2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
雨上がり 桜に虎に ぶどう狩り [ぶどう坂-信貴山朝護孫子寺]
11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
ブルベ練習 [ロングライド150km]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2014/06/15:延命寺
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2012/08/26:
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2012/08/26:
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
スズカエンデューロ直前練習 [堺浜周回コース]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
第16回スズカ8時間エンデューロ秋sp参戦記
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]

往きは追い風、帰りは輪行。 [わかやまサイクリングフェスタ、リンクスクエア視察]

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

190324_072024今日は仕事絡みで2つのイベントを視察がてら、TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で走ることにした。「仕事がてら」というより「仕事にかこつけて」という方が正確かもしれないが、まずはわかやまサイクリングフェスタ2019の開催される和歌山マリーナシティに向けて、6:45頃自宅を出走。なかなか予定の合わなかった近所の友人と久々にご一緒して、大阪平野を南西にひた走る。 自宅から間道を抜けて府道40号線に、さらに国道26号線バイパスへスライドしていく序盤は私が先導したが、国道26号線バイパスへ出てからは、ほぼ友人が引き続ける。このところのトレーニング不足と花粉症で調子が上がらないと言いながら、私が引くよりはるかに速い。北からの風に背を押されて、30~35km/hのペースで南下していく。 190324_0821461時間ちょっと走った8時過ぎに、泉佐野市樫井南交差点コンビニで休憩。気温は低いが晴れて気持ちの良い青空に、追い風。それでもどうもギクシャクして風に乗れず、すでに脚が張ってきている。 190324_082216今日は久々にTOPEAK製ライドケース マルチマウントを装着。これまでのiPhoneとモバイルバッテリーに加え、ライトヘッドとコンパクトカメラも装着・・・できるのだが、角度ずれ防止工作を施してもグラグラして強度が不安。やはり、コンパクトカメラは重量オーバーなのかなあというところ。結局途中からカメラはポケットに移した。 190324_152526rもうひとつ追加したのはワイヤーを咥えた「虎」。元完成車メーカーの営業担当で、最近独立開業されたIさんに頂いたものだ。本来はスマホの充電ケーブルを保護するための小物だが、自転車のワイヤーにもピッタリ。TORACLE(虎来る號)に相応しい? 再出発して今度はルートを把握している私が先導。泉南市に入り大苗代西交差点を左折して府道252号線に入り、さらに府道64号線に合流する。このルートは旧街道である紀州街道(熊野街道)であり、ところどころに旧跡や趣のある家屋が見受けられる。じっくり見てみたい気もするが、今日は素通りして先を急ぐ。 (さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


和泉葛城山雨天DNF [牛滝往復]

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

昨日土曜日は仕事だったので、週末トレーニングのチャンスは今日だけ。心配していた天気予報も良い方にずれて、雨予報が消えて降水確率も20%程度。雨雲レーダーを確認しても弱く小さな雨雲がちらほら流れているだけ。 190317_065748これまら行けるとTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で6:45頃出走。相変わらず鍋谷峠は通行止めだし、先週と違うところということで久々に和泉葛城山に向かった。 出走して間もなく梅の名所として知られる荒山公園に立ち寄った。すでに多くの品種の盛りは過ぎたようで、花の散った木が多い。ところどころに咲き残った梅を愛でてから先に進む。 190317_075906泉北丘陵を乗り越えて国道170号線旧道に入る。ひとまず一番近い上り口の牛滝を目指して、内畑町交差点手前で集落内を抜けてショートカット。府道40号線に入って南下していく。 190317_081547空がだんだん明るくなってきたように感じていたが、念のため雨雲レーダーをチェックすると。雲行きが再び怪しくなって、周囲にポツポツ弱い雨雲が現れだした。 とは言え、強い雨雲がすぐにやってくる様子もないので、もう少し先に進んでみた。 190317_0822548:20頃牛滝ルートの上り口である牛滝温泉に到着。家に入った新聞チラシで知っていたが、ここで営業していた「いよやかの郷」は2月いっぱいで営業を終了した。 温泉に入浴したことはないが、家族で車で来て食事に入った事はある。施設は岸和田市の所有で、運営を委託していた業者との契約終了したとのこと。山に上った後にここで汗を流すツーリング企画を考えていた時期もあったので、温泉に入らないまま営業を終了したことは残念だ。 190317_082456 (さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


バイシクルクラブに掲載されました [2018ノリクラ]

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

bc1811z2015年にスピーカーが禁止されるまでは、六甲颪を流しながらノリクラ(マウンテンサイクリングin乗鞍)に出場していた。インパクトがあったのか、毎年のように自転車雑誌に掲載されていた。ここ4大会は応援旗とハッピだけだったせいか、自分の掲載を確認できない年が続いた。

bc1811aとなると、何誌も購入して確認するのも億劫になる。2018年大会も確認をしていなかったのだが、最近「雑誌に載ってましたよね」と知らされた。あらためて確認してみると、小さくだが私の姿がTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)と共に掲載されていた。

