アビィワンの大塚さんのこと

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アビィワンの大塚さんのこと
Pocket

180713_185603カンパニョーロとイタリア車を愛し、仕事を超えて自転車の魅力を伝えることに努めた自転車の大先輩が、マリア・ローザと共に旅立たれました。

サイクルハウス アビィワンの店長、大塚政宏さんとの出会いは恐らく1996年。前職時代に、仕入れで来社された時でした。当時でも骨董品だったクレーン(初代ジュラエース)のRDや、シマノ600のセンタープルブレーキが付いた私の通勤用ロードバイクを見て、「これ、あんたのか?」と声を掛けられました。

カンパを最も愛しながらも、少年時代から自転車に親しんだ大塚さんの知識は国産パーツを含めて幅広く、奥深いものでした。そんな大塚さんが経営するアビィワンを訪問したのは、それからまもなくでした。

140427_092728r恰幅のいい体格に口ひげを蓄え、時に厳しい物言いをされる大塚さんに、最初は怖さも感じていました。ところが交流を重ねるうちに、一見突き放しながらもしっかり見守り、親身に相談に乗ってくれる暖かい人柄であることがわかってきました(少なくとも、自転車を愛する後輩には)。

結婚して自宅が近所になった事もあり、頻繁に脚を運んだ2000年前後、「支店を作るので一緒にやらんか?」との誘いを受けました。非常に光栄な話で、私も真剣に考えました。とは言え、自分の使っているパーツ以外の整備には全く自信がなく、前職での仕事が軌道に乗っていた時期でもありました。結婚したばかりで、まもなく増える家族を思うと全く新しい仕事に取り組むリスクも考えざるを得ませんでした。

結局、お誘いを謝絶したこともあって合わせる顔がなく、しばらく足が遠のいたこともありました。それでも時折り仕入れに来社される大塚さんは、今まで通り親しく接していただきました。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アビィワンの大塚さんのこと
Pocket


海の日、夕涼みSakai散走!

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 海の日、夕涼みSakai散走!
Pocket

堺 自転車のまちづくり・市民の会や、堺の自転車店により原則毎月第3日曜日に開催されている「Sakai散走」。「散走」とは自転車のイベントではなく、自転車を使って食や体験や観光をする新しい自転車の楽しみ方と定義づけられている。

以前も堺とお酒の歴史を辿る大人の堺散走に参加したことがあったが、今回久々に参加できたのは「海の日、夕涼みSakai散走!」と銘打たれた錦ロイヤルの長島さんの主催するイベント。

午後まで家庭の用事があったが、今回は15時集合のイベントなので、何とか参加できた。先の用事が済んでから家に一度戻る時間的余裕がないと予想されるので、参加する自転車を数時間屋外に置かなくてなならない。

180716_145221

そんな訳で、高額で目を引くTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)は避けた。街中を低速でウロウロするイベントなので、スタンドがあった方が便利だし、フラットハンドルの方が低速で扱いやすい。そんな訳で、自分のでなく、娘のCARACLE-Sを借用して参加した。

結局は40分ほど早く集合場所の堺市役所付近に着いてしまったが、なかもずからほんの3km走ってきただけでも汗だくになる猛暑。昨日熱中症気味なった事もあって、無理せず喫茶店に避難して待機し、15時直前に市役所前にやってきた。

180716_145654市役所前にはすでに数人の参加者が集まっており、その中には白いCARACLE-Sの姿も! メーカーの人間としてはテンションの上がる展開で、2台の参加はBianchiと並ぶ本日の最大勢力(笑)。

オーナーはケロリンさんで、「小さくなるし、よく走るし」というコメントが大変ありがたかったです。奥様はブロンプトンでご参加。

180716_145830ケロリンさんのCARACLE-Sを拝見すると、関節のボルトにマグネットが付けられている。「これは何ですか?」と尋ねると、外したペダルを付けるんです。強力なんでまず外れません」とのこと。磁石は百均で売っているものとのことで、これは面白い活用法だ。

CARACLE-S標準仕様には樹脂製の折りたたみペダルが付属するが、限定モデルのスポーツパッケージはペダルがオプションで着脱式の金属製ペダルの装着を勧めている。着脱式の欠点は「置き忘れ」の恐れがあることだが、外してすぐ車体にくっつけておけばその心配もなくなる。

新たに用意するボルト類はステンレスやアルミ、チタンといった錆びない(磁石が付かない)素材を採用しているCARACLE-Sだが、この関節にはサスペンションメーカーが添付してきたスチールボルト。数少ないスチール箇所をうまく活用している。

180716_150749主催の長島さんや市民の会のHさんも現れ、総勢10名で開会式(?)。15時を過ぎても35度を超える高温でもあり、コースは臨機応変に変更する意向とのこと。

