第1回ツーリズムバイク試乗会 under 玉手橋

240305_145705
3/5-3/8は毎年のごとくTAIPEI CYCLE(台北國際自行車展)出展と視察のため、台湾に出張していた。今回も自分たちでスーツケースに入れた展示車両を運ぶという、ツーリズムバイクを名乗るCARACLEシリーズらしい展開。

240307_084909
自転車産業振興協会の日本ブースへの出展も毎年のことながら、今年はオープンスペースだったのでより開放的で来場者から見やすいのか、声を掛けられることも多かったようだ。私自身は新製品探しや今年のトレンドを把握するために会場をひたすら歩き回っていたので、あまりブースにはいなかった。

240306_102750
E-BIKE一色だった昨年に比べると非アシストロードバイクやクラシック系車種、そして折りたたみ自転車も復活していたように感じた。とはいえ、ディスクブレーキのさらなる普及や電動変速の増加といったここ数年の傾向は、後戻りすること無く進んでいる。ディスクブレーキ用ホイールの前輪が左右非対称(右側ラジアル)なものや、細い支柱を組み合わせたカーボンコンポジットホイールがあちこちに展示されていたのが印象に残った。

240306_164926
TPUチューブが増えたことや、フリー機構の刷新をアピールするハブメーカーが多いこと、フル内臓ヘッドパーツがあちこちで提案されていたことも今年目新しい点だった。変わり種では自転車用空調服なんてのも展示されていた。

多くのメーカーが素材リサイクルへの取り組みをアピールしており、自転車にもSDGsへの取り組みが求められていることを感じたし、E-BIKE化により実現しやすくなった身障者向けモビリティ(ハンドバイク、トライクルなど)が多く展示されていたことも感じさせられた。

海外での出展に続き、本日は地元大阪でイベント。同僚I井さんの発案で、近場(大阪南部)でCARACLEの試乗イベントを開催しようということになり、色々検討してもらった結果、玉手橋下の石川河川敷で開催することになった。名付けて「第1回ツーリズムバイク試乗会under玉手橋」。第1回で人が集まらなければ第2回が開催されないまま消える可能性もあるが、あわよくばCARACLEに限らず他の自転車業者も集まるイベントに育てられればという目論見もあって、あえて「CARACLE」の名前は入れていない。

240310_095849
帰国直後の私は担当スタッフではなかったが、ちょっと顔を出すつもりで9:11にCARACLE-Sで出走した。東進して、石川も近づいく誉田御廟山古墳(応神天皇陵)の空は晴れ。風はちょっと強いが、屋外イベントで一番心配な雨の心配はなさそうだ。周辺は古市古墳群と呼ばれ、堺市百舌鳥地区の古墳群とともに世界遺産に認定されている。

240310_100541
藤井寺市に入り、道明寺天満宮の門前。菅原道真公由来の地だけあって梅林が有名だが、もう梅の盛りは過ぎているだろうし、なにはともあれ試乗会会場を見ておきたいの門前の撮影のみ。

240310_101154
すぐ先が近鉄道明寺駅。踏切を渡れば眼の前に石川の土手がある。

240310_101516
土手に上がると、「おっ、やってる、やってる」。玉手橋から見下ろす河川敷にCARACLEのテントが見える。

240310_101314
少し玉手橋上に入ると、こんな感じでよく見えた。公式には10時開始だが、この時点で10:13。すでに試乗希望者らしき姿も見える。

240310_102027
すぐにテントに行きたいところだが、先に次の開催のためにアクセス経路の写真を撮っておくことにした。先ほど道明寺駅から徒歩で来る方向けの経路は撮影したので、400mほど南下して星の広場臨時駐車場の入口まで  やってきた。ここが車で来る方の経路だ。ちょうど折りたたみ自転車の自転車乗りが2人通り過ぎていったが、テントに気付いて脚を止めてくれただろうか?

