チームCARACLEスズカ対策トレ [堺浜周回コース]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - チームCARACLEスズカ対策トレ [堺浜周回コース]
Post to Google Buzz
Pocket

161022_065709スズカ8時間エンデューロまであとわずか。先週末も堺浜周回だったので、今週末は上りを交えた最後の遠出を考えていた。とは言え、前週にサイクルモードがあるため、直前の2週はチーム員が集まることも難しい。今週末はチームトレーニングの最後の機会になりそうなので、今週末も堺浜で周回トレーニングをすることになった。

161022_070313集合時間7時の10分前に、堺浜のコンビニに到着。カフェインドーピングをしているうちに、続々とメンバーが集ってきた。今日は出場5人のうち、4人が集まる事ができた。一部メンバーはすでに何周回かしてきたそうだ。

今日はかなり気温が下がり、自宅からここまでの道すがらにあちこちで金木犀(キンモクセイ)の香りが漂っていた。まだまだ夏の気分だったが、急に季節が進んだ感じだ。

161022_070436ウィンドブレーカーやロングジャージのメンバーも多く、特にここまで車で来たT田さんは寒そう。私はショートスリーブ&レーパンだが、アームウォーマーとニーウォーマーの装備。自走往路の走り始めはウィンドブレークベストを羽織っていたが、身体が暖まったので、途中で背中で脱いだ。

3人は自社製品のCARACLE-Sだが、I阪さんはCARACLEの試作451モデル。I阪さんは家庭の事情で昨秋のスズカエンデューロを直前で欠場せざるを得なくなり、今回再挑戦する。

161022_0706257:05に周回開始。走り初めはウォーミングアップでゆったりスタート。スッキリとした青空ではないが、上る朝日も見え、雨の心配はなさそう。

カラカラ回して心拍数を徐々に上げていくが、それでも140以下。

161022_071030飛ばしたわけではないが、I阪さんと2人で少し先行してコース西側の海沿いへ。ここはゆるい追い風で気持ちよく走れる。

コーナーを曲がってコース南側に入ると、弱い向かい風。先頭に立つと少し辛い。

「一周は軽く流す」という話だったが、スプリント力に優れた2名が後方にいるので、油断はできない。ちらちらバックミラーを伺っていたが、コース南側も半ばを過ぎた頃に、後方から迫る2台の自転車がバックミラーに映った。

161022_071420「(やっぱり)来た来た!」と叫んで、こちらもペースアップ。堺浜トレーニングの経験が少ないI阪さんは、対応が遅れて置き去り(^_^;)。それでも全力ダッシュまではしなかったのが間違いで、一気に抜かれて列車に乗り損なった。慌ててさらにペースを上げて追いすがるが、コーナーを曲がってコース東側に入るとさらに一段と速度が上がった。必死で脚を回すが、ジリジリと引き離される。一周目から本気の全力アタックをしていたら保たないので、諦めてペースダウン。

信号待ちで再集合し、2周目に入ったところでTREKエモンダに乗った方が抜いていったので、後に着かせてもらう。37~38km/hで半周程度進んだ所で先頭交代して我々が先に立ち、ペースをさらに上げる。42~43km/hに上がったスピードに私は先頭に立つ余裕がなく、T田さん、F永さんの先頭交代に着いて3番手を走るのがやっと。

何とかバックミラーを見ると、後が切れて離れている。後ろにいるのはI阪さんだと思って、自分のお尻を指差し「後ろに張りつけ」のジェスチャー。ところが追いついてきたのはエモンダの方。同じブルー基調のウェアと自転車だったので、ミラー越しだと見誤った。

エモンダの方はまだ余裕があるようで、周回終盤に向けて先を行く2人とバトルになった。私も必死で追いすがるが、やっぱり今度も追いつけず、4番手で信号まで。

エモンダの方に「仲間だと思って、失礼(なジェスチャーを)しました」と詫たところ、「いえ、いいトレーニングになりました」と快く応じて頂いた。

3周目はドラフティングトレーニング。4人で十数秒おきに先頭交代しながら、35km/h程度で進んでいく。ドラフティングに慣れていないI阪さんは、自分が先頭になると頑張りすぎてペースが上がる。すぐ後から「I阪さん速い! 35キープ」と声を掛けて一定ペースを保ち、早めに先頭を交わる。