180716_15182415:10に出走し、まずは旧堺燈台へ向かって、大小路の一本南側の裏道をゆったりと西進して堺中心部を横切っていく。

180716_152315わずかな距離だが雲のほとんどない快晴の空からジリジリと太陽が照りつけ、信号待ちの度に汗が吹き出す。

堺旧港に到着し、堤防上に上がって遊歩道をさらに西進。

180716_152558港の端に旧堺燈台が、端正な白い姿をあらわした。

180716_152818普段は灯台内部は非公開だが、昨日と今日は海の日にちなんで一般公開される。

元より観光スポットではあるが、今日はたくさんの来訪者が灯台に向かう階段を上っていた。

外からは何度も眺めているが、中に入るのは私も初めて。窓を開け風通しの良い灯台内は意外と涼しい。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 海の日、夕涼みSakai散走!
Pocket


一葛で お腹いっぱい 猛暑かな [和泉葛城山牛滝ルート]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一葛で お腹いっぱい 猛暑かな [和泉葛城山牛滝ルート]
Pocket

この三連休は急な用事で昨日走れなくなった一方で今日の予定が空いたので、急遽トレーニングに出ることにした。6:20頃、TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)で自宅を出走。急な事にも関わらず、近所の友人が付き合ってくれたので6:30にコンビニで待ち合わせて、どこに行こうか相談。

先週までの豪雨の影響で山間部の道路は通行止めや荒れている区間があるかもしれないし、今日は35度超えの猛暑が予想される。結局、友人の提案で久々に和泉葛城山に上ることにした。「七葛」という言葉の通り、オンロードだけで7ルートもあるので、エスケープルートが選びやすいし、標高が高いので涼しいだろうとも思えた。

180715_072828後のことは和泉葛城山に上ってから考えることにして、ひとまず再出走。7時台から日差しは厳しく、気温もすでに30度近い。信号待ちの度に汗が吹き出し、この後が思いやられる。水分を積極的に取ることを意識して、泉北の丘陵地帯を乗り越えていくと、こんな暑さの中でも自転車乗りは結構走っている。

180715_073830心拍センサーがゆるくてズレたが、すでに汗でびしょびしょになって張り付いてしまい、走りながら位置が戻せない。仕方ないのでコンビニに立ち寄って、調整。

もうひとつ、昨日追加したTOPEAK製ライドケース マルチマウントの重みでライドケース マウント RXが下がってしまうので、固定ボルトを締め直したが、その後もズレに悩まされた。便利に使えそうなマウントだが、ズレを防ぐ方法を検討する必要がある。

友人に借用したフィジーク製アンタレスはお尻の座りがよく、悪くない感触。今日の70km超のライドくらいなら、痛みも出ずに快適に走ることができた。できれば100km超ライドで試しておきたいところだが、暑い時期は厳しいか?

180715_081408ひとまず一番手近な牛滝ルートから和泉葛城山に登ろうと、国道170号線旧道から府道40号線に入ろうとした内畑町交差点に「通行止」の看板が立っていた。ちょっとネット検索してみた限りでは、この情報は見つけられずにいた。こんな箇所が他にもあるのでないかと心配になる。

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一葛で お腹いっぱい 猛暑かな [和泉葛城山牛滝ルート]
Pocket


娘のCARACLE-Sいじり [マッドガードステー加工]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 娘のCARACLE-Sいじり [マッドガードステー加工]
Pocket

180714_154714DXタイプの純正マッドガードに交換した娘のCARACLE-Sは、1.25サイズの細身のタイヤに合わせてクリアランス調整したため松葉ステーの先端がかなり飛び出した。前側は足に当たる可能性が高いので装着時にカットしておいたが、リア側は時間切れでそのままになっていた。

通常走行する分には大きな機能上の問題はないだろうが、駐車時に服やバッグを引っ掛けたりする恐れがあるし、見栄えが良くない。TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作フレーム)をいじったあと、時間があったのでカットすることにした。

180714_161540飛び出し長を測って、キャップが被さる分+数ミリ飛び出す程度に金ノコでカットしていく。先端はヤスリで平らにして、角を少し丸めてキャップが外れても引っかからないように加工しておく。

180714_162442ついでに、リアエンドダボに近い方で軽く左右方向の曲げを入れる。これにより、エンドに平行にステーが接触するようになり、着脱の際に斜めに力がかからないので、アルミのネジ山を損傷する恐れが減少する。

180714_164430という機能的な意味がないわけではないが、ステーがカーブせずに直線的になるので見栄えも良い、というのがメインの理由。昔からのランドナー乗りなら当たり前の作業だが、マッドガード自体が軽んじられる昨今では、こんな美意識を理解できない人が多い。今となっては自己満足の世界だ。

