TORACLE(虎来る號)組立て その4

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その4
Pocket

TORACLE(虎来る號)組立て その3」からの続き

前回の作業で2種類のブレーキアウターケーシングを繋ぐことで、軽量化と屈曲への対処のメドは立ったが、まだ「アウタージョイント」を入手できずにいる。友人が大型店で探してくれたりもしたが、なかなか店頭在庫を置いているサイクルショップはないようだ。

160730_082939160730_082141そこで、間に合わせのアウタージョイントを自作することにした。用意したのはブレーキ用キャップ2個。

これを瞬間接着剤で繋いで、プラスチックテープで巻いただけ(^_^;)。内径6mmくらいのパイプの中に納めれば完璧だろうが、手近には見当たらないし、間に合わせの品に費用を掛けるのもバカバカしい。

160730_083808これをアウターケーシングのつなぎ目に挿入してセッティング。こんなものでも、ちゃんとしたアウターケーシングが入手できるまで、つなぎ目の損傷を防ぐことはできるだろう。

やりたいことは他にも色々あるが、今週末は時間がないので簡単な作業だけ。

160730_084113まずはすでに装着していたRIXEN KAULのヘッドチューブブラケット(KR801)だが、CARACLE-S側の台座との間に空間があることが気になっていた。

160730_084301このままでもかなりの重量に耐えられそうだが、間を埋めればもっと安心。

そこで、市販の外形13mm/厚さ4mmのスペーサーを入手していたのだが、内径が5.5mmでM6ボルトが通らなかった。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その4
Pocket


TORACLE(虎来る號)組立て その3

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その3
Pocket

TORACLE(虎来る號)組立て その2」からの続き

160724_1328397/24の和泉葛城山の後、昼から自転車いじり。まずはこの日も使用した猛虎四號を軽くケア。通勤にも使用しているので、汚れがかなり付着している。

チェーンをはじめとする各部の清掃とオイルアップ。

160724_134826そして、通勤用にペダルをトゥクリップ付きフラットペダルに交換。

現在、唯一の実走可能車両なので、平日も週末も頑張ってもらう。

160724_134944猛虎四號がきれいになった所で、CARACLE-S 2016モデル、TORACLE(虎来る號)の組立て作業再開。


160724_135502ハンドル周りの強い屈曲でリアブレーキワイヤーの動きが渋くなっていた。パッと思いついたのは抵抗の少ないインナーワイヤーや、他の軽量アウター(ノコン等)の採用だが、これらの方法は改善の保証がないのに非常に高価。

頭を悩ませていたが、安価な解決策を思いついた。

・CARACLE-S純正のアウターケーシングは超軽量だが、屈曲に弱い。
・シマノ等の一般的なアウターケーシングは重いが、屈曲に強い。

このどちらかを取るのではなく、両方を組み合わせればよいのだ。つまり、屈曲の強いハンドル近辺だけシマノ製アウターを使用して、その先は純正アウターを継いでやれば、両者の長所を活かせる。

160724_140728左側(リア)の仮巻きバーテープを剥がし、ワイヤー類を露出させる。

160724_145647ハンドル近辺だけ通す短めのシマノ製アウターをカットして、両端をヤスリがけ。

その分、純正アウターも短くカットして、2本のアウターを繋ぐ機能を持ったパイプ(先輩に教えていただきましたが「アウタージョイント」というそうです)で繋ぐ。

このハイブリッドアウターを組み付けてためしてみると・・・結果は見事に改善。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その3
Pocket


蝉時雨の朝トレ [和泉葛城山(牛滝ルート)]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蝉時雨の朝トレ [和泉葛城山(牛滝ルート)]
Pocket

昨夜は勤務先のベトナム人研修生の送別会があって遅くなり、お酒も入った。今朝は少し遅く起床したが、二日酔いというほどではないので軽くトレーニングに出ることにした。

160724_072413CARACLE-S 2016モデルはまだ未完成なので、今日もピンチヒッター猛虎四號の出番。普段より約1時間遅い7:30前に出走しようとしたら、ペダルがトゥクリップ付きの通勤仕様のまま。せっかく階段を担いで3階から1階まで下ろしたが、もう一度3階に担ぎ上げてペダルをSPDに交換し、再出走。

