炎暑は続くよ、どこまでも [鍋谷峠2本]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 炎暑は続くよ、どこまでも [鍋谷峠2本]
Pocket

地震に豪雨に連日の35度超えとトレーニングに集中しづらい状況が続く大阪だが、ノリクラ本番は刻々と迫ってくる。あと3週間、できるだけのことをやるしか無いので、今週も当然ヒルクライムトレーニング。

180805_055833今日は5月に続いて服部産業のH本さんにご指導頂くことになった。6時に近所のコンビニで待ち合わせたが、10分前に到着すると、すでにH本さんはWilierゼロセッテで待機中。TORACLE-COZ(CARACLE-COZ試作車)の私はカフェイン(コーヒー)だけ注入させてもらって鍋谷峠に向かって出走した。

180805_065446行く手の和泉山脈は相変わらずの青空の下に立ちはだかっている。朝から気温も高いが、少しは暑さに慣れてきたのか、最近はひと頃より身体も動くようになってきた。

180805_070552製材所前の鍋谷橋で小休止。毎度のごとくここからアタックを開始した。 このところもうひとつタイムが伸びなかったが、今日はいつも以上に気合を入れてアタックをかけた。

とは言え、やたらと飛ばしても続かない。序盤は慎重にペースを上げていき、心拍数を170bpm台に持っていく。180bpmを超えないことを意識して、ペースの維持に努めた。今回もH本さんは斜め後ろにピタッと付いているので、気は抜けない。

恐らく、中盤まではまずまずのペースだったと思うが、終盤でやや失速。ラストスパートのペースも上がらないうちに、後ろから来たロード乗りに後ろに着かれた。峠まで数百メートルでスパートを掛けたロード乗りが私を抜いていき、H本さんもそれに着いていき置いてきぼり。必死で追いすがるが引き離されるばかりで、眼の前の峠がなかなか近付いてこない。

180805_0741527:40頃、鍋谷峠に到着。心拍数は184bpmまでしか上げられなかったが、ゴール後はしばらく息が上がって自転車から降りることもできないほど。タイムを確認すると25分45秒。残念ながら前回H本さんと上った時より2秒遅れたが、ベストタイムに近い数字が出た。終盤の失速が悔やまれるが、中盤まで少しペースダウンした方が良かっただろうか?

峠でしばらくへたりこんでいると、顔の広いH本さんのお知り合いが何人も上ってきた。ブヨが多いのでのんびりもできず、息が落ち着いたところで、和歌山側に下り始めた。かなり消耗したのでちょっと迷ったが、この時期は少しでもトレーニング強度を上げておきたいので、このまま帰路につくでは物足りない。と言って、他の峠を上り返すには気温が高すぎるので、鍋谷峠をもう一本上ることにした。

180805_075058下りの爽快さは夏場の醍醐味。最近は紫外線を避けるために夏場もロングスリーブ、ロングパンツの方も多いが、個人的には夏場唯一の楽しみを味わえないのはもったいないと思う。

鍋谷峠の和歌山側は木々が開けて展望が良い。つまり陽が当たるということで、上りは暑いということ(^_^;)。

広口の集落まで下って旧道に入り折返し、大宮神社前で小休止してから、再び鍋谷峠を目指して上り始めた。早朝8時過ぎとは言え、予想通りに暑さは厳しい。今回は全力アタックをする元気は残っていないので、H本さんと話しながらのんびり上った。

ちょうどたくさんのランナーが上っており、挨拶しながら抜いていく。我々も人のことは言えないが、この暑さの中を走って上っていくのは大変そうだ。

180805_084630後半は少しペースを上げたが、1本目に比べればのんびりしたペースで8:45頃本日2回目の鍋谷峠に到着。気温23度は下界に比べれば天国だが、ゴール直後は汗が吹き出す。

180805_085026小休止していると、抜いていったランナーが次々とゴールしてくる。聞けば岸和田から来られたグループとのことで、特に上位でゴールした方々の引き締まった身体はさすが。

自転車と違って下りの方が大変ですね、とやり取りしてから、我々は大阪側に下って帰路についた。

180805_092432帰路は新道をひとのぼりして小川大野トンネルを越えるルートを取った。父鬼集落まで下っただけでもかなり暑かったが、平地に降りると暑さはさらに厳しさを増した。

槇尾中学校横のコンビニに寄ってガリガリ君投入。考えてみれば今季初だった。このコンビニにたくさんの自転車乗りがいたが、声を掛けられたのはサイクルショップ金太郎の内之倉店長。マトリックスパワータグのプロ選手を交えて、これから鍋谷峠に上るとのこと。この暑さの中で大勢を引率するのは、お疲れ様です。

上がる気温と戦いながら家路を急ぎ、途中でH本さんと別れて帰宅したのは10時過ぎ。距離は知れているが、この暑さの中で峠を2本上れたのはまずまず。厳しい環境だが、ノリクラ本番までできるだけトレーニングを重ねていこう。

 

■コースマップ

180805 炎暑は続くよ、どこまでも [鍋谷峠2本] – ルートラボ – LatLongLab

 

■#relive

relive180805
Relive ‘炎暑は続くよ、どこまでも [鍋谷峠2本]’

 

■本日の走行記録(自転車)

cyclemeter180805CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2018/08/05 5:47:43
 自転車完了: 2018/08/05 10:06:54
 バイクタイム: 3:15:50
 停止時間: 1:03:16
 距離: 69.94 km
 平均スピード: 時速 21.43 km/h
 登り: 1128 m
 カロリー: 2140 kcal
 平均心拍数: 126 bpm
 最大心拍数: 184 bpm
 平均ペダルペース:  59 rpm
 最高ペダルペース: 150 rpm
 今月の走行距離:  177 km
 今年の走行距離: 5261 km
 先月の走行距離:  789 km
 昨年の走行距離: 8853 km


Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 炎暑は続くよ、どこまでも [鍋谷峠2本]
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player