雨降り前のちょいトレ [堺浜周回コース]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雨降り前のちょいトレ [堺浜周回コース]
Pocket

昨日は仕事絡みで堺市中心部をTORACLE(虎来る號)でウロウロしたが、一昨日の150kmライドの疲れが残ってダラダラとしか走れなかった。

170506_074855今月最終週のスズカエンデューロに向けて、ゴールデン・ウィーク中にもう一回走っておきたかったが、明日は用事があるし、自転車の整備もしなくてはならないし、今日は雨雲が近づいているし・・・。

そんな訳で手短に堺浜。

7時過ぎに自宅を出発して、8時前には堺浜のコンビニに到着。今日もTORACLE(虎来る號)だ。小休止しながらカフェイン(コーヒー)を注入して、8時過ぎから周回を始めた。

170506_081942一周目は心拍数を130台に抑えてウォーミングアップ。・・・というか、なかなかそれ以上に心拍数を上げられない。TORACLE(虎来る號)は軽快で、身体の動きに素早く追随する感じが気持ちいいのだが、まだ一昨日のダメージが残って身体が重く、すでにどんよりした空もヤル気を削ぐ。

それでも2周目は必死でペースアップして、終盤でスプリント。最大心拍数を179bpmまで上げた。西風がやや強く、コース北側ではかなり苦しい。反面、南側では40km超まで速度を上げられる。

途中、パラパラッと雨が降り出したが、すぐに止んだ。本格的な雨雲はまだ来そうにないので、周回を続ける。

170506_084356

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雨降り前のちょいトレ [堺浜周回コース]
Pocket


古道往還150kmライド [名張往復]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 古道往還150kmライド [名張往復]
Pocket

昨日の娘との自転車デートに続いて、今日は近所の友人とトレーニング。今月28日に迫ったスズカエンデューロに向けてということなら、短距離のスプリントトレーニングの方が効果的だろうが、せっかくの連休なのでたまには午後まで長距離を走りたい。

とは言え、ヤボ用で勤務先に立ち寄りたいので、帰路に松原を通る必要がある。加えて、天気予報は東風なので、東に向かって帰路が追い風というパターンが精神衛生上望ましい。

そんな訳で、6:30ごろ自宅を出走して友人宅で合流し、名張まで行って帰ってくるロングライドを提案。以前も何度か名張往復はやったことがあったが、多分5年半ぶり? 友人が快く受け入れてくれたので、早速東進を始めた。

170504_072318府道32号線や並行する道路で富田林の丘陵地帯を乗り越えて、河南橋で石川を渡る。行く手には二上山を始めとする金剛山系はくっきりとした稜線を見せている。今日は快晴で空気も澄んだいい天気だ。

国道166号線に入り、大阪府境を越える峠道を上り始める。最古の官道と言われる竹内街道に沿ったルートだ。

日頃から平地でルートがわかっている場合は、ほとんど友人に前を引いてもらう。ところが、このところのトレーニングジム通いで筋力アップとシェイプアップを果たした友人は、上りでも明らかにパワーアップ。

170504_074844私もロングライドに備えて抑え気味とは言え、得意とする上りでもさっぱり敵わない展開になった。トレーニング不足で私のスキルが落ちたこともあるだろうが、以前とは明らかに違う発達したヒラメ筋が、コブラのように私の前に立ちはだかった。

170504_075616友人の後ろからではあるが、7:45ごろ奈良との府県境である竹内峠に到着。峠の空も真っ青で、暑くなく寒くなく、気持ちがいい。

ロングライドと言っても、私はいつものTORACLE(虎来る號)。ドロップ化したCARACLE-Sは、ロングライドでも辛さは感じない。

奈良盆地に降りても引き続きひたすら東進。途中から道のわかる私が先に立って、国道166号線(竹内街道)からその延長にある古道、横大路を進み続ける。弱い向かい風ではあるが、大して抵抗は感じない。

