TORACLE-COZ 2(ディスクブレーキ)シェイクダウン [竹内峠-穴虫峠]

この夏はとにかく暑かったので室外作業が厳しかったし、まとまった時間が確保できずになかなか組み立てられなかったCARACLE-COZ DB(ディスクブレーキ)。ようやくのことで、この連休前半の土日で概ね組み立てた(後日レポート予定)ので、シェイクダウン(試走)に出ることにした。

COZ DBは発売されたばかりだが、私が組み立てた個体は市販仕様の先を行く(全)油圧ディスクブレーキとフロントシングル仕様のコンポを搭載し、それなりの時間を掛けて使い勝手や耐久性を検証するのが目的。とはいえ、コンポ以外のパーツの多くはリムブレーキ版TORACLE-COZ(CARACLE-COZ RB試作車)からの移植で、しかもほぼ同じデザインで黄色のカッティングシートを貼付したので、一見すると変化に気が付かない人もいるかもしれない。名付けて『TORACLE-COZ 2』発進だ。

6:36に出走したが、数日前に足の指をぶつけてペダリングが苦しいので、遠出は厳しい、そもそも、組んだばかりの自転車はトラブルを生じやすいし、挙動に慣れていないので身体にも負担がかかる。遠出はリスキーだ。テストのために上り下りを混ぜたいので、標高の低い竹内峠を越えて奈良県の端をかすめ、穴虫峠で大阪府に帰ってくるルートを取ることにした。

200921_072449
先週に比べても一気に気温が下がり、走り出しは肌寒いほど。降水確率0%で、空気も乾燥して爽やかだ。富田林の丘陵地を越えて石川を渡る行く手には、これから越える二上山が正面に見える。河川敷の南河内サイクルラインには早朝から次々と自転車が過ぎていく。

フレームをMからLサイズに変え、ホイールベースが37mm伸びたことは、はっきりと走行性能の差として現れる。正直なところ、Mサイズと比べると鈍重さを感じなくもない。逆に言えば安定しているということで、幹線道路を25km/h以上で走る際などにストレスが少ない。フロントセンターが伸びて前輪荷重が減るからだと思うが、上りでもふらつきにくく、ダンシングがしやすい。悩まされていたステアリングコラム上端とヒザの接触が解消されて、窮屈な感じが無くなった。

フレーム、ハンドルバー、デュアルコントロールレバーが変わり、計算値でステム90mmを装着した。ところが実際に装着してみると、ハンドル形状とデュアルコントロールレバーの大きさの違いでブラケットポジションが約2cmも遠くなった。20mmは短いステムに交換しようと思っていたが、以前より高くなったハンドルポジションのせいか、しばらく走っているとそれほどの違和感を感じなくなってきた。

近年は近く低い位置にハンドルバーをセットして、走行中にブラケットを握っている比率が高かったが、少し手前のハンドル部を握るようすれば前傾も普段と同じ程度になる。以前は、もっぱらドロップハンドルバーの肩(左右から前後に90度方向を変える部分)を握っていたことを思えばまだまだ近い。意外とこのままでも良いかもしれないし、短くするにしてもせいぜい10mmかな、と思うようになった。

油圧ブレーキはやはり大きな違いを感じる。ストッピングパワー自体はハイブリッドディスクブレーキでも過剰だと思うが、油圧はワイヤーの摩擦抵抗が無いので、とにかく引きが軽い。リムブレーキの調子でうっかり握り込むと、すぐに後輪がロックしたり、後輪が浮いたりする。慣れの問題だろうが、繊細なタッチを心がけながら走るので、結構疲れる。これでも制動力が一段下がる140mmローターでレジンパッドなのだから、160mmローターでメタルパッドだとどうなるか怖いほどだ。

この軽いレバータッチのお陰で、指先が1本届けば強力な制動力が得られるので、ブラケットポジションが少々遠くてもさほど支障がない。

200921_074923
国道166号線にぶつかる六枚橋交差点から、竹内峠に向けて本格的な上りが始まる。国道を避けて旧道の竹内街道を上っていくが、強く踏み込むとやはり足の指が痛いのでのんびりペース。

200921_075209
近年の保全活動もあって風情のある家並みが続く竹内街道だが、傾斜は結構厳しい。もっとも、フロントシングル46T、リア最大34Tのギア比は、これまでの39x28Tより低いので意図的に落とさない限り出番はなかった。とりあえず手持ちのフロント46Tを装着しているが、トップ側のギア比が大幅に低いので48か50Tにすることも考えている。

