手持ちもあるのだが、薄いしCIBIE製ダイナモと組み合わせるために一緒に保管しているものなので、息子の通学用にはもったいない。

201103_102514

クラシックパーツとして販売されているゴムローラーもあったが、かなり高価。それならいっそ、ということで新たにダイナモごとを購入した。同じ丸善製のMagBoyシリーズだが、こちらはゴムが厚く長持ちするだろう。ハブダイナモの採用も考えたが、ディスクブレーキ対応品はかなり高価になってしまう。

201103_094822

ライトユニットは今までのカゴ下装着用を組み合わせるのだが、近辺を確認するとキャリア枠が折れて前後が分離していた(笑)。無頓着な息子は、気付いていなかった。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


2021ノリクラ残念記 [鍋谷峠-紀見峠]

一昨年まで19年連続で乗鞍ヒルクライムに参加していたが、コロナ禍により昨年に続いて中止となった。本当なら8月最終の土曜日は乗鞍高原に乗り込んで翌日の出走に備えているはずだが、新型コロナウイルスとの戦いは終りが見えない長期戦になっている。

そんなわけで昨年の「断念記」に続いて今年は「残念記」。来年こそは「乗鞍参戦記」を復活させたいところだ。

今日は少し早く目が覚めてしまい、6:18に出走した。H本さんから鍋谷峠が開通したとの情報をもらっていたので、早速視察に行ってみることにした。2020/1/20日から始まった鍋谷峠の工事による通行止めは同年4/19までの予定だったが、途中の大雨による被害もあって何度も工事期間が延長され、結局1年7ヶ月もの間通行できなかった。先日の偵察では工事期間が8/31までとなっていたが、最後は少し予定が早まり、8/20に開通した模様だ。

210828_063030
先週まで雨が続いたが、今週はようやく晴天が続いている。幸か不幸か35度前後の暑さも戻ってきて、遅れ馳せの梅雨明けの風情。長雨の間に涼しさに慣れてしまった身には辛い日々が続いている。朝はまだマシだが、今日も暑くなりそうな青空だ。行く手の和泉山脈は少し霞んで、雲を被っているところもあるが、雨雲ではなさそうだ。

210828_071623
雨が続いて今月は通勤ライドの回数も少なかったせいもあるだろうが、身体が重たく、脚が回らない。調子が上がらないまま上り口の父鬼集落までやってきた。定点観測地点の温度計は25度を表示していたが、点滅していたのは何らかの異常だろうか? ちょっと止まっている間にも何台ものロードバイクが追い越していく。開通したことを知って、早速やってきたのだろう。

210828_073144
閉鎖されていた旧道入り口のゲートは撤去され、何事もなかったように進入できた。

210828_073827
上り始めてすぐ、路面が非常にきれいなことに気付いた。ほとんどの舗装がやり直してあり、滑らかで非常に走りやすい。

210828_073526
すっかり鈍った身体で無茶をする気はなかったので、心拍数160bpm程度でのんびり上り始めたが、途端に数台のロードバイクにぶち抜かれた。何台も追い越されるうちにスイッチが入り、次第にペースと心拍数が上がっていく。そうは言っても抜かれる台数の方が多かったが、数台を抜いて上り続ける。

 

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復]

先週後半は夏季休業だったが、天候不良とワクチン接種と副反応で自転車には乗れずに終わった。今週末は昨日が出勤日だったので本日走ることにしたが、天候は油断できない状況で、私は昨日の作業で腰が痛く、友人も本調子ではない。ノリクラ中止で焦ることも無いので、軽く身体慣らしの近距離ライドで済ませることにした。

TORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で出走し、6:30に近所のコンビニで友人と待ち合わせ、手近の竹内峠往復で済ませることにした。近場とあって慌てて出走する必要もなく、長話をしてから再出走と相成った。

210822_073645
一路東に向かい、富田林の丘陵地帯を越えて。秋雨前線の停滞で天気予報に雨マークが付く日が10日間以上続いており、今日もにわか雨が可能性が高い不安定な予報。幸い、朝のうちは雲も多いが、青空も散見できる空で行く手の二上山もくっきり。路面は湿っている箇所もある。

