大和の古道 その2

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大和の古道 その2
Pocket

【mixi日記 及び 旧ブログ から転載したものです】

その1よりの続き


090411_095600 桜並木の中に「仏教伝来之地碑」が立っていた。ここから本格的に古代の道をたどるが、いきなりコースミスして金屋の石仏へ向かう道を行きすぎてしまった。今まで5万分の1地形図を見ていたので、コースガイドマップの縮尺を見誤ってしまった。

090411_100650 三輪小学校を回り込んで、三輪山平等寺でコースに戻る。急坂を少し上り下りして稲荷社の横を過ぎると、大神神社(三輪明神)の本殿の横に出た。自転車を押して境内に入ろうとしたが、警備員に止められた。押してでも自転車は進入禁止なようだ。

090411_102056 自転車を置いて本殿にお参りした後、本殿を迂回して表参道の鳥居の前に出た。この辺りは土産物屋や茶屋が並ぶ開けた雰囲気。

090411_102536 ルートに戻ると社寺旧跡が次々表れるが、昼までに北端の石上神宮にたどり着く必要がある。残念ながら、序盤でいちいち参ってはいられない。大神神社の摂社、狭井神社はその中でも著名とのことで、急坂をひと上りして立ち寄った。

090411_102712090411_102904 本殿に参って、裏手にある狭井の御神水を頂く。病気平癒に効く霊泉とのことで、たくさんの人が詣でている。そのお陰か、飲用コップの滅菌施設なども整っており、ひなびた感じは全くない。腰痛平癒を願って私も一杯。

090411_103228 狭井神社を過ぎると、ダート、そして石畳の階段が現れた。階段は自転車を押しながらなんとか進み続けたが、この後はしばしばダートや石畳が出現した。集落内を通る箇所も多いので、難所を迂回することもそう難しくはないだろうが、行ける限りはコース通りに進んでみることにした。

090411_103512 そんな苦労の甲斐があるなと思わせるのが、こんな風景。階段も数えるほどで、ほとんどはナロータイヤでも何とか乗車できる。石畳の上りは厳しいが、多少の走行テクニックがあれば、ナロータイヤでも何とかなるだろう。腰痛持ちの身なので、「担ぎ」が必要になったら断念するつもりだったが、そこまでの難路はなかった。

090411_104356090411_104420 桧原神社はご神体が山中にある磐座とのことで本殿がなく、ひなびた雰囲気。そこから西を見ると二上山が正面に見え、奈良盆地を見渡す絶景だった。

 と、ここで時計をみると、すでに10:40。コース約16kmのうち、まだ4.5kmしか進んでいない。昼に間に合わなくなりそうなので、ペースを上げた。景行天皇陵や崇神天皇陵も正面に回ることなく素通り。有名な古刹、長岳寺も立ち寄らなかった。

090411_110214 急ぎ足ではあるが、中山廃寺跡の手前にきれいな桜の木があり、小休止。幸い、コースの中盤はダートでも比較的平坦で絞まった道が多く、順調に距離を稼いだ。

090411_112138 夜都伎神社までたどり着き、コースの70%を消化した。ここで、ヨメさんから「今、王子」とメール。まだ奈良県に入ったばかりとなれば、どうやら到着は遅れそうだ。もっとあちこち立ち寄ればよかったな、と思ったが、今から引き返すのもさすがにしんどい。アップダウンの続くシングルトラック走行と暑さで、結構疲れきている。

090411_113436 ゆっくりと先に進んだが、内山永久寺跡の手前で、とんでもない急傾斜の石畳が出現。凹凸が大きく、竹の落ち葉が乗っているので、さすがに乗車して上れない。パリ・ルーベ(石畳を走ることで有名なフランスの自転車レース)じゃないんだから、と一人でツッコミを入れながら押して上る。

090411_114846090411_114518 最後の難関をクリアすると、まもなく石上神宮に到着。境内は自転車乗車禁止だが、押して入るのは許可されている。

 1700年の歴史を誇る古刹とのことで、荘厳な雰囲気が漂っている。なぜか、境内には鶏が放し飼いになっており、木の上にもたくさんとまっている。神の使いとして大事にされているそうだが、上記サイトによると「元々は20年ほど前に誰かが捨てて行ったもの」だったそうな。

 今日持ち歩いた桜井市作製のガイドマップでは、山の辺の道は石上神宮が最後の名所で、後は天理駅に向かうばかりとなっている。山の辺の道をほぼ全走したつもりでいたが、神宮に「北・山の辺の道」のハイキングマップが置いてあった。今日はもう気力がないが、いずれチャレンジしてみよう。

090411_122708090411_123146 結局、30分ほど石上神宮近辺をウロウロして時間をつぶし、ようやく家族の車が到着。隣接する神宮外苑公園の桜を眺めながら弁当を広げた。もはや「満開」を過ぎ、花びらの散る中だったが、少し強い風が吹くとまさに「桜吹雪」。弁当の中にまで何枚も花びらが舞い込むが、これはこれで楽しめた。

090411_131122 昼食後に家族で石上神宮にお参りし、13時過ぎに家族に見送られて帰路についた。最初はR25を西進して大和川沿い出て大阪に向かうつもりだったので、県道51号線を北上してすぐの布留交差点で左折すべきところを、うっかり行きすぎてしまったので、次の豊田町で左折し、北大路という広い道を西進する。市街地に下りると、至るところに天理教の大きな建物が立ち並んでいる。まさに、宗教都市だ。

 ずっと進むと県道51号線を越えたところで、少し南にカーブして、北大路が途切れた。少し戻って細道に入り、集落の中をジグザグに走って適当に進むと、北大路の続きらしい広い道に出た。R24の中町交差点を越えると道幅が狭くなり、T字路に突き当たった。左折して南進。近鉄天理線二階堂駅の西側を渡り、少し広い道に出たので再び西進。

090411_134650 二階堂北菅田交差点で大和御所道路の高架をくぐると、県道109号線の表示があったが、どうやら旧道だったようだ。近鉄橿原線ファミリー公園駅付近で県道109号線の新道と合流し、線路の下をくぐる。

090411_135112 奈良県立浄化センター公園の中を通り抜け、ようやく大和川の南側の土手に上がった。行きは向かい風(東風)だったので、帰りは追い風と思っていたが、午後になって風向きが変わり、思いっ切り向かい風。土手に上がったのは失敗だったかと思うが、信号の多い街中の道も疲れるので、がまんすることにした。

その3に続く


Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大和の古道 その2
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player