11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
2012/08/26:
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
2014/06/15:延命寺
ブルベ練習 [ロングライド150km]
雨上がり 桜に虎に ぶどう狩り [ぶどう坂-信貴山朝護孫子寺]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]
スズカエンデューロ直前練習 [堺浜周回コース]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
2012/08/26:

ブルベ直前120km走 [雄ノ山峠-紀見峠]

いよいよ来週はブルベ本番。さっぱりロングライドトレーニングに取り組めないまま前週となり、さすがにお尻に火がついてきたので、珍しく午後まで走ることにした。ここから慌ててトレーニングに取り組んでも成果が上がるはずもないが、機材チェックと現状の身体能力を把握して当日の戦略を考える材料にはなるだろう。となれば、一部だけでもブルベコースを走って、シミュレーション精度を高めたい。折よく、今日は少なくとも午後まで晴天の予報。しかも風向きが早朝は東風で、午前中は弱い北風を経て西風に変わる予報。雄ノ山峠を目指して南西に向かい、峠を超えて紀の川沿いに東進するブルベのコースを進む間、上手く行けばほとんど追い風になる。

211016_081323
昨晩の睡眠が浅く、腹具合ももうひとつで、出走がちょっと遅めの6:39出走。TORACLE-COZは普段から大型サドルバッグや革サドル、マッドガードを装着しているので、ほぼブルベ仕様と言っても過言ではない。今回追加するのは2点のみ。ひとつは、iPhoneの充電とライトの電源に使用するモバイルバッテリーの携行を主目的にトップチューブバッグを装着。もうひとつはタイヤを7/8インチ(23mm)幅から1-1/8(28mm)幅に太くしたこと。最近は700Cロードでも太めのタイヤが流行りだが、ちょっと前までヒルクライム主体で活動していたので、重量増になる太めのタイヤに全く関心がなかった。とは言え、最近はツーリング的な使用法がメインになってきているし、トレーニング不足の身体には太いタイヤのクッション性がありがたいことも確かだ。ブルベでも後半にバテた時に辛さを軽減してくれる効果を期待しているが、本番前に走行感を確かめておきたいし、空気圧をどうするかも考えたい。今日はちょうどよい機会になるだろう。

211016_065250
雲ひとつない青空の下、まずは府道36号線を西に向かう。期待通りの追い風で、ひとまず交換前と同気圧に設定したタイヤのクッション性も向上したように感じる。それでも微妙に走行感が重いように感じるのは、体調のせいかタイヤのせいか判別できない。

府道36号線でJR阪和線を越えるのに、自転車は横断歩道を押し歩きする必要があるし、距離も少し伸びる。手前で左折して踏切のある場所でJRを越えようとしたが、最短距離を辿ろうとしたら道が途切れて結局遠回りするはめになった。

211016_072237
ちょっと時間をロスしたが、国道26号線に出て南下(正確には南西に)していく。追い風気味で、次第に脚も回りだしたが、巡航速度がなかなか30km/h台に上がらない。最近はタイヤが太い方が路面抵抗が減るとの説が流布されているし、同じPanaracerミニッツ・タフを同じ空気圧(7気圧)に設定している。重量増は前後でわずか50g程度で、上りや加速時ならともかく、巡航時に影響が出るとは思えない。

速度低下は体力低下や体調が原因である可能性もあるし、その程度の微妙な差ではある。一方で走破性や安定性は明らかに増している。当たり前だが、のんびり走るなら太いタイヤの方が快適だ。

211016_075702
平常は1時間に一度を目安にコンビニ等で休憩するが、今日はブルベ本番と同様にできるだけ信号とPC(チェックポイント)以外では停車しないように心がける。ブルベで時間を節約するには速く走るより、ゆっくりでも止まらない方が効果的なことはこれまでの体験で学んでいる。

211016_081309
まずまずのペースで8時頃には走行距離28kmを越え、樫井川を越えて泉南市に入った。このまま雄ノ山峠を目指すつもりだったが、以前参加した時とはゴール地点が変わっているので、未走区間を確認しておこうと思い立った。Googleマップに細道をジグザグと導かれ、ゴール地点の樽井公民館に立ち寄った。


(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


ペアランシミュレーション? [千早峠(金剛トンネル)往復]

再来週にブルベが迫ってきた。多忙が続くが少しでも走っておこうと、本日は6:23自宅出走。友人と近所のコンビニで待ち合わせて、今日は千早峠(金剛トンネル)を目指すことにした。

211009_071004
まずは国道310号線を河内長野駅方面に向かって南下していく。今日も晴天で雲はわずかしかない快晴。秋らしい突き抜けた空だが、最低気温21度と10月に入っても大して涼しくならず、ショート丈の上下ウェアでも少しペースを上げると汗ばむほど。最高気温31度の予報で、まだまだ夏の気候だ。

