勝手に梅雨明け宣言 [千早峠(金剛トンネル)-竹内峠]

先週末は1回めの新型コロナワクチン接種のため、遠出はお休み。平日は雷や豪雨など梅雨末期の荒れた天候が続いたが、今朝は周辺に雨雲は見当たらず、6:25にTORACLE-COZ 2(CARACLE-COZ DB)で自宅出走。

210717_064515
最低気温24度となれば出走時から結構暑い。寝苦しかったこともあってか身体がだるく、重い脚を回してひとまず国道310号線を河内長野駅方面へ進路を取った。雲はやや多いが、晴れと言って良い天気。東風が強めのこともあってか行く手の金剛山地の稜線もくっきり見える。

210717_070135
調子が上がらないままダラダラ走っていたら、立て続けに2台のロードに抜かれた。追走する気力もなく、見送る。

210717_071348
体調がもうひとつのところを暑さで消耗し、早くも疲れ切って河内長野駅付近のコンビニで大休止。カフェイン注入は今季初のアイスコーヒー。

210717_072450
気は重いながらも河内長野駅裏手の諸越橋で石川を渡って、千早峠(金剛トンネル)に向けてヒルクライム開始。

210717_074941
それでも少しはカフェインが効いてきたか、次第に身体が動き出した。 少々の傾斜の変化はダンシングで踏み込んで突破できる。

210717_080210
最後の集落石見川まで上ってきても気温は23度もある。汗の量はさほど多くないが、これはまだ身体が暑さに適応していないせいだろう。暑さに慣れて代謝が上がってくれば、汗がポタポタ滴る気温だ。

210717_081731
8:17に千早峠(金剛トンネル)に到着。タレることはなかったが、心拍数は175bpmを越えることはなく、単に追い込んでいなかったからとも言える。50分45秒というタイムは前回よりも約4分半も遅い。

210717_081810
見上げると青い空と白い雲はまさに夏空。標高約700mの峠でも日なたは暑い。近辺で草刈り作業をしており、落ち着いて休める状態でもなかったので写真だけ撮って奈良側に下り始めた。

210717_082340
ちょっと雲が多いが、五条市街を見下ろし、吉野山地の稜線までくっきり。コントラストが高い、夏の風景だ。

210717_082730
山腹のヘアピンカーブで座り込んでひと休み。暑さで食欲も無いが、意識的に水分と携行食を口にして、先に備える。今日はヘアピンカーブでの分岐で国道を離れて、急坂を下っていく。

210717_083947
ひと下りすると、山腹をアップダウンしながら山間の集落をつなぐ道が続く。五條から北に向かう際には近道になるので時々通る。トレーニングになる道ではないが、日陰が多いし、車がほぼ来ないので、のんびり走るなら山里の風景を楽しめる。

210717_084133
短いながらも、こんな激坂のアップダウンがいくつか続く。

210717_084545
このところの荒れた天候のせいだろうが、路上に枝葉が散乱した区間もあった。

210717_085550
久留野町付近で県道261号線に合流。このまま進むと最も短距離で北に向かえるが、アップダウンと交通量が多いので、調子の上がらない暑い日に通る気にはなれない。

210717_085613
少しだけ北進してから山を下る分岐に入り、北宇智大橋東詰交差点で国道24号線に合流。

210717_090009
少しだけゆるい坂を上ると、一面の水田の向こうに金剛山を見晴らす絶景。

210717_090156
吉野川(紀の川)水系と大和川水系を分ける分水嶺であるこの峠は「風の森峠」と呼ばれ、古来の下街道とも重なるルートだ。

210717_090714
峠の反対側を下っていくと、奈良盆地を見下ろす気持ちのいい風景。普段は交通量の少ない県道120号線に迂回することが多いが、たまには国道24号線も良いものだ。

210717_092659
奈良盆地に降りて国道309号線を越えたところで国道を外れ、ジグザグと北西に向かっていく。国道や県道のような主要道でなくても自転車の走りやすい道があちこちにあるので、ちゃんと体系化して把握しなきゃな、と思いながらも今日も適当に進んでいく。青々と茂った水田と夏空、くっきりした稜線の葛城山はこれも正に夏の風景。これはもう今日で梅雨明けだ、と勝手に決め、親しい友人たちにはこの画像と梅雨明け宣言を発信した。

210717_094609
うだる暑さの中をさらに北西に進んでいき、前回と同じように長尾神社の参道に入った。

210717_095702
神社を迂回するように回り込むと竹内街道に出る。あとはこれを辿って竹内峠に上っていく。

210717_100315
竹内集落の途切れたところで国道166号線に合流するが、すぐに旧街道への分岐(左)に入る。

210717_100704
鬱蒼とした山中をほぼ直登で上っていく道は傾斜も楽ではないが、ほぼ日陰だし、大型車の多い国道よりはマシ。荒れていた路面も清掃が入ったのか、前回よりは整っていた。

210717_101324
峠の直前で国道に合流し、竹内峠に10:13到達。

210717_103227
大阪側に下っていき、府道32号線に入って西進。水量の多い石川を渡る。

210717_105903
富田林の丘陵地帯を越えて、さらに西進。昼前には北野田駅付近が渋滞することが多いことを思い出し、ちょっと北側に回り込んでみた。ところが、Googleマップは未舗装や、かなりの遠回りを案内したりで効率が悪く、適当に走ったら随分効率の悪いルートになった。以前辿った北野田駅の南側ルートの方がまだマシかもしれない。こちらも細道続きでペースは上げられないが。

11:25自宅帰着。77kmとそれほどの長距離ではないが、元々体調がもうひとつだったのと、やはり慣れない暑さにかなり疲れた。帰宅してニュースを見ていると、気象庁も私のマネをして(笑)、近畿地方の梅雨明けを発表していた。明けたら明けたで炎天下のライドはツラいものだが、雨よりはマシだ。早く身体を暑さに慣らして、開催の方向で進んでいる乗鞍ヒルクライムに向けて上り練習に力を入れていきたい。現場の看板通りに7/20に鍋谷峠が開通してくれると良いのだが。

■STRAVA

勝手に梅雨明け宣言 [千早峠(金剛トンネル)-竹内峠] | ライド | Strava

■Ride with GPS

勝手に梅雨明け宣言 [千早峠(金剛トンネル)-竹内峠] – でのサイクリング

■CyclemeterGPS

cyclemeter210717
CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2021/07/17 6:25:54
 自転車完了: 2021/07/17 11:25:16
 バイクタイム: 3:42:28
 停止時間: 1:16:34
 距離: 77.27 km
 平均スピード: 20.84 km/h
 登り: 890 m
 カロリー: 2595 kcal
 平均心拍数: 130 bpm
 最大心拍数: 175 bpm
 平均ペダルペース:  60 rpm
 最高ペダルペース: 128 rpm
 今月の走行距離:  426 km
 今年の走行距離: 4475 km
 先月の走行距離:  834 km
 昨年の走行距離: 9412 km


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