スタンプラリーシーズンスタート [泉州2イベント]

先週はお仕事で走ることができず2週間ぶりの週末ライド。TORACLE-COZ2(CARACLE-COZ DB)で6:22に自宅を出走した。このところ季節が一気に進んだ感じで10度近くまで気温が下がる日もあるが、今朝は最低気温17度とまだ暖かい。最高気温25度と夏日になる可能性もあるため、ショート上下にアームウォーマー、ニーウォーマーの組み合わせで調整のし易い格好。

221022_063108

近所の友人とコンビニに待ち合わせたが、今日はスタンプラリーのポイントを回ることにした。これから冬場はスタンプラリーの開催が多いが、先週から泉州を巡るサイクルスタンプラリーが2つが始まった。ところがこれから11月にかけては仕事やイベントの予定が多く、開催中に回れる日が少ない。明日シクロクロスに出場する友人の調整を優先すべきだろうが、私のわがままに付き合ってもらった。

221022_070931

今日は少しでも友人の身体慣らしになりそうな山側のポイントを回ることにして、ひとまず泉北の丘陵地帯を南下していき府道61号線に入る。やや雲は多いが高い雲で雨の心配はなく、和泉山脈の稜線もくっきり見える。晴れ間が増えてくる予報だし、湿度も低く気持ちの良く走れる気候だ。

221022_072539

1つ目の目的地はハーベストの丘。メインのアクセス道路ではなく、鉢ヶ峯フラワー農園「コスモス館」の前を通り、駐車場の裏手から進入した。

221022_072728

またきて菜(ハーベストの丘農産物直売所)は周遊スタンプラリー「泉州・和歌山」CycleRide2022秋(前回よりさらに長い!)のスタンプポイント。泉州周遊コース13箇所(モデルコース約95km)、和歌山・岬周遊コースの6箇所(モデルコース約100km)それぞれを完走すると参加賞がプレゼントされ、1万円相当の特産品の抽選対象となる。12/12まで開催されている。1月に開催された前回は最後に回ったが、今回は最初にやって来た。7:27着とあって当然営業はしていないが、自転車乗りが待ち合わせをしていた。

221022_072825

まず無事に1つ目のスタンプをゲット。メインのアクセス道路で府道61号線に戻り、さらに南下。

221022_074810

南楽園峠(非公式)を越えて和泉市に入る。ここまでは鍋谷峠に向かうおなじみのルートだが、国道170号線の旧道を辿らず、バイパスを進んで7:48に道の駅 いずみ山愛の里に到着。

221022_074905

ここは「周遊スタンプラリー~」のスタンプポイントであると同時に、大阪泉州サイクルスタンプラリーのポイントでもある。こちらは泉州サイクル月間のイベントやキャンペーンの1つとして開催されている。泉州地方に32箇所のポイントが設けられ、10個、15個、25個という集めたスタンプの数に合わせて各賞に応募できる。こちらも12/12まで開催されている。同じ「泉州くるナビ」アプリを使うのでちょっと紛らわしいが、「周遊スタンプラリー~」は2つめ、「大阪泉州~」は1つめのスタンプをゲットした。

221022_082159

大野町北交差点から国道480号線に入り、逢坂トンネルを越えるルートは再び鍋谷峠のアプローチルートだが、南横山小学校を越えたところで右折。府道226号線に入って小さな峠を超えて、春木川町の集落から細い間道に入って小さな祠のある峠を越えて岸和田市に入る。

221022_083848

大沢町の集落に降りて府道40号線に入り、牛滝まで上る。突き当りの大威徳寺に8:38到着。大阪泉州サイクルスタンプラリーのポイントの中で最も山中にある。

221022_083944

無事に「大阪泉州~」の2つ目のスタンプをゲット。大威徳寺は紅葉の名所として知られているが、近辺のモミジはまだわずかに色づいた程度で、見頃はまだ先のようだ。

221022_084417

上りでは通過した和泉葛城山牛滝ルートの上り口にやって来た。山頂に向かう車道は土砂崩れにより長らく通行止めになっており、開通が延び延びになっている。上り始めてすぐに塔原に抜ける林道シガ谷線が分岐しており、以前も通ったことがある。入り口にいた警備員に崩落地点の手前で林道に入って塔原に向かいたいと伝えたが、市役所から途中の墓地に参る人以外は歩行者も通さないように言われているとのことだった。

221022_085350

仕方ないので塔原-蕎原とたどる山麓ルートは諦め、少し下って引き返し、岸和田国際射撃場のある尾根を乗り越えて府道39号線に横滑りし、津田川沿いに下っていく。

河合町交差点で左折して国道170号線旧道に入り、市境を越えて貝塚市へ。次は「周遊スタンプラリ~」の水間寺と「大阪泉州~」の愛染堂という隣接したポイントを目指したが、水間寺の裏手にあるように見えた愛染堂を先に訪れようと秬谷川を渡る。

221022_090809

「愛染~」という案内看板が示す方向にお堂があったので、これか? と階段を少し担ぎ上げてみたが、それは行基堂という別のお堂だった。ならばっ、ともう少し担ぎ上げてみたが階段は延々続く。別に自転車で走れるルートがあるのかもしれないが、ここまで来れば引き返すのももったいない。幸い、TORACLE-COZ2は7kg台の超軽量だし、今回からSPDペダル&シューズに変えていた。シクロクロス出場車の友人もSPDシューズなので、「明日の練習」と付き合ってくれた。