211009_071404
友人とはブルベの際にどう走るか、信号停車の際に話し合う。ブランクのあった友人も、トレーニング不足の私も自分自身の走力を測りかねているところはあるので、 先頭交代をしながらお互いの調子を検証。やはり、少なくとも途中までは一緒に走った方が良さそうだという方向の結論になった。前半の紀の川沿いの長い平坦路は向かい風になることが多いので、できれば同僚I井さんも合わせて3人で先頭交代をしながら体力を温存したい。もちろん、最終的には当日の体調や天候(風)などによって臨機応変の判断が必要になるし、I井さんは初参加なのでブルベ的走行でどれだけ力を発揮できるかは未知数だ。友人やI井さんは平地の高速走行が得意で、私は上りが得意(?)という脚質の違いもあるので、ずっと一緒に走るのはお互いのプラスにならない。適当なところで別行動ということになるだろう。

211009_073241
河内長野駅で小休止。やはり緊急事態宣言が解除されてから人手が多いように感じる。とは言え、この時期なのにだんじり祭りの気配がないのは季節感が薄い。

211009_080307
河内長野駅の裏手に回る菊水町交差点で近鉄長野線をくぐる。

211009_080400
石川を渡る諸越橋からヒルクライム開始。いきなり急坂が立ちはだかる。


(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


天高し 山が賑わう 自粛明け [鍋谷峠往復]

このところ、週末の天気がスッキリしなかったが、10月に入ってようやく降水確率0%の好天がやって来た。10/23のブルベが迫ってきたので距離を延ばしたいところだが、コロナワクチンの副反応でヨメさんの体調がもうひとつだし、友人の希望もあって手近な鍋谷峠往復とした。

211003_070855
近所のコンビニで友人と待ち合わせて南下を開始すると、雲ひとつない青空の下に和泉山脈の稜線がくっきり。最低気温は16度とかなり涼しくなってきたが、最高気温は30度と相変わらずなので、ウェアの選択が難しい。ショート丈の上下にアームウォーマーとニーウォーマー、ウィンドブレークベストを羽織って家を出たが、そこまで寒くもない。ニーウォーマーとウィンドブレークベストは脱いで家に残した。

211003_074437
今日はまずまずよく回る脚で泉北丘陵を乗り越えて山沿いに至り、国道480号線の逢坂トンネルをくぐると和泉山脈が眼前に迫り、三国山レーダーもよく見える。

211003_075400
定点観測地点、父鬼集落下の温度計は16度で点滅しており、画像には写らなかった。今日は止まらずその先の八坂神社で小休止したが、早朝から地元の方々が祭礼の準備をしていた。緊急事態宣言が解除されて、こうしたイベントも堂々と開催できるのだろう。

父鬼滝上側の自動販売機にサイクルショップカワハラダの剛さんが居たので立ち話。すでにひと上りしてきた剛さんは「上(鍋谷峠)は15度で、ムチャ寒いですよ」とのこと。周囲では鍋谷峠の管理人と見なされ、工事期間が伸びるために文句を言われていた(もちろん冗談)。私も開通のお礼を申し上げて先に進んだ。

211003_081837
鍋谷橋からアタック開始。今日は気持ちよく脚が回り、緩急の変化にも能動的に踏み込んで乗り越えていける感触。

211003_082718
鍋谷峠は路面がきれいになって走りやすくなったことに加えて、緊急事態宣言が解除され、しかもこれだけの好天となれば当然かも知れないが、今日は自転車乗りの姿がいつにも増して多い。行き交う自転車乗りに挨拶しながら私も上り続ける。


(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


またも雨間の平地トレ [堺浜周回]

このところ、悪天候にメカトラに仕事と週末に走れないパターンが多かったが、先週末はようやく100kmライドに取り組めた。ところが、今週末は昨日が仕事で、今日はまたも雲行きが怪しい。明け方に降った雨が一旦上がったので路面を乾くのを待って、7時に近所のコンビニで友人と待ち合わせたが、そこでまた雨が降ってきた。

しばらく雨宿りしていると雨は上がったが、今日は油断できない天気が続きそうだ。周囲の山には雨雲が残っているので遠出は諦めて、手近な堺浜に向かうことにした。せっかく乾いた路面がまた濡れてしまったが、ブルベ本番まで1ヶ月を切ったので、少しでも鈍った身体を動かしておきたい。

210926_083056
どんよりした雲の下を堺浜に向い、8:30ごろ堺浜の入り口の阪神高速三宝料金所前に到達。

210926_084448
グリーンフロント堺(シャープ)周回コースに面したコンビニで一息入れ、9:00から周回を始めた。

210926_090536
久々の堺浜だが、怪しい天気のせいか自転車乗りの姿はパラパラといったところで、それほど多くない。9時を過ぎると海とのふれあい広場に出入りする車が増えるので走りにくくなるが、今日はそれほど多くなかったのは幸い。

210926_091101
ブルベに向けてという事で、アタック合戦などはやらない。というか、今の脚力ではそんなことをすればあっという間に売り切れてしまう。心拍数140~150bpm程度で淡々と周回を重ねるが、南側に向かい風。しかも周回する度に風が強くなってきてかなりツラい。