昨晩の疲れと、朝からお腹を下していたので、のんびり南下。全力アタックはとてもできないので、先々週に記録更新した鍋谷峠は避け、和泉葛城山に向かった。

調子が悪ければ、途中で引き返すことも考えていたが、筋肉は元気なようでまあまあペダルを踏める。一方で心肺の調子はもうひとつで、少しペースを上げるとすぐに息が上がる。のんびりなら走り続けられそうなので一番手近な牛滝ルートで和泉葛城山を上ることにした。

160724_084441府道226号線を南下し、春木川の集落から牛滝方面への近道になる細道を上っていく。切通しの峠にはお地蔵さんの祠があり、止まって撮影していると、凄まじい蝉時雨。

街中はクマゼミの「ジー」という鳴声が中心だが、「ミ~ンミ~ン」「カナカナカナ・・・」「シャンシャンシャン」とたくさんのセミが鳴き競っていた。思わず聞き惚れたが、蚊やアブが多いのに閉口し、急いで出走。

160724_085933府道40号線に下りて、牛滝までゆるい坂を上っていく。ひと息入れて9時過ぎに和泉葛城山頂に向けて、牛滝ルートを上り始めた。

アタックというほど心拍数は上げず、140~150程度で淡々と上っていく。

序盤はコンクリート舗装の激坂。途中でロードバイクに抜かれたが、今日は競争心を抑えてゆっくり上る。そのせいか、気温は高いが汗が滴り落ちるほどではなかった。

160724_095440後半はややペースを上げて、最後は心拍数を178まで上げて山頂にゴール。9:50過ぎに到着し、タイムは38分40秒。

160724_095500アプローチでも雲が多めだったが、山頂付近はやや黒い雲に覆われていた。和泉葛城山は周辺が晴れていても、雨が降る事が多い。さすがに雨が降ることはないとは思うが、大して涼しくもないし、展望も良くないので早々に撤収。

いろいろ用事もあるので早く帰宅したいが、同じルートはつまらない。そこで、あまり距離が延びない塔原ルートで下ることにした。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蝉時雨の朝トレ [和泉葛城山(牛滝ルート)]
Pocket


TORACLE(虎来る號)組立て その2

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その2
Pocket

TORACLE(虎来る號)組立て その1」からの続き

高野山往復の翌日7/17朝からCARACLE-S 2016モデル、TORACLE(虎来る號)の組立て作業再開。

160717_100612まずは近所の友人宅の水道をお借りして、CARACLE-S 2015モデル(の試作車)から外したパーツ類をフレームと一緒にフィルタークリーナーと洗剤で一気にクリーニング。午前中は雨が降ったり止んだりだったが、上手く止み間に作業できた。

家に帰ってまずはハンドル周りの作業に取りかかる。最初は鉄下駄號から外したブレーキレバーやシフターを転用するつもりだったが、シュパーブプロのブレーキレバーはテンションスプリング無しの初期型であることに気づき、シフター「コマンドシフター」もシマノ10S化のためのプレート交換が必要。TRACLEは最高性能に持って行きたいので、CARACLE-S 2015モデルで使用していたテンションスプリング付きの後期型シュパーブプロブレーキレバーを用い、コマンドシフターも10S化の済んだものを流用することにした。

160717_123453ところが、ついつい心配になってコマンドシフターの中のグリスの様子を確認した時に、うっかり落としてしまい、バラバラに。結局はプレートを含めて組み直すことになってしまった。セッティングを確認していなかったので、もとに戻すのにかなり試行錯誤。こんなことなら鉄下駄號のコマンドシフターのプレートを交換すればよかった。ついでにクリーニングしてグリスも新品に。

160717_133321シュパーブプロのブレーキレバーもクリーニングして、この機会にレバーパッドを新品に交換。純正レバーパッドは入手困難なので、ヨシガイのBL07用レバーパッドを流用。少し窮屈で先端もずれるが、機能的には大きな支障はない。現行品なので安く入手できるし、ブレーキの老舗ヨシガイ(吉貝)製だけあって、耐久性にも優れている。