横大路は道幅が狭いところもあり、並走する国道166号線(及び165号線)より速度は出しづらいものの信号が少なく、鉄道等を乗り越える際に迂回を強いられることもない。一長一短だが往路はこちらを辿った。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 古道往還150kmライド [名張往復]
Pocket


娘と自転車デート [堺ポタリング]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 娘と自転車デート [堺ポタリング]
Pocket

入学祝いにCARACLE-Sを組立て、娘は(晴れた日の)通学用に使い始めている。「時々モデルになってもらうこと」が条件なので、CARACLE-Sがキレイなうちに(笑)一緒に走る機会を持ちたいと思っていたが、お互いに多用でなかなかタイミングが合わない。

ゴールデン・ウィークも、前半は私の福岡出張で、後半も娘のクラブ行事などの用事があり、一日一緒にいられるタイミングが取れそうにない。やむなく、娘のクラブが終わった午後から出かけることにしたが、娘も午前中に疲れているし、スポーツライドもご無沙汰。さて、どうするか? 

考えた末に、地元堺の街を巡ってみることにした。堺に越して13年経つが、身近すぎて実はちゃんと観光名所に入ったことがない。これなら他所から来た自転車乗りの参考にもなるだろうし、CARACLE-S活用事例としても、商売的にはよっぽどアピール度が高いと思われる。

170503_131226小学生時代のノリクラトレーニング以来約4年ぶりの娘との自転車デートは、13時前に堺の深井の自宅を出発。15分ほどでまずは大仙公園へ。前職では毎日外周を走って通勤していたので、勝手知ったる公園だが、実は園内にある堺市博物館に入ったことがなかった。

170503_131834この機会に入場して、堺の歴史をあらためてお勉強。拝観料は大人200円。

特に隣接する仁徳天皇陵を始めとする古墳に関する展示が多かった。シアターで上映された仁徳天皇陵を紹介する映像は、再現CGも迫力があり、往時の姿を想像することができた。

・・・が、クラブ活動で疲れた娘は居眠り寸前。

170503_133812気を取り直して展示を見学。ネット上で多くの情報が得られる時代だが、実物の大きさや風格を見ると、歴史をより身近に感じられる。

170503_134102実際に触れる複製品も多く配置されていたが、バーチャル情報との差別化のためには、良い取り組みといえるだろう。

(ちょっと前の?)流行りというか、イケメンのアニメキャラ風展示も(^_^;)。甲冑には堺市章入り。

歴史にさほど興味のない娘だが、自分の住む地域でもあり、多少は興味を持って展示を見ていたようだ。それでもあまり私がじっくり見ていると退屈になるだろうと、早足で30分ほど見学して退場。

170503_140130お次は公園に隣接する仁徳天皇陵の正面遥拝所へお参り。

多くの人が訪れ、車道も近くにあるのだが、二重の堀の内側は不思議と荘厳な雰囲気が漂う。初めての方なら周囲を一周して、最大の古墳の大きさを実感するというのが、お勧め。

私たちは2人ともその大きさをすでに体感しているので省略し、次の目的地へ。

170503_1414122kmほど西進して堺の旧市街を取り囲む堀である土居川を渡り、3つ目は南宗寺

170503_141822他のお寺と塀に囲まれた敷地を共有しており、その総門前に自転車を置き、新緑と花に溢れた参道を歩いていく。

寺の入口で拝観料(大人400円)を支払いって境内に入ると、10人位ずつにガイドが付き、見どころを案内してくれた。

残念ながら境内は撮影禁止とのことで、画像はないが、ガイド付きでなかなか充実した見学だった。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 娘と自転車デート [堺ポタリング]
Pocket


出張プチトレ [福岡今津湾沿い]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 出張プチトレ [福岡今津湾沿い]
Pocket