2013年大会以来、久しぶりのバイシクルクラブ誌への掲載。残念ながら、同誌と共によくお世話になったファンライド誌は2015年にウェブメディアにリニューアルしてペーパー版の発行を止めている。残る月間誌はサイクルスポーツだが、こちらは2011年大会以来掲載されていない。

ノリクラで表彰台に登る可能性のない私が、自力で雑誌掲載を狙える貴重なチャンス。「恒例」と書かれたように、代わり映えのしないスタイルでもう飽きられているとは思うが、また機会があれば嬉しい。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


峠トレ再開 [千早峠(金剛トンネル)-南大阪サイクリングフェスタ]

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

先週末は土日ともにお仕事(サイクルモードライド大阪出展)で、自転車ライドはお休みだった。この冬は手術跡を冷やさないように平地ライドに徹していたが、3月に入ったのでいよいよ峠トレーニングを再開しよう・・・と思っていたら最低気温2度の予報。これは堺の平地の気温なので、峠の上は氷点下の可能性もある。ちょっと悩んだが、日が昇ると一気に気温が上がる予報でもあり、手術跡の経過も悪くないので予定通り千早峠(金剛トンネル)に上ることにした。

ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)のエントリーも終えて、気合も入ってきたのか、起床や準備もスムーズで、6:40にはTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で自宅を出走した。意気込んで出走したものの、気温は低いし、どうも脚が重い。二週間ぶりとはいえ平日も通勤ライドでそれなりに追い込んでいるが、このところ雨で乗れない日がが多かったせいか、調子が上がらない。

国道310号線に並走する西高野街道で河内長野方面に向かい、少しでも調子を上げようと河内長野駅近くのコンビニでコーヒーでカフェインを注入。気温は低いようだが3月の日差しには力があり、日なたは結構暖かい。

190309_075320石川を渡る諸越橋から国道310号線を千早峠(金剛トンネル)に向けてアタック開始。初っ端から信号に相次いで引っかかる幸先の悪い展開に、まだまだ序盤の観心寺交差点で温度計が1度を表示する寒さも、下りを思うと気が重い。

今日は心拍160bpm付近にキープする抑えめの目標としていたが、リズムの悪いスタートに、スムーズに回らない脚と重い身体で、ペースコントロールも思うようにいかない。緩急が変化すると心拍数が上下に大きく振れて、ギクシャクした走りが続く。久しぶりのヒルクライムだから予想通りではあるが、先が思いやられる。

反面、身体が思うように動かないからこそ、普段はあまり意識しない筋肉の動きを意識することができた。シッティングとダンシング、そして腰の位置やペダリングの仕方で、力の入る筋肉が大腿四頭筋(前腿)なのかハムストリングス(後腿)なのか、把握しながら身体の動かし方を考えることができた。元々ダンシング主体という効率の悪いヒルクライムスタイルの私だが、CARACLE-Sでスズカエンデューロに向けた平地トレーニングで大腿四頭筋(前腿)で踏み込むペダリングにも取り組み、どんどんサドルが前に出ていった。同時に峠のタイムも縮んでくるというプラスの相乗効果が生まれていたので、その方法を突き詰めていった。

ところが、昨年CARACLE-COZに乗り始めてから、ヒルクライムで身体がスムーズに動かないことにもどかしさを感じている。COZの圧倒的な軽さがタイムを縮めてはいるのだが、ハンドリング特性が異なるのでいまだにダンシングがギクシャクする感じが抜けない。ノリクラで一層のタイム短縮を狙うなら、COZに適した走法を身に着けていくべきだろう。

具体的な変更点のひとつは、シッティング比率を高めること。何を今さらという基本中の基本だが、ダンシングはやはり効率の悪い走法。格好つけて「ダンシングが自分のスタイル」と見栄を切っていたが、元来の貧脚に加え、腰痛で力強く踏み込むペダリングができないので、やむなく多用するようになったのが本当のところ。腰痛発症から12年を経過し、踏み込むペダリングでも痛みを感じなくなっているので、この機に基本に回帰することを考えている。

もうひとつはまだ迷っている段階だが、ハムストリングス主体のペダリング。大腿四頭筋はパワーを出せるが持久力が劣り、ハムストリングスはパワーは低いが持久力が高いという、これまた基本中の基本。ここ数年は大腿四頭筋を強化することでヒルクライムでもタイム短縮を実現していたが、これは自分でも意外な結果。本来、ノリクラのような長時間のヒルクライムを目的とするのに、この方法は賢い選択ではない。イーブンペースを意識して以前より改善しているとは言え、やはり毎年終盤で大幅にペースダウンしているので、持久力の向上は重要な課題だ。ハムストリング主体の走法は理にかなっているが、ポジションからペダリングテクニックまで全てを見直す必要があるし、終盤のペースダウンは高高度の酸素不足も間違いなく原因のひとつ。今年結果を出すことに繋がるかは疑問も残るので、しばらくは比較を続けて検証してみるつもりだ。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