サンツアーのブレーキはローグレードを中心に吉貝が製造していたが、シュパーブプロは自製したためレバーパッドの耐久性が今ひとつという話。実際2シーズンも使用すると、劣化してボロボロになってくる。現在猛虎四號に装着しているのが最後の純正レバーパッドだが、かなり傷んできている。

シュパーブプロのブレーキレバーは20年以上前に製造された骨董品だが、手に馴染んでいるので所持する3台の自転車全てに装着して使い続けている。コマンドシフターも同じく骨董品だが、STIに比べて軽量で、直感的にシフト位置がわかるというメリットがある。シマノ10S化プレートが発売されているのも根強い愛好家がいるからだろう。特に、フロントディレーラーを使用しないCARACLE-Sでは、左のシフター機能を省くことによる軽量化のメリットが大きい。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE(虎来る號)組立て その2
Pocket


久々の猛虎四號で久々の高野山 [高野山往復]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 久々の猛虎四號で久々の高野山 [高野山往復]
Pocket

公私とも何かと多忙な日々が続いているが、ノリクラが近づく中でトレーニングも手を抜けない。以前からノリクラ前の恒例行事になっていたのが高野山往復だが、ここ2年は骨折やら多忙で実施できなかった(2014年は6月にブルベで高野山を通過したが)。

そんなこともあって、今年は機会のあるうちに早めに実施することにした。暑い時期の高野山往復はかなりキツいが、達成感もかなりのものだ。幸い、今日は曇りがちで暑さも控えめ・・・の予報だったが、だんだん暑い方向へ予報が変わってきた。

160716_0656026時半過ぎに自宅を出走し、まずは国道310号線を河内長野方面へ。雲はあるが、青空が広がった晴れ模様。気持ち良い風景だが、暑くなりそうだ。

今日はチームCARACLEのT田さんと2人で高野山を目指すが、T田さんは吹田から自走とのこと。私より往復で50km近く距離が伸びることになる。この暑い中でチャレンジャーだ(^_^;)。

160716_070546少し早く着いたが、待ち合わせ予定のコンビニに到着したら、閉店していた・・・。やむ無く、少し先のコンビニに移動。

CARACLE-Sがバラバラなので、今日は猛虎四號がピンチヒッター。今週は通勤にも使用していたが、昨年10月以来久しぶりの遠出だ。

160716_072029160716_072013コンビニで出会ったBicycle Land Sakataniジャージの2人連れも、高野山に行くとのこと。紀見峠で仲間と集合するらしい。

朝からお腹を下し、もうひとつ力が入らないので、朝から奥の手のカフェインドーピング。今日は朝のうちは涼しく、ホットコーヒーの方が良さそうだった。

160716_072258T田さんが登場し、「えっ、今日はCARACLEじゃないんですか?」。

そう、言いそびれてましたが、今日はこれです。

160716_075722休憩は充分なので、河内長野駅付近では停車せず素通り。車が少ないこともあって、いつもの高野街道でなく国道371号線を進んだが、美加の台駅手前でいつもの遊歩道(南海高野線単線時代の軌道跡、トトロ道とも)に入り、紀見峠へ向けて上る。

コーヒーのお陰か、飛ばすというほどではないが、スイスイと上っていける。

160716_081213遊歩道の終点手前で国道に戻り、紀見トンネル手前で旧道に入る。先が長いので、今日はアタックはせず、淡々と上っていく。

160716_081727160716_081609それでもチームCARACLE最速のT田さんは、流していてもどんどん先行し、紀見峠に到着する私を撮影してくれた。

紀見峠着は8:15頃。10分ほど休憩して和歌山側に下り始めると、さすがに700Cの猛虎四號は安定している。20インチのCARACLE-Sも平地や上りでは、さほど不利ではない、下りでは車輪の大きさがモノを言う。ハンドルを握りしめて自転車を抑えこまなくても、リラックスして下っていける。

もっとも、世界最小サイズに折りたためるのに、平地や上りでロードバイクに伍して走れるCARACLE-Sの走行性能も大したものだと思う。今日は700Cに乗っているとは言え、自由走行になるとT田さんのCARACLE-Sには常に先行されてしまう(^_^;)。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 久々の猛虎四號で久々の高野山 [高野山往復]
Pocket


RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player