221022_091004

上り切ると水間公園の高台の広場に出た。そこにあった看板は斜め下を示す矢印とともに「愛染~」の表示……。

221022_091030

「おいおい、今度は降らせるのかよ」と、文句を言いながら階段を下っていく。

221022_091110

自転車を担いで階段を上り下りしてたどり着いた池に、朱塗りの橋が架かっている。渡りきって振り返ると「愛染『橋』」と記されていた

「……『橋』だって」

「『堂』じゃないね」

「だまされた!(二人)」

最初からGoogleマップとの食い違いには気付いていたが、目の前の「愛染~」の案内看板に引きずられてしまった。よく看板を見ずに勘違いした私が悪いのだが、すっかり「仏にだまされた」感(笑)。

221022_092007

乗車できるルートに遠回りして、愛染「堂」にたどり着いたのは9:20。人形浄瑠璃や歌舞伎の演目や、映画や小説にもなっている播州のお夏清十郎の悲恋の物語は有名だが、それと異なるハッピーエンドの物語が水間寺に伝わっているとのこと。とは言え、すっかり心の荒んだ私と友人は、幟のハートや英語の記載に文句を言う始末。

221022_092040

ともあれ、「大阪泉州~」の3つ目のスタンプをゲット。

221022_092227

愛染堂は水間寺の境内にあるので、同じ場所で「周遊スタンプラリー~」の3つ目のスタンプもゲット。

221022_092947

900mほど移動して水間観音駅にやって来たのは9:27。

221022_092714

「大阪泉州~」の4つ目のスタンプゲット。

221022_093339

600mほど移動して、9:33に善兵衛ランドに到着。江戸時代に優れた望遠鏡や星座早見盤などを製造した岩橋善兵衛の名を冠し、口径60cmの天体望遠鏡を備えた天体観測ドームや展示室を備えた施設とのこと。

221022_093323

こちらで「大阪泉州~」の5つ目のスタンプゲット。水間寺付近は1km圏内に4つのポイントが有る効率的な地域だった。

221022_094905

ここで折り返し、帰路もいくつかポイントを回る。交通量の多い国道170号線バイパスのアップダウンはちょっと大変だが、約4.5km走って岸和田市に戻り、9:49に道の駅愛彩ランドに到着。10時からの農産物直売所に行列ができていた。

221022_095042

ここで「大阪泉州~」の5つ目のスタンプゲット。失敗したのは「周遊スタンプラリー~」のスタンプポイントでもあったのにゲットし損なったこと。またやってこなければならない。

221022_102223

国道170号線バイパスを離れて蜻蛉池公園の前で、府道230号線に入って東進して井坂酒造場に10:22着。看板にも記された「三輪福」がメインのブランドだが、岸和田を象徴する「だんじり」、そしてタイガースファン御用達の「六甲おろし」でも知られている。自家用車を持っていた頃は、時々一升瓶を買いに来た時期もあった。

221022_102249

「大阪泉州~」の6つ目のスタンプをゲット。

221022_103330

岸和田和泉ICで阪和道を越え道は日頃からよく通るルート、ららぽーと和泉の前を通って左折し、和泉市久保惣記念美術館に10:33着。100年に渡って綿業を営んだ久保惣株式会社が廃業を機に美術品や美術館の敷地や建物を和泉市に寄贈したものとのこと。日本や中国などの東洋古美術を主に11,000点を所蔵しているとのこと。

221022_103424

「大阪泉州~」の7つ目のスタンプをゲット。

221022_104959

少し南下して岸和田和泉ICやららぽーと和泉の前を通る道に戻り、しばらく東進するが国道480号線の手前で左折して、南に上っていく道に入る。産業廃棄物処理業者が並ぶ道を上っていき、10:49に和泉リサイクル環境公園に到着。産業廃棄物の埋め立て地跡を自然公園として整備したところだ。

221022_105030

「大阪泉州~」の8つ目のスタンプをゲット。上ってきた道を引き返し、後は馴染みのルートで帰宅したのは11:30。今日は午前ライドで「周遊スタンプラリー~」は3つ、「大阪泉州~」は8つのスタンプをゲットしたことになる。ゲットし損なった「周遊スタンプラリー~」の愛彩ランドが悔やまれるが、それ以外の泉州山手のスタンプポイントは回ったと言えるだろう。まだ先は長いが、次の機会には平地を回って数を稼ぎたいところだ。

「周遊スタンプラリー~」の和歌山・岬周遊コースは自宅からの自走では丸一日かけても厳しい。折りたたみ自転車TORACLE-COZの本領を発揮して、輪行でモデルルートに入ることを考えている。昨シーズンは7つのスタンプラリーに挑んで参加賞5種、上位入賞や抽選当選で3種の景品を頂いた。スタンプラリー系イベントは当選確率がかなり高く、いくつか取り組めば必ず何かもらえる。しかも、ロゲイニングを除けばほとんど無料のイベントだ。さて、今シーズンはいくつ応募できるか?

■STRAVA


スタンプラリーシーズンスタート [泉州2イベント] | ライド | Strava

■Ride with GPS

スタンプラリーシーズンスタート [泉州2イベント] – でのサイクリング 堺市, 近畿地方

■CyclemeterGPS

cyclemeter221022

CyclemeterGPSの記録

スタート: 2022/10/22 6:22:35

自転車完了: 2022/10/22 11:30:14

バイクタイム: 2:44:48

停止時間: 2:22:46

距離: 70.52 km

平均スピード: 25.67 km/h

登り: 530 m

カロリー: 2104 kcal

平均心拍数: 137 bpm

最大心拍数: 179 bpm

平均ペダルペース:  63 rpm

最高ペダルペース: 144 rpm

今月の走行距離:  592 km

今年の走行距離: 7490 km

先月の走行距離:  716 km

昨年の走行距離: 8954 km

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