210822_082412
叡福寺東側の太子・和みの広場で小休止。青空の増えた空の下に叡福寺が朝日に照らされて輝いている。途中で25度の表示があり、一時期のことを思えばかなり涼しいのは幸い。

210822_083225
国道166号線に並走する竹内街道をゆっくり上っていく。涼しいとは言っても汗が流れる急傾斜だが、車が少なく風情のある旧街道をのんびり上っていける。

210822_084918
竹内峠近くまで上ってUターン。普段は速度が出ているので気づきにくいが、堺浜方面が正面に見え、意外と良い展望だ。

210822_094446
あとはほぼ来た道を折り返すが、なんだかんだと止まる度に長話になってしまい、今日はすっかりポタリング。幸いなことに天候は良くなる傾向で、雨に遭うこともなく10:09に帰宅した。

H本さんからメールが届いて気付いたが、ようやく鍋谷峠の通行止めが解除されたようだ。近いうちに偵察に行くつもりだが、ようやく和歌山方面への主要ルートが回復するのはありがたい。

 

■STRAVA


秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復] | ライド | Strava

 

■Ride with GPS


秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復] – でのサイクリング

 

■CyclemeterGPS

cyclemeter210822
CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2021/08/22 6:21:58
 自転車完了: 2021/08/22 10:09:47
 バイクタイム: 1:50:48
 停止時間: 1:56:47
 距離: 40.10 km
 平均スピード: 21.72 km/h
 登り: 286 m
 カロリー: 1085 kcal
 平均心拍数: 117 bpm
 最大心拍数: 153 bpm
 平均ペダルペース:  59 rpm
 最高ペダルペース: 128 rpm
 今月の走行距離:  454 km
 今年の走行距離: 5279 km
 先月の走行距離:  775 km
 昨年の走行距離: 9412 km

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



「TRACLE-S 2」組立て その3 [CARACLE-S]

「TRACLE-S 2」組立て その2 [CARACLE-S]」からの続き

事故で損傷したTORACLE-Sのフレームを新世代に更新し、併せていくつかの新しい仕様を盛り込んだTORACLE-S 2。ひとまず走行可能な状態にして通勤ライドでの使用を開始したが、まだいくつもやりたいことが残る状態。とは言え、TORACLE-COZ 2の仕様変更にも取り組んでいるし、事故で変形した通勤用ホイールの入荷を待っていることもあって、「一気に」という訳にもいかない。世界的な自転車パーツの入手難は改善の兆しも見えず、仕事上も苦労しているが、代替えホイールの入荷もまだ時間がかかる見込みだ。

210529_164148
それでもチビチビと進めていることもある。ホイールが入手できるまでは通勤でも使用しているZ-LIGHT改造ホイールは、本来なら輪行や遠出用を想定している。軽量化を最優先してチタンシャフトのスキューワを装着していたが、折りたたんでみると突き出した部分がQRより長いので具合が良くない。

210529_165208
以前から気付いていたことだが前輪OLD(エンド幅)を74mmに改造するために交換した台灣DATI製のハブは、QRハブシャフトの内側にねじ切りが施されていた。他社の折りたたみ自転車でQRやナットでなく外側からボルトでホイールを固定している仕様を見たことがあり、このハブも同じことができる仕様なのだろうと察しがついた。そこで、できるだけ外側への張出しが少ないボルトを物色していたが、最終的に入手したのは六角穴付き皿ネジと受けワッシャの組み合わせ。ボルトはチタン製でワッシャはアルミ製だが、どちらも当然ゴールド。ハブシャフトはアルミ製で、どの程度の長さであれば強度を確保できるのかわからず、ネジ山が有効な最大長にした。超低頭ボルト等の採用も考えたが、大経の丈夫なワッシャを併用するとほとんど厚みは変わらないし、チタン製だと2種のボルトの価格差も大きかった。