240310_102100
土手上の駐車場入口から駐車場のある河川敷を見下ろすとこんな感じ。

240310_102300
駐車場へのスロープで河川敷に降り、今度は自転車で南河内サイクルラインを走ってきた場合の経路を撮影。南から走ってくると、玉手橋の向こうにテントが見える。

240310_102801
やっとテントに辿り着くと、開始早々に何人もの自転車乗りが来てくれていた。

240310_104549
たまたま通りかかって脚を停めてくれた方もあるだろうが、わざわざこの試乗会のために来てくれたCARACLEオーナーや他の小径車ユーザーもいた。

240310_110257
眼の前がサイクリングロードなので、思う存分試乗できるのが良いところ。CARACLEオーナーや小径車ユーザーはもちろんだが、ロードバイクの方も「こんなに楽に坂を上れるとは思わなかった」「ロードと区別つかん」と、走行性能に驚いて頂けるのが嬉しい。

240310_110953
初開催だし、寒いし、来訪者は少ないと思っていたので、ちょっと顔を出して引き上げるつもりだった。ところが、予想以上の賑いで、担当スタッフだけでは厳しそう。これは帰れんな、と私も接客に加わった。

240310_113602
私に続いてフィリピン人スタッフのライアンもやってきた。金属加工部門の技能実習生だが自転車好きで、信貴山サイクルロゲイニングなどでも一緒に走っている。もっとも接客できるほど日本語が達者なわけでもないので戦力にはならないし、本人もちょっと顔出しのつもりだろう。このところの不摂生でちょっと太り気味で、今日も体調は今ひとつのようだが、滝谷不動近くまで行ってくると走り去った。

240310_123050
12:30ごろ道明寺駅前でおにぎりを買って車の中で頬張っていたら、外で「うわっ」叫び声。見るとテントが突風に吹き飛ばされて転がっていく。慌てて車から飛び出し、スタッフやお客さんも手伝ってくれて何とか抑え込んだが、新調したばかりのテントの支柱が曲がり、サドル掛けスタンドも破損。テントになぎ倒されたのだろうが、私や来訪者の自転車も倒れていた。一瞬の突風で、この前もこの後もこんな強い風は吹かなかった。この騒ぎの後急に暖かくなったので、冷たい空気と暖かい空気の境界で生じた突風だったのだろうが、痛い事態だった。

240310_143203
被害の少なかったテントひとつに重りを集中し、高さのある幟も畳み、風対策をして試乗再開。後始末ができた頃に引き返してきたライアンが、様変わりした会場の様子に不思議そうな顔。「お前は大事な時にいない!」と笑いながら難癖をつけられていた(笑)。

240310_164708
午後も次々と自転車乗りがやって来て試乗してくれ、愛好家の方々と楽しい時間を過ごした。結局私も最後まで立ち会い、撤収作業を終えて16:47解散。午前中は寒く、テントが吹き飛ぶトラブルもあったが、予想以上の盛況な試乗会だった。これなら文句なしに第2回の開催も行えるだろうし、他業者の勧誘時に実績を示せる。I井さんの言うように、(「under玉手橋」を略して)『アンタマ』と呼ばれるようなイベントになるといいなと。

私は倒れて少しハンドルが曲がったことに凹みながらCARACLE-Sで帰路につき、17:48に帰宅した。カーボンハンドルは方向を変えた繊維が何層も重ねられているので、ただちに折れることは無いだろうが、強度は確実に落ちている。近いうちにハンドルを交換しよう。

■STRAVA

第1回ツーリズムバイク試乗会under玉手橋 | ライド | Strava

■Ride with GPS

第1回ツーリズムバイク試乗会under玉手橋 ・ Ride with GPS

■CyclemeterGPS

cyclemeter240310
CyclemeterGPSの記録
スタート: 2024/03/10 9:11:04
自転車完了: 2024/03/10 17:48:32
バイクタイム: 2:17:29
停止時間: 7:08:10
距離: 30.91 km
平均スピード: 20.77 km/h
登り: 49 m
カロリー: 1001 kcal
平均心拍数: 126 bpm
最大心拍数: 166 bpm
平均ペダルペース:  66 rpm
最高ペダルペース: 137 rpm
今月の走行距離:  128 km
今年の走行距離: 1237 km
先月の走行距離:  531 km
昨年の走行距離: 7747 km

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

サイト内検索

アーカイブ

お友達ブログ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