早朝湖岸(湖上?)ポタリング [琵琶湖大橋周辺]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 早朝湖岸(湖上?)ポタリング [琵琶湖大橋周辺]
Pocket

お盆は両親や妹夫婦と一泊して交流するのが恒例だが、今年は琵琶湖岸のホテルに泊まることになった。家族4人でレンタカーでの移動だったが、やはり交通集中や事故であっちもこっちも渋滞しており、堺から守山のホテルまで約4時間も掛かる遠い道のりだった。

170813_053302一夜明けて、早朝にちょっと自転車で散歩することにした。借りた車はトヨタレンタカーで最も安いヴィッツ。家族の遊び道具はお泊り装備を積むだけでいっぱいにならないか心配だったが、輪行袋に収めたCARACLE-Sは世界最小サイズだけあって、トランクスペースに横倒しにしても余裕で収まった。その横や上に家族の荷物を載せるスペースは充分で、CARACLE-Sを2台積むこともできたかもしれない。

170813_053407トランクから下ろして輪行袋から取り出したのは、娘用のCARACLE-S 2016。

私のTORACLE(虎来る號)や通勤用の2015試作車はドロップハンドル化しているので、折りたたみや展開に一手間増えるし、収納スペースもやや大きくなる。ちょい乗りには、フラットハンドルのままのCARACLE-Sが便利だろう。ただし、シートポストは(サドルごと)テレスコピックのロングタイプに入れ替えた。

170813_0546395:45ごろ出走し、ホテルの近くにあった第二なぎさ公園の「琵琶湖サイクリストの聖地」碑へ。

この碑の前で同じポーズを撮ってビワイチに出発するのが、最近の自転車乗りの流行・・・という話も聞くが、身体の固い私は到底こんな開脚は無理だし、誰も(自分自身も)おっさんのポーズを見たくもないだろうから割愛。

170813_055432気持ちよく晴れて、日の出から間もない琵琶湖はキラキラ輝き、対岸の比叡比良山系もくっきり見えて美しい。しかも大阪では信じられないほどの涼しさで、快適。

湖岸の遊歩道を南下していくと、早朝から釣りをしている人たちが、湖岸や湖上にたくさんいる。自転車乗りにも何人かすれ違った。真夏にビワイチするなら、涼しい朝のうちに距離を稼いでおきたいところだろう。

170813_060103せっかく近くに泊まったので、琵琶湖大橋で湖上ポタリングをしてみることにした。遊歩道からちょっとした階段を上ると、料金所より湖寄りで橋の歩道に入れる。自転車の通行料金は無料なので、不正をしたわけではない。

対岸の山を見るとそのまま上っていきたくなるが、時間的にも装備的にも厳しい。フラットハンドルはまだしも、フラットペダルでヒルクライムはツラい。

170813_060446本日の最高標高地点(笑)である橋の最上部まで、せめてものヒルクライムを楽しんで琵琶湖を見渡すと、今日は北岸まではっきり見渡せる絶景。

前後して何人もの自転車乗りが足を止めていた。

170813_061403対岸に下りて、堅田の観光名所として上がっていた出島の灯台に向かった。できるだけ湖岸に近い道を南下していく。日曜早朝の堅田の町は静かで、寺社や古い町並み続く古道に穏やかな気分になる。

170813_061517ほどなくたどり着いた灯台は、高さ8メートルのかわいらしいもの。出島は「でけじま」と読み、1875年(明治8年)に造られた木造灯台とのこと。近辺は琵琶湖最狭部で岩礁も多いため、船の事故が多かったらしい。今は役目を終えて歴史遺産として保存されているとのこと。

ここから北の方を振り返ると、先ほど越えてきた琵琶湖大橋が見える。

170813_062921ここから引き返しかけたのだが、観光案内板で近江八景のひとつである浮御堂(満月寺)が少し先にあることがわかり、もう一度南下。

170813_063307山門前まで来たが、朝早かったので満月寺は開いていなかった。浮御堂が見られないかと左右に回り込んでみたら、南方の海岸から水上に浮かぶ姿を拝むことができた。

元々は平安時代に湖上安全と衆生済度を祈願して造られ、現在の建物は昭和12年の再建だが、水上に浮かぶ姿は充分に風情のあるものだ。夜に満月の夜に眺めてみたいものだ。

170813_063616近辺は堅田雄琴湖岸公園になっており、ここも釣り人が多かった。早朝からご苦労なことだ(人のことは言えない)。

170813_110141ここから少し内陸の方に向かって堅田駅方面にも足を伸ばしてみたが、早朝でもあり観光案内板も開いていなかった。そろそろ朝食時間が近づいてきたので、引き返すことにして、再度琵琶湖大橋を越える。

湖岸道路を経て、7:10頃にホテルに帰り、早朝ポタリング終了。

その後は家族と車で観光だったが、湖岸といいそれ以外といい自転車乗りが非常に多く、折りたたみ小径車の姿も多く見かけた。

琵琶湖周辺には車や鉄道で輪行してくる人も多いので、走れる折りたたみ自転車は有用だ。中でもCARACLE-Sはその世界最小の折り畳みサイズが武器になり、小さな車の家族旅行の際でも奥さんに文句を言われないという実例を示すことができただろうか?


■コースマップ

170813 早朝湖岸(湖上?)ポタリング [琵琶湖大橋周辺] – ルートラボ – LatLongLab

 

■本日の走行記録(自転車)

CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2017/08/13 5:49:53
 自転車完了: 2017/08/13 7:16:04
 バイクタイム: 0:38:19
 停止時間: 0:41:50
 距離: 14.90 km
 平均スピード: 時速 23.34 km/h
 登り:  33 m
 カロリー: 339 kcal
 平均心拍数: — bpm
 最大心拍数: — bpm
 平均ペダルペース: —rpm
 最高ペダルペース: —rpm
 今月の走行距離:  346 km
 今年の走行距離: 5789 km
 先月の走行距離:  982 km
 昨年の走行距離: 8860 km


Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 早朝湖岸(湖上?)ポタリング [琵琶湖大橋周辺]
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player