210711_125259
想定通り、無事に装着できた。厚み4.5mmとQRよりさらにスペースを確保できたし、厚みのある直径20mmの受けワッシャは安心感がある。未交換の後輪ハブはスキューワ仕様のままだが、こちらは折りたたみ時も周囲との干渉は少ないので、あまり問題はない。

210529_171736
通勤時は前職で開発に関わったB.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E(リンク先は後継品500F)を装着する事が多いので、ゼファル製プラケージのホワイトを装着していた。ブラックのフレームとカラーが合わなくなったのでフレーム同色のブラックに変更した。ついでに装着穴を開け直してスライダー無しでも長いクール&ホット500Eが収まるように改造し、ゴールドのアルミネジで装着した。

しばらく乗ってみたが、テレスコピック式ハンドルポストのインナーパイプをカーボンにするのはやりすぎだったようで、グニャグニャ感があるし、キシミ音も生じていた。といって、以前のようにアルミ製インナーパイプにアヘッドステムを装着すると、せっかく減らした重量が元に戻ってしまう。ちょっとでも軽い方法を模索する中で、以前から考えていたのはスズカリミテッド用の4本ボルト留め31.8mm径ハンドルバー用ヘッドを装着すること。インナーパイプが直接ハンドルを咥える構造で、QRレバーなども無いボルト留めなので、アヘッドステムを介するよりは軽量化になる。

とは言えオフセットは10mmに固定されてしまう。これまで40mmのステムを装着していたので、30mmも手前にハンドルが来ることになる。その分をリーチの長いハンドルバーを装着することでブラケットポジションの変化を少なくしようという目論見だった、しかしながら、手頃なリーチの長いイエローの入ったカーボンハンドルバーはなかなか見当たらない。色を問わず、アルミ製でも良ければ無いことも無いのだが、それではスズカリミテッド用ヘッドを使用する意味がない。

210602_192257

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



鍋谷峠偵察 [父鬼往復]

今日は久々に近所の友人と走ることになった。とは言え、昨日力仕事をして腰が痛く、暑さも最高気温37度の尋常でない予報、さらに友人は新車のシェイクダウンということで、短時間・短距離・軽強度ライドを予定。残念ながら乗鞍HCは中止が決まり、焦って追い込む必要もなくなった。

210808_062952
TORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で出走し、6:30に待ち合わせ場所で待っていると、友人が新車で現れた。GIANT製のTCR ADVANCED SL DISCなのは以前と同じだが、新世代モデルをやっと入手できたとのこと。一見して従来モデルよりトップチューブ後部やフォークがシェイプされ、やや細身になった印象。一方でダウンチューブは大径のD型断面だが、横から見ると扁平で細くなったように見える。TCRの剛性の高いスパルタンなイメージを少し弱め、DEFYのSLグレードが廃止されたこともあって長距離性能も重視したらしい。以前より、ブルベなどに向いた仕様と言えるので、友人の志向とも一致するとのこと。

210808_063108
友人はひとまずR9100系デュラエースを装着しているが、SRAM sTapのようなワイヤレスシステムに最適化されているらしい。友人は、将来的にセミワイヤレス化が噂される次期デュラエース(R9200系)の装着を予定しているとのこと。

今日は軽くということで、鍋谷峠の偵察に行くことにした。通行止めが8月末まで延びたという話はH本さんから聞いていたが、上り口の父鬼までならほどほどのサイクリングになる。

トレーニングで最も多く通った府道61号線-国道170号線旧道-国道480号線という鍋谷峠へのルートも、通行止めが1年半以上続いているので久しぶり。経路上の店が変わっていたりで、時の移り変わりを感じる。幸か不幸か通行止めの間は乗鞍が2回とも中止となったので、トレーニング不足が祟ることはなかったが、和歌山方面へのルートが限定されるので、早く再開通して欲しいものだ。

210808_074907
大野町交差点付近。早朝から暑さは厳しく、停車するたびに汗が吹き出す。それでも青空に白い雲、コントラストの強い風景はとても美しい夏の風景だ。

210808_075853
父鬼集落下の定点観測地点の温度計は29度を表示。山沿いのこの地点で8時前にこんな高い気温を見た記憶がない。

210808_082317

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