秋晴れのチームCARACLE平地トレ [堺浜周回]

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 秋晴れのチームCARACLE平地トレ [堺浜周回]
Pocket

随分、ブログもご無沙汰してしまった。ノリクラ翌週は自転車に乗らずにのんびり過ごしたら、翌週9/9(土)の通勤途中に信号無視の自転車が飛び出してきたのを避けて、転倒してしまった。右肩を強打して4日間は通勤でも自転車にも乗れず、その後もしばらくは長距離を走れる状態ではなかった。回復して来たので、出場するつもりだった9/17のツアー・オブ茶いくるラインは台風で中止。その後も御堂筋サイクルピクニック、ツーリズムEXPOジャパンと週末に仕事が続いて、結局9月は全く週末のトレーニングができずに終わってしまった。

スズカエンデューロまで2ヶ月を切ったのに、長期間トレーニングができなかったことに焦りも覚える。とは言え、今回はチームCARACLEのAチームは若いメンバーに任せて、私は1人チームでエントリーしている。ペースが遅くても、仲間に迷惑をかけることがないだけ気が楽だ。今となっては、この選択をしておいて正解だった。

遅れ馳せだが、これからできる範囲でトレーニングして、体力の回復に努めるつもりだ。と言っても、これから10、11月も仕事絡みのイベントが続くので、なかなかトレーニング三昧とはいかないが・・・。

ともあれ、今日はチームCARACLEで練習会をすることになり、6:30に自宅を出走。特別コーチとして(?)近所の友人も伴い、堺浜入り。出走時には肌寒いほどでベストとアームウォーマーを羽織ったが、堺浜に着く頃には気温も上がってきた。

171001_0719537:10にいつものコンビニに到着し、コーヒーでカフェインを注入。7:30の集合時間を前に、次々と仲間が集ってきた。

171001_073114コンビニで栄養やカフェインやニコチンを注入して、各自出走準備。

T田さんとF永さんはスズカエンデューロに向けて、451(20インチWO)ホイールのCARACLE試作車に乗っている。

171001_073214春の大会ではクラス優勝という結果を出すことができたが、秋のスズカはミニ・リカンベントの部にも強敵のエントリーが多いと思われる。チームのトップ2の戦闘力をアップして、連覇を目指して行きたいところ。私やN岡さんはツーリズムEXPOジャパンで東京にいた先週末も、この2人は堺浜で練習していた。彼らがトップ2なのには、理由があるのだ。

私を含む残る3人は今回もCARACLE-S。スズカ出場車は未確定だが、CARACLE-Sも充分によく走るマシンなので、宣伝効果も考えて恐らくこのままだろう。

171001_0737567:40頃、コンビニをスタートして周回開始。よく晴れた上に、涼しく、とても気持ちのいい走り出し。

171001_0739201周目はウォーミングアップで、ペース抑えめのスタート。コース北側を西進していると追い風気味で気持ちよく走れる。

171001_074306コース西側に入り南下方向も追い風基調。30km超程度をキープしながら、淡々と走る。

171001_074516コーナーを曲がってコース南側を東進する。ここから、向かい風。スピードは維持したので、その分心拍数は少し上がったがせいぜい150bpm程度。

珍しく(笑)、平穏に周回が終わったが、 2周めにはN岡さんが軽いアタックを掛けて先行。私も後を追うと近所の友人も反応して、スパッと私を抜いていった。何とか友人の後ろについて、N岡さんを追い、コース南側に入ったところで追いついた。

そのまま3人で先頭グループを形成。T田さんの心拍センサーの調子が悪く、停止して調整してたことと、近所の友人がいた事で、珍しくアタックが決まった。

と言っても、私はついていくのが精一杯。少しは引かなきゃと、前の友人とラインをずらしただけで空気抵抗で失速する始末(^_^;)。友人一人が引くまま一周半くらいは何とか着いていったが、前の集会でエンドキャップを落としてしまったことに気付いていたので、やむなく一時停止して拾った。・・・ウソです。もう着いていく力がなくなったので、落とし物を言い訳にして脱落しまいた。

