薄氷 朝陽射す田に 雲雀鳴き [鍋谷峠-犬鳴峠]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 薄氷 朝陽射す田に 雲雀鳴き [鍋谷峠-犬鳴峠]
Post to Google Buzz
Pocket

スズカエンデューロまで約3ヶ月。トレーニングにも力を入れていきたいところだが、3月はサイクルモードライド大阪、販売店さんの試乗会、台北サイクルショーと週末の仕事が続き、なかなか思うように走れそうにない。今週末は土曜日も休みだったので、今のうちにできるだけ走り込んでおくことにした。

久々の遠出に準備にちょっと手間取り、7時ごろ出走。今朝は堺の最低気温が1度の予報で、それなりに冷え込んだ。少し迷ったが、やはり峠越えを交えたロングライドをすることにして、まずは鍋谷峠に向かった。

170225_071516自宅から3.5kmほどの荒山公園は梅林が有名なので、ちょっと寄り道。かなりの品種の梅が見頃になっていた。今日はロングライドのつもりだし、出遅れたので、ちらっとだけ観梅。

和泉山脈に近づくと、田んぼの水たまりなどに氷が張っており、冷え込みを感じさせられる。それでも、上空からはヒバリの声が響いていた。梅の花といい、冷え込む中にも春の気配。そこで久々に表題の句が浮かんだ。

170225_075906今日は一日中降水確率ゼロの見事な晴れ予報。しかも空気が澄んで、青空がとてもきれい。

国道480号線に入り、逢野トンネルを越えると和泉山脈を見渡す定点観測地点。今日は青空の下の山々がひときわ美しい。

天気は最高なのだが、ここ数日は花粉症らしき症状も出て体調が今ひとつ。アプローチから身体が重く、ペースが上がらない。

170225_080316今日鍋谷峠に向かったのは、いよいよ4/1に鍋谷峠トンネルが開通するという情報を見たから。行くときは毎週にように足を運ぶ峠だが、今年はまだ上っていない。しばらくご無沙汰していたので、開通が近づいた状況を見ておこうと思ったのだ。

ここは鍋谷峠トンネルのひとつ手前のトンネルの入口付近。ここでも工事は最終段階なのだろう。工事関係者が盛んに出入りしていた。

170225_080727ここも定点観測地点。父鬼集落下の温度計はゼロ度ちょうどを表示。歳を取って寒さに弱くなったので、下りを思うと気が重い気温だ。

それでもいつものように、製材所前の鍋谷橋からアタック開始。父鬼川の対岸で道路工事がかなり進んでいるのを眺めながら上り始めたが、新道への付替え工事で旧来の国道480号線も片側通行があり、一時停止。かなり様子が変わりそうだ。

170225_085129鍋谷峠トンネルの入口を過ぎると静かな峠道に戻ったが、相変わらず調子は上がらない。それなりに追い込んだつもりだったが、心拍数も160bpmにすらなかなか上がらず、150bpm台でダラダラ上る体たらくだった。

一時停止があったとは言え、33′21″というひどいタイムで鍋谷峠へ到着。気温はマイナス1度の表示で、峠近くの路肩には雪も残っていた。幸いなことに晴れて陽が射し、風が弱いのでそれほど寒さは感じなかった。

170225_091737体調が今ひとつなのでここでも少し迷ったが、意を決して和歌山側へ下り始めた。鍋谷峠の和歌山側は絶景ポイントがいくつもあるが、今日は一段ときれい。

ここは平の集落から少し下った辺りで、つづら折りで一時的に北側に方向を転じる。くっきりした青空に白雲が浮かび、今降ってきた山を見上げる。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 薄氷 朝陽射す田に 雲雀鳴き [鍋谷峠-犬鳴峠]
Post to Google Buzz
Pocket


早朝独走 [堺浜周回コース]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 早朝独走 [堺浜周回コース]
Post to Google Buzz
Pocket

先週末は堺市民マラソンに参加したので自転車はお休みした。昨日土曜日は出勤で、今日は友人の引っ越しを手伝うつもりだったので、今週末も自転車に乗れないかと思っていた。幸い、友人の手伝いは昼前からになったので、早朝に堺浜を回ってくることにした。急遽決めたので、今日は独り。