170429_063812世間ではゴールデン・ウィークに突入する4/29、30と福岡の販売店さんでCARACLE-Sの試乗会を行うことになった。

170429_064502こういった出張こそ、世界最小の折りたたみサイズを誇るCARACLE-Sの本領発揮の機会。試乗車(CARACLE-S 2017 スポーツパッケージ)の1台を新幹線で輪行して、福岡に乗り込んだ。

やはりゴールデン・ウィークというところか、キャビンの端にはすでに他の乗客の荷物が置いてあったので、CARACLE-Sはデッキに固定した。あくまで比較しての話だが、700Cバイクより周囲への迷惑にもなりにくい。

単純にホテルなどへの移動でも役に立ったが、スズカエンデューロが迫る中、トレーニングの間が空くのはできるだけ避けたい。

そこで、4/30の早朝に試乗車でひとっ走りすることにした。

海の中道に行ってみたい気持ちもあったが、宿はシーサイドももち地区にあり、仕事前にそこまで時間も取れず、6:40ごろ逆方向の西に向かって走り出した。

海に近いマリナ通りは橋を渡る際などに軽いアップダウンはあるが、道幅が広くて交通量が少なく、信号も少ないので走りやすかった。橋を渡る際などにチラチラと海が見えていたが、唐津街道に出て生の松原を過ぎると道は海岸沿いギリギリまで近づき、一気に風景が開ける。

170430_071410長垂海岸で海沿いの小径に出てひと息。能古島や海の中道を見渡す絶景が広がっている。大陸からの黄砂や微粒子の影響なのか、晴れているのに霞んでもやっとしているのが残念。

170430_071854それでも、朝日が海に反射してキラキラ輝き、水もきれいに澄んでいる。

10kmも走らずにこんな場所にたどり着けるとは、福岡は自転車乗りにとって恵まれた環境だ。

170430_074537そのまま海沿いに走って今津橋を渡って今津半島に渡る。今津橋より内側は今津干潟と言い、カブトガニの産卵地としても知られているそうだ。

もう少し先に進みたいが、仕事前に無茶はできない。博多湾に面した長浜海岸の先、白山神社で折り返し。

(さらに…)
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 出張プチトレ [福岡今津湾沿い]
Pocket


iPhoneマウント更新 [通勤用CARACLE-S]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhoneマウント更新 [通勤用CARACLE-S]
Pocket

170428_075828通勤用CARACLE-Sはライト、ベル、ライドケースマウント、リクセン&カウルアタッチメント、モバイルバッテリーと、ハンドル周りが非常にごちゃごちゃしている。

TORACLE(虎来る號)のスマホマウントを更新して、HIRAME製プレッシャーアンカー(の加工品)が余ったので、少しでもスッキリさせようとこちらのマウントシステムも更新することにした。

170428_080044ハンドルポスト付属の専用トップキャップは、コラム内のリブを逃がす凹みの付いた専用品。

斜臼を使った固定システムを一体化しているため、これにライドケースマウントを装着することは困難で、これまではステムの胴部にバンド留めしていた

170428_080721170428_080112これを取り外し、プレッシャーアンカーを装着した。TORACLE(虎来る號)に装着する際に、すでにリブを逃す凹みを設けてある。

固定したプレッシャーアンカーにトップキャップ一体型のライドケースマウントを装着する。

170428_080836これで少しはマシになったが、まだまだハンドル周りはゴチャついている。いっそ、通勤では滅多に使わないリクセン&カウルアダプターを外してしまうか? ちょっと考えてみよう。

 

ご注意:本記事は、久行の個人的趣味とテック・ワンの技術検証を兼ねて行っているもので、同様のカスタマイズに対して安全性や耐久性を保証するものではありません(自動車会社のF1やワークスマシンみたいなものと思って下さい)。安全性に問題がなく、ご要望の多いものは純正品に取り入れる可能性もあります。興味のあるパーツや加工については、ご意見をお寄せください。

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhoneマウント更新 [通勤用CARACLE-S]
Pocket


RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player