その後は、仲間の誰に追いつくことも追いつかれることもなく独り旅。ペースアップに繋がるようなちょうど良いペースの自転車乗りもおらず、自分で淡々走るしかない状況。これはこれで気楽ではあるが、面白くもない。

5周回目でT田さんとF永さんに追いつかれ、トレイン入り。必死でT田さんについていったが、F永さんはペースダウンして後方に下がっていった。先行するN岡さんに追いつこうとしたが、F永さんが脱落するほどペースを上げ続けて先頭を引いていたのか、さすがのT田さんも少しペースが落ちてきた。これなら迷惑にならないかと前に出て35km/hペースで四分の一周ほど引いたが、たったそれだけで「だいぶ休めました」とT田さんは再び前に立った。「走りながら休む」ことができてしまうところがすごい。

171001_085812周回終盤でコンビニに向かうN岡さんを発見し、私も小休止。T田さんは「1時間走る」と周回を続けた。コンビニでN岡さんと数分休み、T田さんの次の周回で合流するべく待ち構える。9分ほどで、F永さんやS池さんも合流して帰ってきたのでトレインに加わりチームCARACLE5人集合。ただし、1周回だけでコンビニで大休止になった。

171001_090130ここにやって来たのが、マイミクのTu-ji-さん。毎日ハードなローラートレーニングを続け、お休みには六甲山や北摂、さらには堺浜で実走トレーニングを重ねて、クリテリウム系のロードレースを中心に活躍されている健脚の持ち主だ。

今日はすでにかなり追い込んでトレーニングはほぼ終了らしいが、最後に一緒に走っていただくことになった。

171001_09440030分ほど大休止の後に再度周回開始。10時近くなって周回者も増え、リカンベントバイクも走っていた。

すでに私もかなり消耗しているが、せっかくTu-ji-さんがいるのに淡々と走るのももったいない。軽くアタックを掛けてきっかけを作ると、何人かが追走して来てTu-ji-さんも加わった。Tu-ji-さんが引いてあっという間に時速40km/h。着いていくのも苦しい。

後方からT田さんやF永さんが追い上げてきて、周回終盤は全力アタックになったが、私はすでに売り切れ気味なので、心拍数が180bpmを超えない程度にコントロール。それでも苦しくて仕方がない。先の方ではTu-ji-さんがT田さんの相手をしてくれているようだったが、さてどの程度競えたのだろうか?

171001_100322大休止後、3周回走ったところでTu-ji-さんが帰られるとのことで一時停止してお見送り。私と友人もそれをきっかけに今日は終了することにした。練習の間が空いた割には結構走れたが、それでもペースを上げて10周回(約50km)走ると疲れも溜まるし、9/9の事故でぶつけた肩が熱を持ってきたので、ここいらが潮時。

まだトレーニングを続ける仲間が周回してくるのを待って別れを告げ、堺浜を後にした。帰路は流してゆっくりのペースだったが、それでもちょとした坂で友人に着いていけなくなるほど疲れてしまった。やっぱりスタミナが落ちていることを実感する。さて、ここからスズカまでにどこまで回復できるか?

 

■コースマップ

171001 秋晴れのチームCARACLE平地トレ [堺浜周回] – ルートラボ – LatLongLab

 

■本日の走行記録(自転車)

CyclemeterGPSの記録
 スタート: 2017/10/01 7:39:12
 自転車完了: 2017/10/01 9:54:58
 バイクタイム: 1:31:58
 停止時間: 0:43:31
 距離: 49.97 km
 平均スピード: 時速 32.60 km/h
 登り: 0 m
 カロリー: 1459 kcal
 平均心拍数: 159 bpm
 最大心拍数: 186 bpm
 平均ペダルペース:  94rpm
 最高ペダルペース: 130rpm
 今月の走行距離:   76 km
 今年の走行距離: 6740 km
 先月の走行距離:  416 km
 昨年の走行距離: 8860 km

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 秋晴れのチームCARACLE平地トレ [堺浜周回]
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player