2013/09/01:秋雨の 雲に続くか 上り坂 [2013ノリクラ参戦記・走行日]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2012/08/26:
2015/09/22:帰省ライド [堺-大和川-法隆寺-富雄川-枚方]
2015/07/18:汗落ちる 難路の上に 風車凪ぎ [淡路島社内ツーリング]
11/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2013/09/29:実りたる 稲穂と遊ぶ 赤とんぼ [明日香ツーリング]
2012/11/10:串柿の 隙間上りて 息上がり [串柿ツーリング下見]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2012/05/20:第15回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 観戦
2015/01/18:冬日和 駆ける銀輪 砂遊び [関西シクロクロス堺ステージ]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/08/01:溽暑の 峠の道に 朝陽射し [蔵王峠-鍋谷峠]
2011/05/15:しまなみ海道ツーリングPart3(2日目)
2013/05/25:海辺道 夏が吹き付く 南風 [淡路島合宿1日目(岩屋-洲本-由良-福良)]
2015/03/28:春告げる 声に呼ばれて 山登り [富田林寺内町-弘川寺-水越峠]
2015/07/04:梅雨明けは 遠し峠の 雨宿り [紀見峠-千早峠(金剛トンネル)]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/10/25:チームCARACLE平地練習 [加太往復ロングライド]
2015/05/23:トロッコ号 夏めく踏切 風と過ぎ [京都ライド2015]
2013/03/30:北蕾 南葉桜 島廻り [淡路島合宿下見]
2015/05/03:川端の 空覆いたる 鯉幟 [富田林寺内町-滝谷不動-観心寺-紀見峠]
2010/08/29:ノリクラ2010受付日
2014/06/15:延命寺
2015/09/26:明日香ロングライド [大和川-明日香-穴虫峠]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]
2014/09/07:2014ノリクラ参戦記・走行日
2011/05/14:しまなみ海道ツーリングPart2(1日目)
2012/08/26:
2015/04/11:花散らす 都路の風 背中押し [嵐山-東山ポタリング]
2015/07/12:止めどなく 汗滴り落ちる 峠道 [鍋谷峠-(通称)犬鳴峠]
2015/10/18:串柿ツーリング下見 [滝畑ダム-蔵王峠-三重の滝-鍋谷峠]
2015/06/28:雲間より 早苗待ち侘ぶ 朝日かな [竹内峠-葛城の道-水越峠]

波乱の激坂ツーリング2016 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]

161204_092716.jpg
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 波乱の激坂ツーリング2016 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]
Post to Google Buzz
Pocket

161204_065826今年は11/27に開催を予定していた「串柿&激坂ツーリング2016」は、一日中見事までの雨で中止を余儀なくされた。12月に入ると串柿の景色は期待できないので、順延もできず、「串柿」ツーリングは来年に持ち越しすることにした。

それでも、翌週に走りに行かないかとお誘いもあり、私自身も悔しいので今日同じコースを走ることにした。もはや「激坂」しか期待できないも関わらず、6人が参加を希望。

ところが、またもや雨の天気予報(涙)。かなり迷ったが、午後早い時間までは雨は降らないようだし、今回は経験豊富な参加者ばかりだったので、開催を強行することにした。

主集合地点の荒山公園に向かう途中で行く手の山々を眺めると、まだよく晴れていた。写真を撮っていると通りかかったのは、前週参加予定だったYさん。今日は昼前から用事があるので参加できないが、用事の前に鍋谷峠を往復してくるとのことだった。

161204_0730447時過ぎに荒山公園に到着して、しばし待機。次々と参加者が集まってきた。輪行組のプレ集合地点であるJR鳳駅には近所の友人が迎えに行ってくれており、7:25頃には輪行組2人を連れてやってきた。輪行組は滋賀県野洲市から参加のM輪さんと、埼玉県春日部市から来てくれたN田さん。どちらも学生時代からの付き合いの乗鞍仲間だ。

集合時間の7:30までには私を含めて7人の参加者が集まった。輪行組と近所の友人以外は、同僚のテック・ワン社員が2名(うち1名は最近入社した新人)と、服部産業のH本さん。雨が降り出す前に帰ってくるために、今日は急ぎ足の運営をお願いし、簡単に自己紹介して早々に出発した。

まだ良く晴れた青空の下、まずは府道61号線の東側を並走するルートを進み、片倉交差点で左折してまずは脚試しの上り坂。府道38号線と合流してさらに上っていき堺市と大阪狭山市の市境付近で右折して天野街道に入る。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 波乱の激坂ツーリング2016 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]
Post to Google Buzz
Pocket


革サドル検証ライド・・・ということにしておこう [竹内峠往復]

