iPhone用外部バッテリー購入

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone用外部バッテリー購入
Post to Google Buzz
Pocket

110604_110904s

iPhone4はルートロガー、地図、カメラ、twitterにfacebookにfoursquare、そしてもちろん携帯電話として、自転車ライドでも便利に使える。しかしながら、問題はバッテリーの容量だ。調子に乗って地図やルートログソフトを表示したまま走っていると、3~4時間でバッテリーが無くなってしまう。画面を消し、不急の機能を停止して節電を心がけていても、せいぜい7~8時間くらいだろうか?

多用途で便利なだけに、使用頻度が高くなってバッテリーがすぐ無くなってしまうのは、自転車用に限らないのだろう。ちょっと探してみるとiPhoneの充電に使える外部バッテリーがたくさん販売されていた。

そんな中で私が購入したのが、このSANYO KBC-D1BS(画像下側、銀色の円筒)。単三電池型のエネループ充電池を2本内蔵したUSB出力付ハンディ充電器だ。500mAで90分給電可能とのことなので、単純に計算すると容量は750mAh(mAhは1時間連続でどれだけの電流を供給できるかという容量を示す値)ということだろうか?

この程度の容量ではiPhoneのバッテリーの20~30%くらいしか充電できない。購入価格は2,860円だったが、この価格帯であればもっと容量の大きなiPhone専用バッテリーがいくつもあった。それなのにこれを選んだ理由は2つ。

ひとつ目の理由は、汎用性が高いところ。中からエネループを取り出せば、トレーニングや通勤時にもっぱら使用しているAKSLEN HL-90の予備バッテリーとしても活用できるので、トータルで携行する荷物を減らせる。USB出力なので、リアに装着しているBikeguy オリオンの充電にも使える。

もうひとつの理由は、円筒状の形状だ。これならBikeguy バイクライトホルダーを利用してハンドルバーに装着し、走りながら充電できる。

この2つの目論見は、ほぼ達成できた。容量が少ない点も、遠出の時には予備のエネループ2本か4本を持っていけばよいと割り切っている。

ただ、現在使用しているiPhoneホルダー(TOPEAK iPhone DryBag)では充電用USBケーブルを接続する下部の開口部が無い。そこで、充電する際にはiphoneを上下をさかさまにして入れ、上部の開口部を完全に閉じずにケーブルを出してKBC-D1BSに接続している。底に穴を開けて、普段はビニールテープでフタをしておくなんて加工も考えたが、iPhone DryBagはクッション性を持たせるために二重構造になっており、防水性が失われてしまいそうだ。ハードケースタイプのiCrewなどはケーブルを接続することも考慮された構造になっているそうだが、大きくて高価なのが難点。ちなみに、iPhoneの純正USBケーブルは長くてかさ張るので、短い互換ケーブルを使用している。

実は、外部バッテリーは2月の後半から物色しており、当初は旧モデルのKBC-D1ASを狙っていた。これはKBC-D1BSと本体は同じで、付属品が違うだけ。私が使うのは本体だけだし、価格も約2,000円を切る価格で売られていたのでお買い得だったのだが、のんびりしているうちに東日本の大震災が発生。この手のバッテリーの需要が高まり、旧モデルのKBC-D1ASは市場から一気に消え去った。KBC-D1BSも品薄で値上がりし、すっかり購入タイミングを逸してしまった・・・。

徐々に下がる価格をチェックしながらしばらく待っていたが、しまなみツーリングが迫ってきたので4月末に購入した。約1ヵ月後の現在では、2,500円を切る価格で売られていることもあるようだ。ちょっと割高な購入となったが、自転車ライド以外にも持ち出して便利に活用している。

追記:このKBC-D1BSは給電専用で、コンパクトな代わりにエネループの充電はできない。数日のツーリングで別途充電器や予備電池を携行する位なら、KBC-E1ASの方がトータルの荷物を減らせるだろう(充電時はiPhone付属のACアダプタを活用できる)。私は日帰りがほとんどなので、最もコンパクトなKBC-D1BSを選択した。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone用外部バッテリー購入
Post to Google Buzz
Pocket

コメント

  1. […] [3]円筒形バッテリーをBikeguy バイクライトホルダーで装着:担当が以前採用していた方法です(ブログレポート)。比較的幅を取らず、バッテリー自体はハンドルバーの下側に装着してもよいので、干渉が生じにくいのが利点です。ただし、担当の使用していたKBC-D1BSや後継品では容量が少なめ(約750mAh)ですので、下記の様な大容量タイプを選んだほうが安心でしょう。 […]

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player