息子の通学車のフォーク・前カゴ・ブレーキ・ライト交換等 [THUNDER]

息子の通学車「THNDER」は、2021年5月にチェーンリングをナローワイド化して、チェーンガードも交換した。

210613_083049
それに先立ち2020年11月にキャリア前部が破断したが、固定方法を変えて応急処置をしていた。しかし、2021年5月にキャリアの後部立ち上がり部分も破断して、前カゴ後部上方の固定力が失われ、グラグラになった。

210613_082952
交換部品を調達する間はハンドルにトゥストラップを掛けてカゴを吊ってしのいだが、6/13にパーツが揃うまでに前カゴの底が抜けた。

210613_083003
底面に装着していたライトユニットもあらぬ方向を向いて、かろうじて後部だけでぶら下がっている状態。

210613_084007
サスペンション+アルミキャリアという仕様は、重量のある通学荷物と雑な息子の扱いでは力不足だったようなので、今回は根本的に改善することにした。

210613_085029
もったいないが、これまでのフロントサスペンションは取り外す。再使用するクラウンレース(下玉押し)は取り外す。圧入されたクラウンレースは再使用不可なことも多いが、今回はそれほど嵌合が強くなく、丈夫なスチール製なので、変形させることもなく取り外しできた。


(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


息子の通学車のチェーン交換・ナローワイド化等 [THUNDER]

息子の通学車「THNDER」は、2020年11月にキャリア(カゴ)の固定方法を変更したが、長期的には不安がある。息子からはチェーンがちょくちょく外れることや、チェーンの異音の申告があり、その改善も課題になったが、引越しのバタバタでしばらく放ったらかしになっていた。

210417_121926
2021年4月になってようやく手を入れる時間が取れた。チェーンがチャラチャラ異音を発するのはなぜかスプロケットの真中付近の数段だけで、トップやロー側では生じない。チェーンゲージ測ってみたら、結構延びていた。

210613_114634
そこで新品のシマノ製チェーンに交換した。雨でも毎日使用するとはいえ、約2年間の走行距離は2000~3000km程度と思われるので、少し早い印象だ。交換後にチャラチャラ音は少しマシになったが、やはりリアスプロケットの中央付近でゴリゴリ感が残る。息子があまり変速を活用せずに特定のスプロケットを使い続けて摩耗したのかもしれないが、スプロケットは多くの場合チェーンより長持ちするので不思議な感じは残る。ローグレードの8速スプロケットは安価なので、そのうち交換してみるつもり。

210111_112456
チェーン脱落はチェーンの伸びも一因かもしれないが、根本的な対策としてナローワイドチェーンリングを装着することにした。とは言え通学は学生服だし、息子はいくら言っても裾留めバンドを使おうとしないので、ガードも必要だろう。クランクはシマノ製FC-CX50が勤務先に転がっていた(笑)ので拝借し、チェーンリングは対応する5アームPCD110の46Tナローワイドを調達。チェーンリングガードは以前CARACLE-S 2015で使用していたDixnaラインガードを再利用することにした。息子の通学用には随分贅沢な仕様になってしまった。

210417_153736
ところが、いざ装着しようとすると、チェーンリングガードとクランクのクリアランスが少なすぎて、どうやっても車体側のチェーンカバーに接触してしまう。やむなく、チェーンリングガードは外して、チェーンカバーのみで運用することにした。

210417_155629
気がつくと、サドルサイドがひび割れて、一部が剥がれていた。当面、座ること自体に問題はなさそうだが、雨の日に中に水が入ってしまう恐れがある。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


息子の通学車ライト・タイヤ交換 [THUNDER]

201103_094659

なかなか記事にできなかったが、息子の通学車「THNDER」にも色々手を入れている。

201103_094737

2020年3月にホイールスタビライザーを装着してからほぼ8ヶ月ノントラブルだったが、2020年11月に「パンクした」いうのでタイヤを見るとサイドがパックリ裂けている。チューブも裂けたバースト状態。全周に擦れた跡があるので、何かが接触したのだとは思ったが、ディスクブレーキなのでブレーキシューが当たることは無い。マッドガードやキャリアーのステーが接触している様子もない。よくよく見てみると、 ダイナモのローラーが当たる位置だった。

201103_102257

ほぼ毎日使用するうちにローラーのゴムカバーが摩耗して、金属製のローラーが直接当たり、軽量タイヤの薄いサイドを傷めてしまったらしい。

ひとまずタイヤを以前のKENDA製KWESTに戻して走れるようにし、ダイナモローラーだけ入手できないか探してみたが、なかなか入手が難しい。VELOX製の手持ちもあるのだが、薄いしCIBIE製ダイナモと組み合わせるために一緒に保管しているものなので、息子の通学用にはもったいない。

201103_102514

クラシックパーツとして販売されているゴムローラーもあったが、かなり高価。それならいっそ、ということで新たにダイナモごとを購入した。同じ丸善製のMagBoyシリーズだが、こちらはゴムが厚く長持ちするだろう。ハブダイナモの採用も考えたが、ディスクブレーキ対応品はかなり高価になってしまう。

201103_094822

ライトユニットは今までのカゴ下装着用を組み合わせるのだが、近辺を確認するとキャリア枠が折れて前後が分離していた(笑)。無頓着な息子は、気付いていなかった。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


