10か月振りの水泳

【mixi日記 及び 旧ブログ から転載したものです】

 先週のロングライド以来、左ヒザに違和感があって正座したりすると痛む。先週自転車だったので、今週末はジョギングでもと思っていたが、一週間たっても痛みが取れない。
 痛みの原因になった(であろう)自転車ライドも避けた方がいいだろうし・・・という訳で久々に水泳をすることにした。考えてみれば昨年12月に四十肩を患ってからはとても泳げる状態ではなかったので、ほぼ10か月振りだ。

 8月に子供とプールに行くには行ったが、その時点ではまだ痛くて泳ぐのはムリだった。最近、長期間のリハビリの甲斐あって、ようやく肩がかなり動くようになってきた。完治まではまだまだ時間はかかりそうだが、動かせるものなら水泳も効果的なリハビリになるそうだ。

 朝一番に乗り込もうと準備をしていると、子供らも行きたいと言うので一緒に大阪市営の某温水プールへ乗り込んだ。料金は大人700円、子供350円。堺の自宅から車で20分ほどかかるが、比較的空いているので泳ぎやすい。堺市には公営温水プールが少なく、唯一の市営温水プールは入場料が1200円もする。他にも光明池にプールのある府営の施設があるが、大阪市営より遠くなる。堺市にはもうちょっと頑張ってもらいたい。

 子供らを子供用プールに入れ、私は25mプールで泳ごうと思っていたが、係員に止められた。小学生以下の子供は親の付き添いが必要とのこと。安くはない入場料を払っているだけにトレーニングになるような泳ぎが出来ないのは参った。幼児ならわからなくもないが、小学生は監視員が見張って欲しいなあというところ。

 仕方なく、子供用プールに座って腕だけクロールや平泳ぎの動作をした。水深が浅いので難しかったが、体勢を工夫して肩の回旋運動を続けた。時々子供にジャマされながらも、小一時間腕を動かし続けたので関節のリハビリにはなっただろうし、腕の筋肉もかなり疲れた。

 とは言え、心肺能力と下半身の筋肉は全く使っていない。物足りないので、子供を先にプールから追い出してひと泳ぎすることにした。見学窓から子供が私を見ているのを確認してからクロールで泳ぎ始めた。

 左肩はやはりギクシャクするし、軽い痛みはある。それでも泳ぎ続けるのにそれほどの支障はない。今日は子供を待たせているの400mで終了にしたが、水泳はいいリハビリになりそうだ。自転車やランニングでは腕を上に上げることがないので、肩のリハビリにはならない。この調子なら、秋冬は水泳を増やした方がいいかもしれない。


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

サイト内検索

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


Back to Top ↑