などと上級者面していたのも周回の前半だけ。終盤にかけて40km/h超にペースが上がると、先頭を引いた後力尽きてしまい、トレインに乗り損なった。エセ上級者、あえなく脱落(^_^;)。

161022_083416その後も周回を続けたが、健脚2人に引き離されたり、信号待ちで私だけ先行したりで、後半は独走の場面も多かった。他の自転車乗りの集団に着いたりして、自分なりに必死に走る。

8:30頃、上司が車で駆けつけ、コンビニで大休止。サイクルモードに向けて、ロケーションの良い所でCARACLE-Sを折りたたむ動画を撮影することになっていたからだ。

休憩中もT田さんは、空気抵抗の少ないポジションを研究中。後に足を伸ばせば完璧?

1714折りたたみ動画の撮影はトレーニングが終わってからということで、ひとまずはトレーニング風景を撮影してくれた。

仲間とはぐれて独り旅だったが、決してカメラの前だけ必死で走っていたわけではありません!?

もう脚が限界だったので、9:15頃周回終了。信号で待っていたT田さんとF永さんも、一緒に終わることになった。私は10周回、I阪さんは家の用事で先に引き上げており、F永さんは集合前に走っていたりで周回数はそれぞれ。

最終周で見覚えのあるcervéloのTTバイクに抜かれ、信号待ちで追いついたのでよく見ると、度々通勤途中で見かける方。「朝よく会う方ですよね?」と声を掛けると、気さくに応じていただき、「いつも手信号をきちんとしてますよね」と、予想の斜め上の返事(^_^;)。もはや癖になって自然にやってるので、自分では意識していないが、手信号はまだまだ珍しいのだろう。

この方もスズカ8時間エンデューロに出場するそうで、TTバイクの使用が許され、2人1組でフルコース10周を走るタイムトライアル「トロッフェ・バラッキ」にエントリーしているとのこと。TTバイクに乗れば、誰でもスピード上がりますよと謙遜されていたが、私との速度差は圧倒的でやはり脚の差が大きいだろう。

1713トレーニングは終了した(つもりだった)が、ロケーションの良いコース西側で、「チームCARACLEのトレーニング風景」を撮影することになった。さっきはバラバラだったが、今度はトレインを組んで何度もカメラの前を通過。トレインを組んでいるはずが、なぜかチーム内のゴールスプリントになったりで、トレーニング第二弾の様相。

ちなみになぜ私がトレインの先頭かというと、一番遅い人が先頭に立たないと分断してしまうから(^_^;)。

さて、次はいよいよCARACLE-S折りたたみ動画の撮影ですか? と思ったら、なんとビデオカメラのバッテリー切れ、とのこと。

今日はそのために来たんじゃないでんですか?(^_^;)

161022_093252仕方ないので折りたたみ動画は後日ということになり、解散。直前にサイクルモードでトレーニングできないだけに、今日はかなり追い込んだ。

最後には左ヒザに痛みが出て来た。一昨年の骨折後、右より細いままになっている左脚に力を込めていたこともあるだろうが、ちょっとやりすぎたかもしれない。疲れ切った上に、ヒザの痛みに苦労しながら家路についた。


 

■コースマップ


161022 チームCARACLEスズカ対策トレ [堺浜周回コース] – ルートラボ – LatLongLab

 

■本日の走行記録(自転車)

CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2016/10/22 7:05:35
 自転車完了: 2016/10/22 9:22:10
 バイクタイム: 1:31:38
 停止時間: 0:39:25
 距離: 48.28 km
 平均スピード: 時速 31.61 km/h
 登り: 0 m
 カロリー: 1387 kcal
 平均心拍数: 154 bpm
 最大心拍数: 183 bpm
 平均ペダルペース:  95 rpm
 最高ペダルペース: 136 rpm
 今月の走行距離:  704 km
 今年の走行距離: 7306 km
 先月の走行距離:  626 km
 昨年の走行距離: 7310 km


Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - チームCARACLEスズカ対策トレ [堺浜周回コース]
Post to Google Buzz
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player