旧街道帰省ライド [長尾街道-東高野街道]

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

パゾコンの設定を頼まれ、今日は枚方市の実家に行くことになった。7:00過ぎにTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で自宅を出走したものの、まっすぐ向かうのも面白くない。最近、実家の近くを東高野街道が通っていることに気付いたので、それを辿ることを思いついた。まず、金剛生駒山系の山麓を走る東高野街道までどうやって辿り着くか? ついでにアプローチにも旧街道を辿ることにして、あまり遠回りにならない長尾街道に白羽の矢を立てた。

190223_073420どうせなら長尾街道の起点からスタートしようと、堺市中心部へ。最低気温の予報は7度と先週までに比べればずいぶん暖かい。ウェアも少し薄手にして、アンダーも1枚のみ。カイロも省略したが、さほど寒くはない。チンチン電車の走る大道筋にたどり着いたが、ここも旧街道である紀州街道の一部でもある。

190223_073742長尾街道は紀州街道の堺戎之町、今のザビエル公園(戎公園)近辺が起点とのこと。

イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが滞在した豪商日比屋了慶の屋敷跡につくられ、公園開設の1949年がザビエル来航400年であったことから、命名されたとのこと。

190223_074228長尾街道は古代には大津道と呼ばれた官道で、最古の官道である竹内街道の北側に整備され、堺からほぼ真東に伸びている。7:40頃起点を出発し、堺の中心部を抜けて堺東駅の北側で南海高野線をくぐる。

地下道入口前の看板にあるように、ほどなく先日もお参りした方違神社があるが、今日は素通り。

190223_074916JR阪和線堺市駅の南側の踏切を渡る。

この先は自動車進入禁止の商店街。旧街道は自動車やオートバイでは通過が困難な一方通行も多く、徒歩か自転車でないと辿れない箇所がよくある。もっと言えば、先ほどの地下道のように自転車ですら乗車して通れないこともある。こんな時に6kg台のCARACLE-COZなら気軽に押し歩きできる(というか、わざわざ通路端のスロープを押し歩くより、ひょいと担いで階段を上り下りしてしまう方が楽)。この冬はロードペダルでなく、SPDペダル&シューズなので、歩くのも苦にならない。

190223_080344時間に制約があるので、あまりのんびりとはしていられない。時間の制約があるので、できるだけペースを上げて走ったが、交通量がそこそこ多いので道端に道標や祠を発見しても急に止まれない。通過したところが多かったのが残念だが、堺市内はいつでも再訪できるだろう。

20分ほどで市境を越えて松原市に入り、西除川を渡る。すぐに、近鉄南大阪線布忍駅南側の踏切を渡る。職場に近いこの辺りは通勤で通ることもある勝手知ったるエリアだ。

190223_081004松原市役所の南側を過ぎてすぐに、ちちかみはしと刻まれた道標とそれを解説するモニュメントが立っている。そばの郵便局に立ち寄る際に通るので、今まで何十回と前を通過していると思うが、じっくり見るのは実は初めて。

授乳時に愛児に乳房を噛み切られて亡くなった母親の悲しい伝説が残る地とのこと。亡くなった母親と愛児を祀る歯神社が、松原駅の南にある柴籬神社に合祀されているので、次の機会に訪ねてみよう。

モニュメントには長尾街道は近鉄電車が通るまで栄えたとの記述もあり、並走する近鉄との縁も感慨深い。

190223_081402松原駅のすぐ北側の阿保茶屋(あおんちゃや)。市役所など近辺の町名にも阿保の地名が残るが、こちらは「あお」と呼ぶ。元々は平安時代の阿保(あぼ)親王が干ばつに苦しんでいた当地に「親王池」を作ったことに因むらしい。同じ漢字を色んな読み方をしているが、なんとしても「あほ」「あほう」と読むのを避け、にんべんのない「阿呆」と混同されないようにしていると感じるのは私だけだろうか?

阿保親王は歌人在原業平の父親とのこと。最近始まった日経新聞夕刊の連載小説の主人公が業平であり、縁を感じる。

190223_081448長尾街道と中高野街道が交わるこの地は古代、中世から往来が多かったのだろう。交差点付近には地蔵堂と共に、近代の日露戦役記念碑や昭和天皇の即位を祝った碑や満州事変の忠魂碑なども立ち並んでいる。一番手前には現代の公共掲示板も立ち、今も続く重要地点ぶりを伺える。

中高野街道を南に1kmちょっと進めば、今度は竹内街道と交差する。松原が古代からの交通の要衝であったことが認識できる地だ。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