2012/08/26:
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
雨上がり 桜に虎に ぶどう狩り [ぶどう坂-信貴山朝護孫子寺]
2012/08/26:
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
ブルベ練習 [ロングライド150km]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2014/06/15:延命寺
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
スズカエンデューロ直前練習 [堺浜周回コース]

2018走り納め [斑鳩往復]

年末恒例の3日連続大掃除は2日間で大物が片付いたので、大晦日の今日は午前中時間をもらって走り納めをすることにした。とはいえ、気温がかなり低いし、チタンボルトを抜いた骨折痕を下りで冷やさないために峠は避ける。平地ライドは風の影響を受けやすいので帰路に追い風になるようにしたいが、予報の北風に向かって往路を設定すると、大阪市中心部を抜けていくので走りにくい。そこで、横風になるが今週も奈良方向に向かうことにした。近所の友人もご一緒することになり、TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で自宅を出たのは7時少し前。

181231_080246友人と待ち合わせてまずは北上して大和川沿いに到達。自転車道や一般道をたどって、大和川沿いに遡っていく。幸い、風は非常に弱く北上するときもさほど抵抗は感じない。友人はしばらく走れなかったので、今日は珍しく私の後ろに着いている。

やや雲が多いが雨が降るような気配はない。気温は0度の予報だったので、トップはアンダー2枚重ねに厚手のジャージにウィンドブレーカー、ボトムは裏起毛の冬用タイツという厳冬期装備。それでも走り始めはかなり寒かったが、先頭を引いて走っていると負荷は高く、身体が暖まってきたのでウィンドブレーカーを途中で脱いだ。

181231_084708それなりに気合を入れて引いたので、奈良県境を越えるころにはすでにかなり脚が張ってきた。29km地点、三郷駅前のコンビニで大休止。

再出走して気付いたが、奈良盆地入ると明らかに気温が低く、顔に当たる風が冷たい。再びウィンドブレーカーを羽織って、東進を続ける。

181231_092304ずっと大和川沿いに遡ってきたが、法隆寺IC付近で支流の富雄川沿いの県道109号線を北上する。JR大和路線の踏切の時点で9:23。あわよくば以前のように平城宮跡まで行ければと思っていたが、スタートも遅く、私の引きではどうやら昼までに帰るのは厳しいようだ。

今日は走れただけでもラッキーだったので、大和郡山市にタッチしたところで方向を転じ、国道25号線を西進して大阪方面に引き返した。かなり疲労が溜まってペースが落ちてきたので、帰路は王子付近で友人に先頭を代わってもらった。

途端にペースが上がる。ドラフティングなので何とか付いていくが、先頭を引くのと同じくらいハード(^_^;)。いつも渋滞する国道25号線も、今日は交通量は少なめでスムーズに進み、あっという間に大阪に戻ってきた。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


堺環濠ウォークラリー当選

181229_202312今日から年末年始休暇に入ったが、まずは大掃除を片付けなければ自転車に乗るどころではない。日頃の無精で溜まった汚れと戦っている中で、届いた堺市環濠茶輪事務局からの封筒。

これは、もしや? と、思いながら開封してみると、やはり10/8に堺の旧市街を回って応募した堺環濠ウォークラリーの当選品だった。

181229_202916レターセット、カレンダー、ポチ袋、コースター、古墳スタンプの「堺カミモノギフトセット」は20名当選で1,500円相当とのこと。

181229_202238しかも、もうひとつ小さな封筒も届いた。

こちらは前方後円墳型の「堺あるへい堂手づくり飴」。こちらも20名当選で450円相当。

4種類ある当選商品の3等、4等とはいえ、二口応募した両方が当選したことになる。何名、というか何口の応募があったのかわからないが、個人的には当選確率100%だ。

子供の小さい頃にはよく家族でこの手のスタンプラリーに参加したが、しばしば当選している。地域が限られたイベントは特に当選確率が高い。家族4人で参加していた(当選確率4倍)こともあるが、70~80%は何か当選していたと思う。