180714_164356これにてリア側もステーの飛び出しが減って、機能的にも見栄えも改善した。プラスチック系(中にはアルミ芯があるが)のマッドガードでも、クリアランスの調整がしやすいのが松葉ステーの良いところ。これまた、機能というより見栄えの問題だが。

ご注意:本記事は、久行の個人的趣味とテック・ワンの技術検証を兼ねて行っているもので、同様のカスタマイズに対して安全性や耐久性を保証するものではありません。安全性に問題がなく、ご要望の多いものは純正品に取り入れる可能性もあります。興味のあるパーツや加工については、ご意見をお寄せください。

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 娘のCARACLE-Sいじり [マッドガードステー加工]
Pocket


TORACLE-COZ組立て その10 [サドル借用、ハンドル周り諸々変更]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE-COZ組立て その10 [サドル借用、ハンドル周り諸々変更]
Pocket

[TORACLE-COZ組立て その9]からの続き

TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作フレーム)はステムの上下入れ替えたことでヒザとの接触は軽減できそうだが、前上がりのステムは格好が良くないので直ちにフォークコラムを切断する覚悟がつかずにいる。とりあえずは、一度峠を上って試してみようと思っているが先週は西日本豪雨直後で平地練習のみ。近いうちに検証することを狙っている。

180708_161516その後先週末のも少しずつ手を加えているが、まずはサドルの交換。アリオネR1は100km未満ならなんとか耐えられそうだが、ベストフィットとは言い難い。お尻にフィットする探すにしても、軽量サドルは多くの場合高価で、おいそれとは試せない。

180708_162540今回、友人がシクロクロスシーズンまで使わないサドルを貸してくくれた。アリオネと同じくフィジーク製のアンタレスは、アリオネより身体の固い人向けとのことで、私に合う可能性もある。しばらく試してみて、フィット具合を確かめる予定だ。

180714_144338また、ハンドル周りを色々と変更した。まず、ステムにバンド留めしていたDi2のジャンクションAを、友人から貰ったコラムスペーサーを兼ねたアダプターに装着。

180714_145916スッキリした外観になる・・・はずだが、ステムが前上がりなのでステムに沿わずに、角度が開いてしまった(予想はしていたが)。それでも、Di2エレクトリックケーブルの流れがスムーズになったので、これで良しとした。

画像に写っているEW-WU111 ワイヤレスユニットもジャンクションA近くに再装着。これで、iPhoneとBluetooth接続してアプリからDi2ボタンのカスタマイズを行ったり、一気変速や前後シンクロ変速などの選択をすることができる、バッテリー残量を確認したり、ファームウェアのアップデートもできる。

それと、ゴールドのカーボンスペーサーを入手したので、コラムスペーサーの継ぎ目を減らすと言っておきながら、ついつい短いスペーサーを重ねてしまった。まあ、物は試しだ。剛性などに変化が生じるか、検証してみよう。

180714_150018お次はTOPEAK製ライドケース マルチマウントの装着。急ぐつもりもなかったが、ついでがあったので、一緒に購入してしまった。使用中のライドケース マウント RXに装着すると、GoPro規格のアタッチメントに対応したアクセサリーを3つ装着できる。

180714_151743試しに先日台座を作ったモバイルバッテリーホルダーとそれを装着する前に装着していたデジカメを装着してみた。iPhoneがデジカメの手前に着くが、この画像を撮影するために外している。

モバイルバッテリーホルダーは、大きな問題なし。手で調整できるつまみが付いているので、これまでよりバッテリーの着脱がしやすくなった。

デジカメは上方に着けると、機能的にはかなり使いやすくなる。今までは逆さに装着したカメラを手探りで操作していたが、操作がしやすくなるし、画像を180度回転させる処理も不要になる。ただ、格好が良いとは言えない。現時点では今までどおり下方に装着できないこともないが、下方にはライトを装着したいと思っている。

180714_152632もうひとつ、これからの本格的な暑さに備えてボトルケージをシートチューブ後方に増設した。ひとまず、ワンタッチで着脱できるBikeguy製どこでもケージホルダーでカーボンケージを装着。アルミ製のバンドでクランプするタイプはカーボンフレームを傷めそうで、怖いが、ゴムとベルクロで留めるこの製品なら心配ない。難点は、ずれやすいことなので、Eliteやゼファルのプラスチック製のバンドで留める台座も検討してみるつもり。

[TORACLE-COZ組立て その11]に続く

ご注意:本記事は、久行の個人的趣味とテック・ワンの技術検証を兼ねて行っているもので、同様のカスタマイズに対して安全性や耐久性を保証するものではありません。安全性に問題がなく、ご要望の多いものは純正品に取り入れる可能性もあります。興味のあるパーツや加工については、ご意見をお寄せください。

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE-COZ組立て その10 [サドル借用、ハンドル周り諸々変更]
Pocket


RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player