暑暑暑暑暑 今年は梅雨の 早仕舞い [鍋谷峠往復]

平日の仕事で疲れてはいるが、明日日曜は降水確率が高い予報なので今日走ることにした。5~6月の週末ライドは全て日曜だったので、実に9週間ぶりの土曜ライド。TORACLE-COZ2(CARACLE-COZ DB)で6:24に自宅を出走し、近所のコンビニで友人と待ち合わせ。

220702_065459
観測史上最も早い6/28に梅雨明けが発表され、今週はとんでもない暑さだった。今日の最高気温は昨日より3度も低い予報だが、それでも35度。朝からのうだる暑さに、遠出は危険と判断。手短に鍋谷峠の往復だけ行うことにした。

220702_071743
すでに凄まじい暑さだが、それでも自転車乗りは結構いる。デュラエースの最新モデルR9200を装着したTREKに抜かれ、オッとなる。友人もほぼR9200化しているが、それだけにライバル意識に燃えたのかもしれない。しばらく追走したが、信号待ちで引き離された。

220702_074501
府道61号線に合流して(私称)南楽園峠を越えて和泉市に入り、国道170号線旧道に入る通い慣れたルートを辿るが、まもなく国道480に入る地点で後輪に違和感……パンクだ。

先週まで8ヶ月もパンクがなかったのに、今度は2週末連続だ。先週のパンクの原因がタイヤに残っていたのかと思ったが、今回はタイヤバルブ付近の剥離によるものでチューブ側の不具合(劣化?)によるものだった。全く別の原因で、どうやらまたパンク神が居付いてしまったようだ。時間が惜しいし暑さの中でポンピングする気力もなく、CO2ボンベでエアー注入。13分の停車で再出走した。

220702_080830
和泉山脈の麓の父鬼までやって来たのに、集落下の定点観測地点の温度計は8:08ですでに28度を表示(点滅していて画像に写らなかった)。

220702_084309
その少し先の南横山八坂神社には何台も車が駐まり、地元の方々が慌ただしく出入りしていた。年配女性に声を掛けられお話を聞くと、明日はお祭りなので準備をしているが、見慣れないオートバイが2台駐車場を塞いでいて困っているとのこと。ナンバープレートを曲げていたり、あまり真っ当な持ち主では無さそうなので、駐在所で相談することをお勧めした。

そんなこんなで停車が長くなったが、ようやく鍋谷アタック開始。と言っても、久々のヒルクライムでこの暑さでは、とても全力アタックする気力がない。心拍数150bpm台ののんびりペースで淡々と上っていく。それでもすぐに汗が吹き出し、ポタポタ落ちていく。

220702_090110
八坂神社で地元の方と話をしていて飲料俸給を忘れていた ので、久々に途中の水場で補給。

220702_092146
終盤でラストスパートすることもなく、淡々と走って09:20に鍋谷峠着。タイムは33分02秒とのんびりしたもの。

220702_094648
のんびりペースで運動量は大したことないのに、汗だくになり、座り込んで小休止。補給食をかじっているうちに、友人もゴールしてきた。

220702_101640
小休止して帰路についた。父鬼集落からは小川小野トンネルのある新道を乗り越えた。短時間だがトンネルの中は涼しかった。

220702_103841
復路はまさに灼熱地獄。暑さに苦しみながら深井まで戻り、友人宅に立ち寄ってから帰宅したのは11:20だった。私はとても遠出をする気になれなかったが、鍋谷峠を越えて行く自転車乗りも多かった。みんな元気だ。

■STRAVA


暑暑暑暑暑 今年は梅雨の 早仕舞い [鍋谷峠往復] | ライド | Strava

■Ride with GPS


暑暑暑暑暑 今年は梅雨の 早仕舞い [鍋谷峠往復] – でのサイクリング 堺市, 近畿地方

■CyclemeterGPS

cyclemeter.com_20220703_063244
CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2022/07/02 6:24:29
 自転車完了: 2022/07/02 11:20:29
 バイクタイム: 2:38:43
 停止時間: 2:17:07
 距離: 59.85 km
 平均スピード: 22.63 km/h
 登り: 657 m
 カロリー: 1833 kcal
 平均心拍数: 129 bpm
 最大心拍数: 171 bpm
 平均ペダルペース:  60 rpm
 最高ペダルペース: 124 rpm
 今月の走行距離:   86 km
 今年の走行距離: 4687 km
 先月の走行距離:  781 km
 昨年の走行距離: 8954 km


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