自転車で移動すれば、歩くより速くて、交通費がかからなくて、健康に良くて、れきい勉強になって、(主観によるが)楽しくて、実利も期待できる。スタンプラリーへの参加は自転車の楽しみ方のひとつとしてお薦めだ。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


早朝チョイ乗り[穴虫峠-田尻峠]

11/21の大腿骨のチタンボルト除去手術から1ヶ月を過ぎた。今のところ経過は順調で、日常生活や通勤ライドではほぼ不自由がなくなった。冬場は冷やさないように注意は必用だが、自転車ライドの強度も少しづつ上げていくつもり。今日のライドからはリハビリ「ツーリング」ではなく、「トレーニング」に分類する。

181223_073059歳末で用事も多く、今日はあまり時間を確保できないので、久々に早朝ライド。TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で6:45頃出走し、風向きを考えて東に進路をとった。北東からの風が次第に強くなる予報だったので、帰路に追い風になることを狙った。

出走直後は風が弱く、向かい風もほとんど支障は無かったし、気温も高めで寒さもさほど感じない。昨晩までの雨で路面が濡れているところもあったが、晴れてまずまずのコンディション。石川を渡った地点からは、これから向かう二上山がやや霞んでいる。

短時間トレーニングのつもりなので、心拍数を上げ気味に先を急ぐ。まずまず脚もよく回る。

181223_075554下りで手術跡を冷やしてしまうので高い峠は避け、最も標高の低い穴虫峠を目指した。短いながらも後半はかなり追い込んで、久々に心拍数180bpm越え。ブランクが長かったので、最後は息も絶え絶え。やっぱり持久力がなくなっている。

181223_080920霧に覆われ、幻想的な雰囲気の穴虫峠を越えて穴虫交差点まで下って、コンビニで小休止。ここで折り返すので、後半に備えてカフェイン(コーヒー)注入。店員がサンタルックで、クリスマスが近いことを意識させられた。

帰路はほとんど高度差のない田尻峠越えて大阪に戻る。大阪教育大前で国道165号線を離れ、西名阪道の側道を辿ったが、そのまま進むと石川を渡る橋がないので南に横滑り。近道をしようとして適当に走ったら未舗装路に当たって引き返したりで、無駄なルート取り。

181223_083410結局国道168線の臥龍橋で石川を渡り、竹内街道に沿って西進。途中からは通勤ルートをたどって帰宅したのは9:20頃。ペースはまだまだだが、平均心拍数139bpmはまずまず頑張ったというところか。これでも特に脚に違和感はないので、この調子で強度を上げていこう。

早朝トレーニングの後は、雨や雪に汚れてしまった私と娘の自転車3台のクリーニングに年賀状の準備、夕方からはノリクラ仲間との忘年会。さてさて、歳末は忙しい(?)。

 


 

■コースマップ

 

■#relive

relive181223

Relive ‘181223早朝チョイ乗り[ 穴虫峠-田尻峠]

 

■本日の走行記録(自転車)

 

cyclemeter181223CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2018/12/23 6:45:37
 自転車完了: 2018/12/23 9:19:52
 バイクタイム: 1:48:36
 停止時間: 0:45:33
 距離: 44.65 km
 平均スピード: 時速 24.67 km/h
 登り: 193 m
 カロリー: 1393 kcal
 平均心拍数: 139 bpm
 最大心拍数: 184 bpm
 平均ペダルペース:  65 rpm
 最高ペダルペース: 125 rpm
 今月の走行距離:  491 km
 今年の走行距離: 7775 km
 先月の走行距離:  814 km
 昨年の走行距離: 8853 km


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


早朝雪見ライド [湯村温泉-照来盆地]

181216_063522昨日は社員旅行を脱走してちょっとしたライドを楽しんだが、今朝は深酒でだるい身体を引き起こして朝食前の早朝ライドにでかけることにした。朝野家さんが会議室で預かってくれていたTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作フレーム)を受け取り、出走したのは6:30過ぎ。最低気温は気温2度の予報だったが、やはりかなり寒い。