161128_084444.jpg
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 革サドル検証ライド・・・ということにしておこう [竹内峠往復]
Post to Google Buzz
Pocket

昨日予定していた串柿&激坂ツーリング2016は、残念ながら一日中見事なまでの雨で中止。今日は代休を取っていたが、一転して晴れ予報(だった)。せめて週一回はトレーニングライドをしておこうと5時起床で出走準備をしていたら、天気予報が「今日はすっきりしない空模様」と変化していた。それでも雨が降るとまでは予想しなかった。

6:30頃にさあ出発しようと自転車を動かすと、後輪がペシャンコ(^_^;)。

ともかく、パンク修理。昨日リムテープを交換していたので、何らかの不適合があったのかと気になるところ。チューブを確認するとやはり内側のパンクだったが、接着式リムテープはニップルホールをしっかり覆っている。

確かな原因はわからないが、過去にパンク修理したパッチのすぐ脇に穴が開いており、同じ原因である可能性が高い。とは言え、手で周辺を触ってもパンクの原因になるような突起は見つからない。確かな原因は不明だが、パンクした近辺にリムテープをさらに2枚重ね張りして四重にしておいた。

いきなりヤル気を失う展開だったが、あとで思えばここでヤル気を失って出走を断念した方がよかったのかもしれない・・・。

仕切り直しで7時過ぎに出走。昨日装着したブルックス スイフトは、出走直後に少し角度前後位置を調整したが、久々に座ると驚くほどソフトでお尻に優しい。むしろ、力が逃げることを感じるほどだ。これなら100kmでも200kmでも来いという気分になり、ロングライドでは強い味方になるだろう。

コースに悩んでいたが、ブルベを目指してロングライド能力も鍛えたいし、登坂能力が衰えているので峠も登りたい。雨上がりなので、交通量の少ない峠道はまだ路面が濡れているだろう。そんな訳で、今日は竹内峠を越えて大阪府を脱出し、水越峠を越えて帰ってくるつもりで出走した。

平日の出勤時間とあって街中は交通量が多いが、順調に東に向かう。前回誤動作したWahooのスピードセンサーの電池を交換したら、序盤はどうやら正常に動作していた。ところが8kmほど走った菅生神社付近でまた100km/h超の速度を計上し、やはり様子がおかしい。正常に戻る気配がないので、今回も途中で旧センサーに切り替え。

太子町町役場付近で竹内街道に入り、道の駅近つ飛鳥の里太子付近で国道166号線に入って竹内峠を目指す。心拍数も170程度まで上がって、そこそこトレーニングになるかな・・・と思っていたら、間もなく峠という地点で前輪に違和感。

161128_083417・・・今度は前輪がパンクだ。「STAN’Sのリムテープ、全然ダメやん」と毒づきながら、数百メートルを押して竹内峠に到達。

161128_084444161128_084832峠でパンク修理を始めたが、幸か不幸か今回はリム側からのパンクではなかった。

パンク箇所のタイヤをチェックすると、白いガラス片のようなものが刺さっていた。

ヤル気を失ってのろのろと作業していたら、パラパラと雨が降ってきた。慌ててチューブを交換して荷物をまとめる。タイヤに空気を少しだけ入れて歩いて大阪側へ引き返し、雨宿りできる場所を探した。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 革サドル検証ライド・・・ということにしておこう [竹内峠往復]
Post to Google Buzz
Pocket


TORACLE長距離仕様へ

161127_134614.jpg
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE長距離仕様へ
Post to Google Buzz
Pocket

今日は毎年恒例の串柿&激坂ツーリングを開催する予定だったが、見事に終日雨・・・。

12月に入ると串柿は出荷が始まり寂しくなっていくので、今日がラストチャンスだったのだが、主催者の雨男パワーが遺憾なく発揮する展開になった。止む無く本日の開催を中止したが、要望があったのと、私も悔しいので来週日曜に予定コースを走ることにした。もはや串柿は期待できないので、「串柿&激坂ツーリング2016」改め、「激坂ツーリング2016」を一部の参加者とご一緒することになりそうだ。

・・・今度こそ晴れろよ。

161127_133357そんな訳で、今日はCARACLE-S 2016モデル試作車の「TORACLE(虎来る號)」いじり。

当面レース系イベント参加の予定がないため、すっかりトレーニング&ツーリング仕様になっているTORACLEだが、サドルは借り物のフィジーク アリオネ R1のままだった。超軽量で、サドル上でお尻を動かしやすいので、決戦用としては大いに威力を発揮したが、先日の串柿&激坂ツーリングの下見のように長距離を走るとお尻が痛い。股に出来物ができてしまい、通勤でも痛む始末。