2021ノリクラ残念記 [鍋谷峠-紀見峠]

一昨年まで19年連続で乗鞍ヒルクライムに参加していたが、コロナ禍により昨年に続いて中止となった。本当なら8月最終の土曜日は乗鞍高原に乗り込んで翌日の出走に備えているはずだが、新型コロナウイルスとの戦いは終りが見えない長期戦になっている。

そんなわけで昨年の「断念記」に続いて今年は「残念記」。来年こそは「乗鞍参戦記」を復活させたいところだ。

今日は少し早く目が覚めてしまい、6:18に出走した。H本さんから鍋谷峠が開通したとの情報をもらっていたので、早速視察に行ってみることにした。2020/1/20日から始まった鍋谷峠の工事による通行止めは同年4/19までの予定だったが、途中の大雨による被害もあって何度も工事期間が延長され、結局1年7ヶ月もの間通行できなかった。先日の偵察では工事期間が8/31までとなっていたが、最後は少し予定が早まり、8/20に開通した模様だ。

210828_063030
先週まで雨が続いたが、今週はようやく晴天が続いている。幸か不幸か35度前後の暑さも戻ってきて、遅れ馳せの梅雨明けの風情。長雨の間に涼しさに慣れてしまった身には辛い日々が続いている。朝はまだマシだが、今日も暑くなりそうな青空だ。行く手の和泉山脈は少し霞んで、雲を被っているところもあるが、雨雲ではなさそうだ。

210828_071623
雨が続いて今月は通勤ライドの回数も少なかったせいもあるだろうが、身体が重たく、脚が回らない。調子が上がらないまま上り口の父鬼集落までやってきた。定点観測地点の温度計は25度を表示していたが、点滅していたのは何らかの異常だろうか? ちょっと止まっている間にも何台ものロードバイクが追い越していく。開通したことを知って、早速やってきたのだろう。

210828_073144
閉鎖されていた旧道入り口のゲートは撤去され、何事もなかったように進入できた。

210828_073827
上り始めてすぐ、路面が非常にきれいなことに気付いた。ほとんどの舗装がやり直してあり、滑らかで非常に走りやすい。

210828_073526
すっかり鈍った身体で無茶をする気はなかったので、心拍数160bpm程度でのんびり上り始めたが、途端に数台のロードバイクにぶち抜かれた。何台も追い越されるうちにスイッチが入り、次第にペースと心拍数が上がっていく。そうは言っても抜かれる台数の方が多かったが、数台を抜いて上り続ける。

 

(さらに…)

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復]

先週後半は夏季休業だったが、天候不良とワクチン接種と副反応で自転車には乗れずに終わった。今週末は昨日が出勤日だったので本日走ることにしたが、天候は油断できない状況で、私は昨日の作業で腰が痛く、友人も本調子ではない。ノリクラ中止で焦ることも無いので、軽く身体慣らしの近距離ライドで済ませることにした。

TORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で出走し、6:30に近所のコンビニで友人と待ち合わせ、手近の竹内峠往復で済ませることにした。近場とあって慌てて出走する必要もなく、長話をしてから再出走と相成った。

210822_073645
一路東に向かい、富田林の丘陵地帯を越えて。秋雨前線の停滞で天気予報に雨マークが付く日が10日間以上続いており、今日もにわか雨が可能性が高い不安定な予報。幸い、朝のうちは雲も多いが、青空も散見できる空で行く手の二上山もくっきり。路面は湿っている箇所もある。

210822_082412
叡福寺東側の太子・和みの広場で小休止。青空の増えた空の下に叡福寺が朝日に照らされて輝いている。途中で25度の表示があり、一時期のことを思えばかなり涼しいのは幸い。

210822_083225
国道166号線に並走する竹内街道をゆっくり上っていく。涼しいとは言っても汗が流れる急傾斜だが、車が少なく風情のある旧街道をのんびり上っていける。

210822_084918
竹内峠近くまで上ってUターン。普段は速度が出ているので気づきにくいが、堺浜方面が正面に見え、意外と良い展望だ。

210822_094446
あとはほぼ来た道を折り返すが、なんだかんだと止まる度に長話になってしまい、今日はすっかりポタリング。幸いなことに天候は良くなる傾向で、雨に遭うこともなく10:09に帰宅した。

H本さんからメールが届いて気付いたが、ようやく鍋谷峠の通行止めが解除されたようだ。近いうちに偵察に行くつもりだが、ようやく和歌山方面への主要ルートが回復するのはありがたい。

 

■STRAVA


秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復] | ライド | Strava

 

■Ride with GPS


秋雨と 仕事の合間の 足慣らし [竹内峠往復] – でのサイクリング

 

■CyclemeterGPS

cyclemeter210822
CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2021/08/22 6:21:58
 自転車完了: 2021/08/22 10:09:47
 バイクタイム: 1:50:48
 停止時間: 1:56:47
 距離: 40.10 km
 平均スピード: 21.72 km/h
 登り: 286 m
 カロリー: 1085 kcal
 平均心拍数: 117 bpm
 最大心拍数: 153 bpm
 平均ペダルペース:  59 rpm
 最高ペダルペース: 128 rpm
 今月の走行距離:  454 km
 今年の走行距離: 5279 km
 先月の走行距離:  775 km
 昨年の走行距離: 9412 km

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket



サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