6:40ごろ家を出るとすでにかなり明るく、ライトも不要なほど。今日はやや寒さがぶり返しているが、やはり季節は進んでいる。

毎度の花粉症なのかもうひとつ身体がしゃっきりせず、通勤ライドの疲れか脚にも張りが残っている。それでも、TORACLE(虎来る號)は軽く、空は快晴。朝日の射す中、気持ち良いアプローチとなった。

170219_0729457:20ごろ堺浜にのコンビニに立ち寄ると、早朝からロード乗りのグループが集まっていた。私もトイレをお借りしてからカフェイン(コーヒー)を注入して、周回を開始した。

7:35ごろから周回を開始し、1周目は軽く流す。そろそろカフェインが回りだすはず(はずの)2周目からペースを上げていこうとするが、なかなか心拍数を上げられない。160bpmでさえ苦しくて、すぐに150 bpmくらいまで落ちてしまう。

先程のロード集団に抜かれたので後ろに着かせてもらおうと思ったが、信号待ちの後のスタートダッシュに着いて行けず脱落。どうにも調子が上がらないので、できる範囲で追い込みながらマイペースで周回を重ねることにした。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 早朝独走 [堺浜周回コース]
Post to Google Buzz
Pocket


CARACLE-S 2015 ペダルシステム変更 & エアハブママチャリ

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CARACLE-S 2015 ペダルシステム変更 & エアハブママチャリ
Post to Google Buzz
Pocket

170212_090854昨日堺市民マラソンに出場したこともあって、今週末は自転車トレーニングはお休み。

170212_095303小雨や雨上がりの走行が続いたこともあって、通勤用CARACLE-S(2015モデル)のチェーンがチャラチャラ音を立てだした。サビも心配だし、しばらくちゃんとメンテしていないので、変速系のクリーニングをすることにした。

チェーンクリーニングは色々試しているが、なかなか楽に、低コストできれいになる方法がない。マンション住まいだし、冬場は水洗いなしで済ましたいところ。

今回はチェーンを一旦切断して、水洗い不要の強力なチェーンクリーナーとボトルに入れてシェイクしてみた。結果はまあまあだが、プレートの内側などに少し汚れが残る。チェーンを外したのは周辺の塗装やアルマイトを痛めないためだったが、やっぱり機械式チェーンクリーナーなどを用いてブラシでこすらないと、完璧とはいかないか。

170212_102425切断したチェーンはミッシングリンクで繋いで再セットしたが、ついでにチェーンの伸びをチェック。ゲージの表示はそろそろ替え時を示していた。この車体は、私が使用する限りでも約6700kmを走行している。10速化していた時期はこのチェーンは使用していないので差し引くと、約2900km使用している。

もっとも、私が使用する以前にも試乗車で使用していたので、正確な走行距離は不明。間違いなく3000km以上走行していると思われるので、そろそろ寿命が来ても不思議ではない。近いうちに交換しよう。

ついでに、もうひとつ試したいことがあった。この車体では、純正オプションであるwellgoのQRDペダルシステムを使用しているが、ひとつ問題がある。

170212_100302ビンディングペダルであるMG-8では全く問題がなく、フラットペダルM138も普通に使う分には大きな問題はない。ところが、私はM138にボルト穴を開けて無理やりトゥクリップとトゥストラップを装着した。そのストラップが着脱つまみに引っかかりやすく、しばらく使用するうちに千切れてしまった。

170212_101518代わりに、基部の形状が丸いMKS製EAZYシステムを使用することも検討したが、ビンディングペダルとフラットペダルを揃えるとかなり高価だ。そこで、同じwellgo製のQRD2マウントを調達して試してみることにした。これなら、ペダルはそのまま使用できる。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CARACLE-S 2015 ペダルシステム変更 & エアハブママチャリ
Post to Google Buzz
Pocket


堺市民マラソン2017

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 堺市民マラソン2017
Post to Google Buzz
Pocket

5回目の出場となった堺市民マラソン。一時はハーフマラソンにエントリーするところまで頑張ったが、その大会には仕事の都合で出場できず、翌年は夏に大腿骨を骨折。そして昨年は5月のスズカエンデューロに向けて、冬場も自転車トレーニングを続けたので、順位を競わない「完走マラソン(3km)」へのエントリーが続いていた。

