一年ぶりの自己記録更新 [鍋谷峠-紀見峠]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一年ぶりの自己記録更新 [鍋谷峠-紀見峠]
Pocket

さすが自転車月間というか、今日はツアー・オブ・ジャパン(TOJ)堺ステージの観戦イベントやシクロジャンブルTADA集まれ、といったいくつもの自転車イベントのお誘いがあった。とはいえ、先週末はTORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)が走れない状態だったし、上海出張の疲れもあってトレーニングを休んでいる。

今週末も昨日は出勤日だったので、トレーニングのチャンスは今日しかない。前後ディレーラーの交換で復活したTORACLE-COZの試走もしておきたいので、イベントは不義理をして鍋谷峠に行くことにした。

しばらく前から服部産業のH本さんにお誘いを受けていたので、ご一緒することにした。ちなみに、COZの復活に協力してくれた近所の友人は昨日からブルベ600km参加中。

6:30過ぎに自宅を出走して、近所のコンビニでH本さんと待ち合わせ。カフェイン(コーヒー)を注入して、7時前に再出走。身体がちょっと熱っぽかったが、脚はまずまず回っている。やや雲が多い目ながら晴れた空の下を和泉山脈に向かって南下していく。

190519_074918山麓の父鬼集落下の温度計は8時前ですでに20度と、すっかり初夏の気温。湿度も高めでショートスリーブジャージとレーパンでも寒さは感じない。

ところが、温度計の下の看板の通り、今日はリフレッシュ活動のため国道480号線旧道が規制されるよう。「国道480外」という意味がわからないし、「通行止」と明記されているわけではなく「車両等の交通規制依頼」という記載が曖昧。軽車両(自転車)まで止められるのかはわからないが、いずれにしても規制開始の9時までには上り切れるだろうと、先に進んだ。

毎度のごとく製材所前の鍋谷橋からアタック開始。序盤はペースを抑えて、というかもうひとつ脚を回せず心拍数は160bpm半ば程度。前回同様に、できるだけシッティング比率を高めてやや重めのギアを踏み込みながら上る。傾斜が急になるところもギリギリまでシッティングでしのぎ、ダンシングは最小限にするよう心がける。

H本さんは例によって斜め後ろに張り付いているので、手は抜けない。中盤からは脚も回り出し、心拍数も170bpm台に上がってきたが、175bpmを越えないように意識した。気温も湿度も高めなので、汗が吹き出しポタポタ落ちていく。

190519_083018久々に長時間170bpm台をキープしたので、苦しい。ちょっと油断すると160bpm台に落ちてしまうので、必死でペースを維持する。後半は踏み込む余裕がなくなり、腰の痛みも強くなってきたので、ダンシングの比率も高くなってきた。それでも終盤にペースを上げていき、最後は心拍数を186bpmまで上げて鍋谷峠にゴール。

最後は久々に苦しく、脚を緩めたくなったが、何とか踏ん張った。ゴール後はしばらく手がしびれて、荒い息が収まらなかった。

心拍数を190bpm以上にまで上げられなかったので、数値上は追い込みきれなかったとも言える。それでも、タイムはなんと25分34秒と、ほぼ1年前にCOZで初めて上った際に出した鍋谷峠の自己ベストタイムをわずか9秒ながら更新した。昨秋以来、仕事が忙しかったことや、大腿骨のチタンボルト抜取り手術などで、思うように自転車に乗れなかった。峠トレーニングもスタートが遅れたので現時点でのタイムに期待はしていなかったが、過去最高記録が出たことは良い材料だ。

年齢的にも自己ベストを更新するのは年々厳しくなっているが、CARACLE-COZとH本さんの指導のお蔭で50歳になっても記録が更新できた。前半にセーブして(全力を出せなかった)、シッティング主体で上ったことが功を奏したのかは不明だが、走りがギクシャクしていたことを自分でも感じていた。H本さんも、シッティングで引っ張りすぎて、踏めなくなってからダンシングに切り替えることで疲れが溜まっていったように見えたとのこと。現時点ではあえて「シッティング縛り」などの不効率な走りをするのもありだろうが、最終的に長い上りでは省エネ走法が一番早い。効率の良い走り方の練習もしていかなければならないだろう。190519_084130時間はまだ8:30で、交換したディレーラーもまずまず快調なので、和歌山側に下ることにした。ちょっとRDのシフトアップがもたつくように感じるので、後で調整をしてみよう。

和歌山側に下った後は、西に行くか東に行くか? 良いタイムが出たと言っても持久力はまだまだ自信がないし、いつも以上に力を出し切って消耗しているので、和泉葛城山を上り返す自信はない。さらに西へずれるとかなりのロングコースになる。結局、最も楽に帰阪できそうな紀見峠を越えることにした。

190519_092158長いダウンヒルを紀の川沿いまで一気に下り、国道24号線に出て東に向かう。ところが、ちょっと強めの風が前方から吹き付けてきた。H本さんに引いてもらっても消耗した脚でついていくのがなかなか大変だった。

190519_09442013kmほど東進して、橋本市街地の手前で国道371号線バイパスに入って北上。紀見峠へ向けて上り始める。

きれいなまっすぐ道なのだが、暑さを感じる日差しの中で単調な登りは疲れる。今はまだ良いが、真夏の昼どきに上るには辛いルートだ。

紀見トンネル前で旧道に入ってホッとする。日陰の多いつづら折りの方が、自転車には気が楽だ。

190519_101908二本目の峠はそれなりに辛かったが、10:20頃紀見峠到着。ここまで来ればホッとする。昼が近付いているのだが、次第に雲が増えてきて、暑さは一段落してきた。

旧道を下って紀見トンネルの反対側で新道に合流。すぐに再びバイパスと旧道が分かれるので、旧道を下っていく。河内長野駅付近で道なりに国道310号線に入り、途中でH本さんとお別れして帰宅したのは11:30前。

COZも復活したし、峠2つを交えた90km近いルートを午前中で走れたことはまずまず。ようやく身体も平常モードに戻ってきた感があるので、これから3ヶ月、ノリクラに向けて精進を重ねていくつもりだ。

■コースマップ

190519 一年ぶりの自己記録更新 [鍋谷峠-紀見峠] – ルートラボ – LatLongLab

■#relive

relive190519
Relive ‘190519 一年ぶりの自己記録更新 [鍋谷峠-紀見峠]’

■本日の走行記録(自転車)

cyclemeter190519CyclemeterGPSの記録
スタート: 2019/05/19 6:33:12
自転車完了: 2019/05/19 11:24:36
バイクタイム: 3:41:23
停止時間: 1:09:56
距離: 87.76 km
平均スピード: 時速 23.78 km/h
登り: 1025 m
カロリー: 2739 kcal
平均心拍数: 135 bpm
最大心拍数: 186 bpm
平均ペダルペース:  61
最高ペダルペース: 141 pm
今月の走行距離:  543 km
今年の走行距離: 3497 km
先月の走行距離:  760 km
昨年の走行距離: 7965 km

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一年ぶりの自己記録更新 [鍋谷峠-紀見峠]
Pocket

コメント

  1. […] けたので、今週末も鍋谷峠に向かうことにした。H本師匠のご指導のお蔭で1年ぶりの自己記録更新を果たした先週に続いて今週もといきたいところだが、体調はもうひとつでアプローチか […]

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player