道の駅近つ飛鳥の里太子付近で国道に合流し、引き続き上り続ける。Lサイズ化とディスクブレーキ化、そしてコンポのダウングレードによる重量増は、フロントシングル化では相殺できず、恐らく600~700g重量が増えている。カタログスペック(ペダル、アクセサリー抜き)で7.3kgはそれでも充分軽量マシンなのだが、これまでと比べればやはりやや重さを感じる。一方で前述した通り、前輪がフラつきにくく、ダンシングがしやすいので上りやすくもある。体感では功罪のどちらが上とも言い難いが、これから何本か峠を上っていけば、タイムで判断がつくだろう。

200921_080740
8:07に竹内峠に到着。久々に、国道が拡幅される前のルートと思われる並走路を上ってみた。切通しで掘り下げられた現ルートより一段上にある。

200921_080823
ここには「從是(これより)東 奈良縣管轄」の石柱が立っている。似たような奈良県の境界碑は、国道165号線に並走する旧道(長尾街道?)でも見たことがある。恐らく明治時代のものだろうが、探せば他にもあるのかもしれない。


(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


TORACLE-COZ 2(ディスクブレーキ)組立て その2 [パーツ移植]

TORACLE-COZ 2(ディスクブレーキ)組立て その1 [油圧ディスクブレーキ講習会]」からの続き

お盆休みに組立てを開始して、まずは油圧ディスクブレーキを装着したTORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ ディスクブレーキ)。これまでの初代TORACLE-COZ(CARACLE-COZ リムブレーキ)から移植するパーツもあるため、中途半端で作業が中断すると、その間は遠出をする自転車が無くなってしまう。通勤用にハイレシオ化しているTORACLE-S(CARACLE-S 2016試作車)のギア比を、峠越えに使えるギア比に戻そうかとも思ったが、作業のための時間と、冷房のない室外で作業する気力をなかなか確保できず、ずるずる時間が過ぎていった。

200919_094158

ようやく涼しくなってきて、時間を確保できたのは1ヶ月以上経過した9月の連休。同じく先送りしていたヨメさんのママチャリのエアハブのチェックをしたり、消耗したブレーキシューを交換したり、TORACLE-Sのサドルを交換したりしてから、TORACLE-COZ 2の作業に入った。

200919_094223

友人に油圧ディスクブレーキの講習を受けた前回の作業でブレーキやハンドル、ステムは仮装着してある。

200919_094422

他のパーツ類を組み付けていく前にやっておきたかったのが、「CARACLE」から「TORACLE(虎来る號)」への変身作業。この機にデザインを見直したい気持ちもあったが、そんなことをしていたらいつになるかわからないので、初代TORACLE-COZ(CARACLE-COZ RB)とほぼ同じデザインのカッティングシートを用意した。

200919_094604

ところが、メインロゴのカッティングシートを当ててみると、Lサイズフレームはロゴ位置が少し変わっていた。CARACLEロゴを隠しきれず、最後の「E」が飛び出してしまう。ボトル台座やダウンチューブの湾曲を避ける切り欠きがあるので、貼る位置を修正することは難しい。

200919_095513

デザインとカットをやり直していると連休中の組み立てが難しくなるし、同色の目立たないロゴなので、貼付け作業を続行することにした。カッティングシートの接着面とフレームに中性洗剤をほんの少し垂らした水をスプレーして、位置を調整しながら貼付ける。

200919_100838

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



久々の府外脱出 [千早峠(金剛トンネル)-紀見峠]

先週はスポークテンションを上げすぎたホイールのトラブルで中途半端だったが、規定値のテンションで再調整した。リスクを減らしたホイールを装着したTORACLE-COZ(CARACLE-COZ RB試作車)で本日も6:40出走。

200912_070700

35度超えの最高気温が続く中で長時間ライドを避けてきたが、ようやく明け方の気温が少し下がってきた。日の出が遅くなって、気温上昇も遅れ気味なので、今日は久々に大阪府外脱出を目指す。体調は少しだるさがあったが、コンビニでカフェインを注入して脚が回りだした。

久々の府外脱出でいきなり難易度の高いルートは危険だが、二条山周回ルート(竹内峠-穴虫峠)は短すぎる印象だし、相変わらず通行止めの峠が多い。結局は、走り慣れた(走り飽きた?)千早峠(金剛トンネル)-紀見峠ルートで走ることにした。コロナの移動制限が解除された後、6/20にも走ったコースだ。