今シーズンも先週のブルベやスズカエンデューロに向けて、冬場も自転車中心の活動を続けることが予想できた。以前出場していた10kmの競技マラソンに出場できるほどトレーニングができるとは思えないし、かといって完走マラソン(3km)をヒザを傷めないようゆっくり走ることにどれほど意味があるか・・・。

エントリーに消極的な気持ちもあって、申込時には中学生になった息子が「出たくない」と言うのを期待しつ「今年も出るか?」と尋ねた。しかしながら、息子は「出る!」と即答(^_^;)。

そんな訳で、今年も私は「完走マラソン(3km)」へエントリー。そこまで積極的なら、と息子は「競技マラソン3km(中学生)」にエントリーしてやった(イジメか?)。

170211_101158今日は冬型の気圧配置で冷え込んだが、晴れ間の多い空でまずまずのマラソン日和。ところが、会場の大泉緑地公園まで車でやって来て、有料駐車場の入口で財布を忘れたことに気付いた。慌てて家に財布を取りに戻り、出走25分前に何とか受付完了(本来は1時間前までに受付)。

集合地点ではすでに開会式が始まっており、例年通りのドナルド・マクドナルドに加え、今年は大阪府警のマスコットキャラクター「フーくん・ケイちゃん」も登場。

170211_102200170211_102539準備運動を終えて、まずは私の「完走マラソン(3km)」。スタート地点に移動して、スタートを待っているとドナルド・マクドナルドも応援にやって来た。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 堺市民マラソン2017
Post to Google Buzz
Pocket


ブルベDNF [BRM204泉佐野200km 榛原往復]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブルベDNF [BRM204泉佐野200km 榛原往復]
Post to Google Buzz
Pocket

今回のBRM204 泉佐野200km 榛原往復は、正式には3回目のブルベ挑戦だった。結果として、仲間の事故と私のDNF(途中リタイア)いう、大いに反省すべき結果となった。あまり記事を書きたい内容では無いが、一方で完走した仲間もおり、自戒と警鐘のためにも記録しておく。

170204_041252前回は自社商品のCARACLE-Sで参加し、序盤のパンク2連発や終盤の体調不良(ハンガーノック?)に見舞われながらも何とか完走認定を受けることができた。世界最小サイズの折りたたみ自転車ながらも走行性能に優れていることを、身をもって証明できたとは思うのだが、終盤の体調不良が自分の中で引っかかっていた。

私としてはCARACLE-Sでもう一度200kmに参加し、今度は万全の状態でゴールして、次のステップに進みたいと思っていた。

今回はテック・ワン従業員で構成するチームCARACLEから他に3名も初参加。近所の友人とは毎度のことながら一緒に参加。私を含め5人が協力できるところは協力して完走やタイム短縮を目指すことになり、事前に堺浜で2回に渡りシミュレーショントレーニングを行っていた。

170204_063825前回は雨が不安なスタートだったが、今回の天候は一日中降水確率0%の見事なまでの晴れ予報。晴れ男のF永さんの面目躍如で、スタート地点のりんくう公園は放射冷却で冷え込んだが、清々しい朝となった。

170204_063245受付で参加申込書を提出して、ブルベカードを受け取ると、気合が入る。

6:30からブリーフィング開始。チェックポイントや、ルート途中の危険箇所についてのレクチャーがあった。


170204_064031私は当然CARACLE-Sだが、前回と異なり現在主力で使用している2016モデルのTORACLE(虎来る號)で参加。

170204_0653046:50前から車検。友人とチームCARACLEのメンバーも準備を終え、いよいよ出走。

行けるところまでは5人一団で進むことになっていたが、スタート直後から健脚のメンバーが引っぱり、30km超のハイペース。

信号待ちで何らかの調整があったのか、友人が「先に行って」と言うので残り4人は進み続けた。

8km地点付近から始まる雄ノ山峠への上りでは、心拍数が179まで上がり、これは200km保たないと私は一旦ペースダウン。健脚のT田さんF永さんはともかく、競技系イベントの経験が少ないN岡さんもキツいだろうと思ったが、彼を含めた3人は他の参加者と一緒に先行していった。後で思えば、経験者の私がここで無理やりにでもペースを下げさせるべきだった。

(さらに…)
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブルベDNF [BRM204泉佐野200km 榛原往復]
Post to Google Buzz
Pocket


RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player