年明けにはブルベ出場も考えているので、これからは距離を伸ばす方向に舵を切るつもりでもあり、お尻に合うサドルが必要。アリオネもかなり気に入っていので、アリオネの幅広タイプ(ラージ)も試してみたいが、サドルは長距離を走ってみないと合うかどうかわからないのがツラいところ。高価なものだけに、そう簡単には購入できない。

161127_134614そこでひとまずは手持ちのサドルで一番お尻に合っている、ブルックス スイフト チタンレールを装着した。チタンレールモデルは390gで、革サドルとしては超軽量。ひと昔前はロードサドルと対して変わらない重量と言えたが、今となっては150gのアリオネR1と比べると重量級だ。悩ましいところだが、200kmブルベでもお尻に痛みが出なかったスイフトなら安心して長距離に挑める。

161127_140030次の作業は、前職の新商品BIKE’N ROLL Vブレーキ取付ライトホルダーの装着。TORACLEはエアロ形状のカーボンハンドルバーを装着しているので、ライトなどのアクセサリーを装着するスペースがほとんどない。これから夜の長いシーズンだけにライトを装着する方法に悩んでいた。

ハンドルバー前方にアクセサリー装着バーを付ける方法も考えているが、iPhone用の台座との干渉が発生する恐れがある。まずは干渉の恐れのない位置に装着してみることにした。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLE長距離仕様へ
Post to Google Buzz
Pocket


串柿ツーリング試走 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]

161123_102215.jpg
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 串柿ツーリング試走 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]
Post to Google Buzz
Pocket

ほぼ毎年の恒例になっている串柿ツーリングは、今週末の11/27(日)に実施予定。とは言え、サイクルモード(出展)にスズカエンデューロ(出場)、雨漏り工事と今年は(も?)11月が多用で、日程だけは決めたものの準備もろくにできていない状態。

とても大々的に募集できる状態ではなく、少人数でこじんまりと実施の予定。とは言え、さすがに試走もしていないのは起こしいただく方に申し訳ないので、先週日曜もに時間を確保した。しかしながら、土曜の雨漏り工事の後始末が残っており、疲れもあって、出走を断念した。結果としては天気も良くなかったので、取りやめて正解だったようだ。

161123_070946直前になってしまったが、本日仕切り直しで、7:00過ぎに出発。先日前輪に装着し直したWahoo!のスピードセンサーの様子を見ていると、出走直後からいきなり時速135km/hを表示した(^_^;)。しばらく様子を見たが、正しい速度を表示しないようなので、やむ無く、これまでのキャットアイ製スピード&ケイデンスセンサーに接続し直した。せっかく入手したが、今のところ正常動作しないようで、困ったものだ。購入直後ではあるが、バッテリーを交換してみるか?

161123_0720587:20頃に集合地点の荒山公園西側のP3駐車場を通過。開場時間は正式には7:30からだが、すでに入場可能な状態だった。夏場は7時前から開いているが、この時期も少し前倒しされているようだ。

府道61号線の東側を並走するルートを進み、片倉交差点で左折してまずは脚試しの上り坂。ノリクラ以降は平地や山麓の練習ばかり本格的なヒルクライムをしていなかったので、こんな小手試しでも結構ツラい。今日は無理せずのんびり上ることにした。

161123_074625府道38号線と合流してさらに上っていき堺市と大阪狭山市の市境付近で右折して天野街道に入る。大阪狭山市、堺市、河内長野市が接する地点が、ひとまずのピーク。ここにあるのが穴地蔵。

161123_075250161123_080643尾根上の天野街道を進んでいき、ひと下りすると田畑を見下ろしながら進む平坦な細道。

下里総合運動場の脇で天野街道を外れて国道170号線旧道に入り、同バイパスに抜ける細道に初挑戦。

予想以上に細道で、急勾配やダート区間があったので、本番で通るかどうか? 参加者の意見を聞いて、昨年通ったルートなどに迂回するかも。

161123_081024国道170号線バイパスに出て、山中に入る前の最終買出しポイントのコンビニ前を通過。

実はこのコンビニに寄るために少し迂回することになる。とは言え、この後は滝畑ダムの奥にちょっとした売店があるが、お菓子や土産物程度しかないし、9時前には開いていなかった。

他にめぼしい買い出しポイントもないので、ここで昼食を入手して携行してもらうつもりだ。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 串柿ツーリング試走 [蔵王峠-串柿の里-鍋谷峠]
Post to Google Buzz
Pocket


TORACLEスズカ決戦仕様解除&新スピードセンサー

161120_131410.jpg
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLEスズカ決戦仕様解除&新スピードセンサー
Post to Google Buzz
Pocket