210926_094436
しばらく前を引いていたが、向かい風にスピードが落ちてきたところで友人がすっと前に出た。すかさず加速しつつ、振り落とされないように後ろに張り付く。心拍数を150bpm程度に抑えていたので、まだ余裕を持って後ろにつけるが、170bpm以上に追い込んでいたら、そのまま追いつけずに振り落とされることも多い。

平均心拍数140bpmと、さほど強度を上げたわけでもないが、向かい風との戦いもあって5周回で結構疲れた。数年前に比べるとかなり脚力が衰えていることを、思い知らされる。雲行きが再び怪しくなってきたのもあって、今日はこれで撤収とした。

家に着く直前にパラパラ雨が降ってきたのでちょうどよい引き上げ時だったようだ。来週以降はさらに忙しくなりそうだが、できるだけブルベ本番前に距離を延ばしておきたい。

■STRAVA

堺浜周回 – Cyclemeter | ライド | Strava

■Ride with GPS


またも雨間の平地トレ [堺浜周回] – でのサイクリング 堺市, 近畿地方

■CyclemeterGPS

cyclemeter210926
CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2021/09/26 9:00:46
 自転車完了: 2021/09/26 9:55:35
 バイクタイム: 0:50:51
 停止時間: 3:50
 距離: 24.55 km
 平均スピード: 28.97 km/h
 登り: 0 m
 カロリー: 669 kcal
 平均心拍数: 140 bpm
 最大心拍数: 166 bpm
 平均ペダルペース:  90 rpm
 最高ペダルペース: 121 rpm
 今月の走行距離:  541 km
 今年の走行距離: 6098 km
 先月の走行距離:  731 km
 昨年の走行距離: 9412 km


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


荒れ田にも 忘れずに咲く 彼岸花 [鍋谷峠-犬鳴峠]

悪天候にメカトラに仕事と都合が悪い事態続きで、2週間連続で週末に出走できなかった。ウィークデイも雨が多く、通勤ライドすら距離が伸びない有様。そうこうするうちに、気がつけば10/23のブルベまで約1ヶ月しかない。お尻に火がついてきたが、今週末も昨日土曜日は出勤日だったし、台風もやって来た。幸い台風は昨日朝のうちに大阪ではほぼ雨も止み、通勤帰路は自転車で帰宅できた。

間が開いてしまったが、少々無理してでも距離を延ばしていかないと200kmブルベの完走すら危うい。そんな訳で今日はまず鍋谷峠を目指して6:24自宅出走。最低気温は21度とのことで、朝のうちはショートのウェア上下でちょうど暑くもなく寒くもない適温だった。台風が過ぎたばかりだが、さほど風も強くなく、雲は多いが晴れ間も見える天気で雨の心配はなさそう。久々なので文字通り身体が重いが、体調はまずまずでほどほど脚も回る。ただ、交換したばかりのクリート位置がしっくりこなくて、2回止まって再調整。それでも不自然に足首をひねる感じが取れなかった。

210919_072951
国道480号線の逢坂トンネルを越えて眼前の紀伊山地を見やると、山稜付近は雲を被っている場所も多い。雨雲ではなさそうだが、山中の路面は濡れているだろう。

210919_073700
父鬼集落下の定点観測地点。開通早々の前回も温度計の表示が点滅していたが、今日も21度を示しながら点滅していた。

210919_082040
今日は距離を伸ばすつもりだし、久しぶりで身体が鈍っているのでほどほどに抑えて軽くアタック。やはり山に入ると路面はかなりウェットだったが、舗装したばかりのせいかダンシングでもさほど後輪が滑らない。ただ、台風やそれ以前の雨続きのせいか、路面にかなり小枝や落ち葉が落ちていてせっかくのスムーズな舗装を損なっていたのが残念。湿度が高いこともあってやはり上りでは汗が滴る。

幸い、途中で抜かれることはなく、一人抜いて鍋谷峠にゴールしたのが8:20頃。最高心拍数は185bpmで前回の192bpmに及ばず、タイムも28分36秒と10秒遅かった。3週間ぶりの割には、まずまず。今日も上りですれ違う自転車が多く、峠に着いてからも次々上がってくる。下から見たとおり、峠付近は雲に覆われて陽射しは無い。

210919_083425
息が落ち着いたら、携行食を口にして、ウィンドブレーカーを羽織って、和歌山側に下り始める。南側の和歌山側も路面が濡れているところが多いので、慎重に下っていく。気がつけばすっかり柿が色付いて、秋の風情もうひとつスッキリしない雲行きなのが残念。

210919_091046
鍋谷峠トンネルの出口付近でバイパスに合流すると、路面は概ね乾いており、快調に下っていく。途中で道の駅により、今日は西に向かうためにそのまま国道480号線を下っていく。京奈和自動車道の高架をくぐったあたりで今日のお目当てであるマンジュシャゲ(ヒガンバナ)の群生と稲穂の取り合わせに出会った。 (さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