181216_0647121時間くらいしか走れないので行き先は限られるが、但馬牧場公園方面に向かってみることにした。宿の前にある国道9号線を少し上って温泉街の外れの歌長北交差点を右折して県道103号線に入り、トンネルをくぐって川沿いに上っていく。

7時過ぎに日の出なので、まだ薄暗いが東の空はだんだん明るくなってきた。寒々しい中でも、やっぱり上りは暑くなってくる。ウィンドブレーカーを脱いで、ジャージの前を開けて上り続ける。傾斜はそれなりにキツく、病み上がりの身体でフロントシングル46Tでは厳しかったかもしれない。フロントダブルを復活させておいてよかった。

181216_065547湯村温泉付近も北向きの斜面などに残雪がチラホラしていたが、わずかに上るだけで周囲がだんだん白くなっていく。路面もところどころ凍結しているところがあるので、注意して上っていく。

181216_070213

交通量のほとんどない谷沿いの暗い道を上ってきたが、だんだん空が開けてきた。標高で200m、距離4.5kmほど上ったところに小学校があり、その先の風景がパッと開け、集落が現れた。これまでの急傾斜から一転して、比較的平坦な高原が広がっており、後で調べると照来(てらぎ)盆地や照来高原と呼ばれており、その中心の愛宕山に但馬牧場公園やスキー場があるとのこと。旧照来村の中心地らしく、先ほどの小学校も照来小学校とのこと。

181216_070756周囲は雪が多いが道路はほぼ乾いている。ひとまず県道103号線をそのまま進んで但馬牧場公園方面に向かってみたが、なかなか雄大な景色が広がっていた。

県道103号線を離れて但馬牧場公園に向かう分岐を曲がると上り坂になり、路面が雪に覆われてきた。雪上走行はちょくちょくやっているので少し上ってみたが、途中で決めていたタイムリミットの7:10になってしまった。道路が乾いていればあと数分で到着しそうな距離だが、雪の路面は下りでも時間を食う。用心して、ここで引き返すことにした。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


社員旅行脱走ライド [余部鉄橋-湯村温泉]

181215_081928今週末は社員旅行(宿泊忘年会)で山陰方面に行くことなった。部外者のいない貸切バスでの移動となれば、多少の(?)融通は効く。こうした機会に折りたたみ自転車CARACLEを使わないのでは、製造メーカーとして説得力がない。というか、自腹を切らずに未走地域を走れるチャンスを逃す手はない(笑)。

181215_082321そんな訳で、出発前にTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作フレーム)を折りたたんだ。

181215_083154シートポスト上部に黄色いカッティングシートを貼っているし、キズが付くのが嫌だったので、フレームに収めずに抜いて携行することにした。Di2バッテリーが収まっているのでコネクターを外し、ストラップで車体に固定。発売されたばかりのトレバッグCOZ(輪行袋)に収めて、手持ちのショルダーストラップを装着してみた。結果としては、ショルダーストラップはほとんど使用せず、車体を掴んで移動することが多かった。装備品を併せても7kg台前半と思われるので、片手で掴んで簡単に移動できるのだ。

181215_085616今では大阪に3台しかないという2階建てバスに乗り込んで、中国道を西へ向かう。大多数は主事業の精密鈑金事業のスタッフとその家族で、子どもたちは最前列で景色を楽しんでいる。

181215_095145一般的な観光バスのように大きなトランクスペースが無いので、輪行袋は一階席に置かせてもらった。CARACLE-Sに比べるとかなり大きいが、それでも700Cロードバイクに比べれば格段に小さい。

181215_110054師走だというのに道路が空いており、時間調整の寄り道をしながらバスは北西に向かう。三田でしいたけ刈りと昼食。

181215_135338天空の城「竹田城」のそばも通り、朝来のPAからは雪をかぶった山が見えたが、恐らく粟鹿山。頂上に向かう道路が見えて、上ってみたくなる。

路面はほぼ乾いているが、周辺には残雪が目につくようになってきた。いよいよ日本海が近づき、立ち寄ったのは余部鉄橋。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