161119_102710サイクルモードとスズカ8時間エンデューロが終了し、大きなイベントは一段落。今週末は久々に家でのんびり・・・とはいかず、雨漏り工事の立ち会いや季節品の入れ替えなど、溜まっていた仕事の片付けに追われた。

その合間に、TORACLE(虎来る號)を山に上れる平常仕様に復帰させる作業を行った。

161119_103320161119_105155デュラエース10Sチェーン(CN-7901)を外し、KMC X10SL ゴールドを復活。CN-7901外したフィルタークリーナーと一緒にボトルに入れてシェイクしてクリーニング。水洗いと注油をして保管。

フロントチェーンリングは53Tから47Tに交換。

リアのカセットスプロケット(CS-6700)も11-25Tから11-28Tに交換してギア比をロー&ワイドレシオ化。

161119_114033前後マッドガードの取付台座も装着。リアはサスペンション後部とリアフォークを繋ぐボルトをチタン化していたが、ステンレス製ロングボルトに交換してマッドガード取付台座を装着。

161119_133800ボトルケージ、バックミラー、リフレクター、フロントバッグ用のリクセン&カウルアタッチメントなどを装着し、平常仕様に復旧した。

しばらくトレーニングは近郊ばかりだったが、これで安心して山中の峠道に分け入る事ができる。遠出をする際には、防寒着や予備パーツ類、救急キット等を携行しないと不安だ。

新装備として、スズカエンデューロ前日にセンサーマグネット不要のスピードセンサーが入手できた。

CARACLE-Sは20インチ車なのにリアセンターがロードバイク以上に長いため、通常のスピード&ケイデンス一体型センサーは両者のマグネットが離れて使用に難がある。スピードセンサーとケイデンスセンサーが別れたマグネット式センサーも見つけたが、欠品していたり、電池交換不能だったりと難点があるし、フレーム形状の特殊なCARACLE-Sへの取り付けにはマグネットの装着に工夫が必要なことが予想できた。

wahoospeedモーションセンサー式ならマグネットとの位置関係を気に病む必要はなく、クランクやハブ軸に装着するだけで済む。そこで、Bluetooth+(4.0)式のモーションセンサー式ケイデンスセンサーを使用していたのだが、それと対になるスピードセンサーがWahooから発売されたことに春頃から気付いていた。

ハブ軸に巻きつけるモーションセンサー式のセンサーは、GARMIN製がすでに存在するが、これはANT+専用。私はiPhoneで走行データを管理しているので、Bluetooth+(4.0)対応を待ち望んでいた。

日本代理店がさっぱり発売してくれないのでヤキモキしていたが、今回友人がアメリカから自転車用品を購入する際についでに手に入れてもらった。

スズカエンデューロにギリギリ間に合った、と思ったのだが前日装着してみると、ペアリングに苦戦し、ようやく繋がっても、スピードの値がゼロままで検知しない、と思ったら260km/hなどと表示されたりで、どうにも不安定。止む無く、スズカはこれまで通りのマグネット式スピードセンサー(正確にはスピード&ケイデンス一体型センサーの、スピード機能だけを使用)で出場した。

161120_132522操作不良の確かな原因は不明だが、後輪に装着したことは推奨外の使用方法だった。前輪装着が推奨されているものの、エンド幅74mmのCARACLE-Sの前ハブには付属の装着パーツが収まらなかった。

161120_130847161120_131410そこで、純正装着パーツを使用せず、本体のみをタイラップで縛り付けることを考えた。

とは言え何か滑り止めがないと、タイラップだけでは不安。振動も強く伝わるだろう。

ゴム片やスポンジを挟むことも考えたが、最終的に用いたのが家に転がっていた地震対策の粘着シート。

161120_130924AV機器などの固定に使用するゲル状のシートだが、これをカットしてセンサーの裏面に張りつけてからタイラップで固定した。これなら固定力に不安はないし、振動も吸収するはずだ。

難点は見栄えが悪いこと。もうちょっとキレイにカットできればよいのだが、ハサミやカッターではなかなか思うように切ることができない。ひとまずは動作を検証してから対策を考える。

前輪だろうが後輪だろうが、回転するのは同じはずなので、これで動作が正常になる見込みは低いようにも思われる。他の原因を含め、じっくり検証してみよう。

 

ご注意:本記事は、久行の個人的趣味とテック・ワンの技術検証を兼ねて行っているもので、同様のカスタマイズに対して安全性や耐久性を保証するものではありません(自動車会社のF1やワークスマシンみたいなものと思って下さい)。安全性に問題がなく、ご要望の多いものは純正品に取り入れる可能性もあります。興味のあるパーツや加工については、ご意見をお寄せください。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TORACLEスズカ決戦仕様解除&新スピードセンサー
Post to Google Buzz
Pocket


RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player