平日のジョギング

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 平日のジョギング
Post to Google Buzz
Pocket

【mixi日記 及び 旧ブログ から転載したものです】

 会社からたまりにたまった有休(と代休)の取得を強く勧められたこともあって、今日は午前中休みを取った。乗鞍も近づいてきたが、今のところ昨年の仕上がりには程遠いし、週一回のトレーニングではなかなか成果も上がらない。平日にトレーニングをする時間を作れないか、とずっと思っていたが、実践する機会になった。

 天気がよければ鍋谷峠にでも行くつもりだったが、あいにく早朝から小雨が降ったり止んだりしている。タイヤもヤバい状態だし、今日はジョギングすることにした。

staticmap いつもの公園周回コースの走り始めたが、少し身体が重く、ヒザにも軽い違和感がある。入念なストレッチと、序盤で飛ばしすぎないように気をつけたせいか、わき腹痛は起きなかった。

 時折雨がぱらつく中を、2分45秒~50秒くらいのペースを意識して、周回を重ねていったが、徐々にヒザの違和感が強くなってきた。昼から仕事だし、ジョギングも3週間振りなので、無理せず12周(6km)走ったところで本日は終了。

 乗鞍本番まで、毎週水曜に午前休みを取ってトレーニングをできたらいいなあ、と思っている。とは言え、仕事が忙しい時期でもあり、そう都合よく行くとも思えないが。

 これまで、できるだけ仕事を休まないようにしていたし、ある程度の休日出勤や残業もいとわなかった。それだけに、こんな休みの取り方は、私としては異例だ。

 個人的には『有給休暇』なんてものは「本質的には」存在しない、と思っている。当たり前のことだが、自営業には有給休暇などなく、仕事を休めばそれだけ売上げが減る。サラリーマンの「有給休暇」とは従業員全員で売上減を分散しているだけで、究極のところ会社や自分の収入を減らすことにつながる。

 もちろん、休養やリフレッシュのための休みを否定するつもりはないし、私自身、乗鞍の前後には毎年休みを取っている。私が思うに「有給休暇」とは、お互いの収入減を許容する「仲間同士の助け合い」なのだ。私も病気や家庭事情(例えば介護)で、しょっちゅう休まざるを得ない時期が来るかもしれない。そんな時には周りの仲間に助けてもらうことになる。だからこそ、働けるときには自分の精一杯働いておきたい。

 そんな思いが変わるわけでもないのだが、私も年齢的にただガムシャラに働けばいいという立場でもなくなってきた。最近は、今までの自分のやり方を変えていかなければ、更なる進歩は望めないと感じている。とは言え、自分を変えるというのは本当に難しい。つまらないことだが、まずは休みの取り方でも変えてみるかというところだ。

 

JS090708【周回ラップ】一周回500m
  1周目 02:49
  2周目 02:52
  3周目 02:52
  4周目 02:52
  5周目 03:00
  6周目 02:48
  7周目 02:47
  8周目 02:40
  9周目 02:51
  10周目 02:45
  11周目 02:43
  12周目 02:36


■本日の走行記録(ジョギング)
 平均心拍数:136
 最大心拍数:176
 心拍数ターゲットゾーン:131-165
 ターゲットゾーン内時間:00:28:01
 ターゲットゾーン以上時間:00:00:00
 ターゲットゾーン以下時間:00:05:43
 消費カロリー:335kcal
 走行距離:約 6.0km [ジョギングシミュレーター]
 平均速度:約10.7km/h [ジョギングシミュレーター]
 最高速度:—
 平均ケイデンス:—
 最大ケイデンス:—
 走行時間:0:33:40

 歩数計-歩数:5863歩 (1.02m/歩)
 歩数計-EX歩数:5728歩
 歩数計-距離:5.47km


Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 平日のジョギング
Post to Google Buzz
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player