200912_072217

河内長野駅に向かって国道310号線を走っていると、アップダウンのピークから、青空の下に金剛山系の山並みがくっきり。早朝の気温の低さが秋を感じさせ、気持ちがいい。

200912_074534

河内長野駅裏手の諸越橋で石川を渡って、千早峠(金剛トンネル)を上り始める。

200912_075722

観心寺付近の温度計は23度を表示。やはり汗は吹き出してくるが、久々の20度台前半はかなり快適だ。

200912_080430

久々の遠出だしのんびりと上ろう、と思っていたがロードバイクにスパッと抜かれると、少し悔しい。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


秋隣 黄味を帯びたる 棚田かな [金剛山ロープウェイDNF]

台風10号の影響が気になるところで、未明に雨も降ったが、日の出の頃には雨雲はほぼ消えた。平地は路面も乾いたようなので、TORACLE-COZ(CARACLE-COZ RB試作車)で6:24出走。引き続き最高気温35度超えの予報に、今日も手短かな府境の峠Uターンの予定。これまた引き続き通行止めの峠道が多いので、走り飽きたコースながら金剛山ロープウェイ乗り場を目指すことにした。

200905_065530
出走直後は身体がだるかったが、今日は次第に脚が回りだした。路面が少し湿っているところもあるが、空はほぼ快晴。行く手の金剛山系も少しもやっているが、青空の下に稜線を刻んでいる。雨上がりのせいか日が照ると蒸してきたが、ひと頃に比べれば少しは走りやすくなってきたか?

200905_071838
金剛山ロープウェイには8/11に上ったばかりなので、少しでもコースを変えようと美原の木材団地の中を抜けてPLの丘を越えた。富田林駅西側から寺内町に入ったのは前回と同じ。今日も人気の少ない旧市街を少し散歩した。この旧田中家住宅は国登録有形文化財で市に寄贈されたものを文化活動の場として貸し出している。

200905_072226
奥谷家住宅前。風情のある建物が立ち並んでいる。

200905_072201
ただし道路の反対側には電柱が立ち並び、道の先にはNTTの電波塔、さらにその奥にはPLの塔が屹立する現代的な風景も併存する。

200905_072504
往時は石垣に囲まれた城塞都市だった富田林。明治時代に車道が作られるまでは、この山中田坂が数少ない出入り口で、石川の東岸と結ぶこの階段を多くの人や荷物が行き交っていたとのこと。


(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


2020ノリクラ断念記 [千早峠(金剛トンネル)]

8月最終の週末は例年なら乗鞍ヒルクライムが開催される。昨年まで19年連続で乗鞍に通い続け、土曜日は乗鞍高原に向けて車を走らせ、参加受付、そして仲間との壮行会(宴会?)が恒例だった。

残念ながら今年はコロナ禍で中止となり、大阪でこの週末を迎えた。もちろん残念な気持ちはあるのだが、現役最後の挑戦と意気込んでいた昨年なら、喪失感はもっと大きかっただろう。幸か不幸か、記録更新を目指す走りは昨年で卒業した。今年はタイムにこだわらず気楽に上るつもりだったので、まだ諦めもつく。

大会が中止になっても仲間の一部は今年も乗鞍に集っており、私も行きたい気持ちはあったが、今回は見送った。

200829_064533
感慨に耽りながら、今週末もいつものトレーニングライド。TORACLE-COZ(CARACLE-COZ RB試作車)で6:23に出走。先週は少し距離を延ばして暑さに体力を消耗したので、今回は走り飽きたコースだが手短に千早峠(金剛トンネル)往復に決め、まずは国道310号線を河内長野駅方面に向かう。

200829_065838
少しだけ最低気温が下がったがそれでも熱帯夜の26度。出走直後から汗が吹き出す。どうも身体が重く、しばらく走っても脚が回らないので、自販機で缶コーヒーを買って小休止。今日も雲の見当たらない青空で、容赦のない日光が降り注ぐ。

200829_072102
カフェインを注入してももうひとつ調子が上がらず、引き返したくなる心にムチ打って先に進み、河内長野駅の裏手の諸越橋で石川を渡って千早峠に向かって上り始める。

200829_073203
とてもアタックといえないダラダラペースで最初の急坂を乗り越え、観心寺までゆるい下り。踏み込む気力がなく、惰性で下っていく。


(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