吉野山往復 その1

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 吉野山往復 その1
Pocket

【mixi日記 及び 旧ブログ から転載したものです】

 今日は、嫁さんが子供たちを連れて外出するので、珍しく日中フルにトレーニングの時間を取れる。「夕方にわか雨の恐れあり(降水確率30%)」という天気予報だったが、14時くらいまでなら大丈夫だろう。この機会に、かねてから狙っていた吉野山へ行ってみることにした。

 ちょっと準備に手間取って、自宅スタートは6:50くらい。今日の堺の5時の気温は7度と先週より少し暖かい。ちょっと悩んだが、下半身は厳寒期用の起毛レーサータイツは上りで暑いし、モコモコしてあまりカッコの良いモノではない。今日は薄手のレーサータイツで走り出した。念のためパールイズミのレインパンツを携行し、下りで耐えられないほど寒ければ上に重ねることにした。

081129_074244 このところ、ずっと腰の調子が良くないが、今日は脚がそこそこ回る。まずは大阪を脱出するべく、R309の水越峠に進路を取る。水越峠は、R310の金剛トンネル(千早峠)より標高が低いし、吉野山までの距離も短くなるが、大阪側でも奈良側でもいくつか小さい峠を越える必要がある。深井からR310に並行する西高野街道を走り、松ヶ丘中町を左折して東進。滝谷不動駅付近で府道202号に入って、石川を越えるとひとつめの急坂が表れ、小さな峠を越えるとすぐに滝谷不動尊。

 少し坂を下って中佐備交差点を越えると、また上り坂。一山越えると西楽寺交差点でR309に合流する。森屋交差点を越えると本格的に水越峠への上りが始まる。今日は長丁場なので、ペースをかなり抑え、心拍数は155~160程度でゆっくり上る。

081129_084042 水越トンネルの手前で旧道に入ると、車がごくわずかしか通らなくなる。走りやすいので、ついついペースが上がる。何度もハートレートモニターのターゲットゾーン上限値(心拍数165)を越え、警告音が鳴ってあわててペースを落とすことを繰り返した。トイレに寄ったりしながら、ゆっくりとしたペースで上り、8:40頃水越峠に到着。

081129_084710 意外と暖かく感じるので、サイクルベストだけを羽織って奈良側に下り始めた。さすがにちょっと寒いが、何とか耐えられそうだ。ダウンヒルの途中で「祈りの滝」の紅葉が目に入り、一時停止。

081129_090808 やがてR309新道と合流するが、大カーブをひとつ曲がってすぐにR309を離れ、関屋の集落の中を走る細道を下る。県道30号を越え、長柄の集落に入り葛城酒造のある角を右折して南進。葛上中学校の手前で、今越えてきた水越峠と、その両側にある葛城山(右)と金剛山(左)がキレイに見えた。

 葛上中を越えてすぐに細道をななめ左に曲がり、少し下ると表れるR24を越えて御所市民運動公園方面へむかう県道215号の坂を上る。R309をそのまま進むよりショートカットになるし、交通量も少ないだろうという読みは、ほぼ正解。低い峠を越え朝町の集落内を下っていると、身体がブルブル震えてきた。今のところは快晴で、暖かく感じていたが、水越からの下りで身体が冷えてしまったのだろうか? あわてて長そでジャケット(レインウェア)を着込んだ。

 JR和歌山線を越え、県道120号線に出るので右折。薬水駅を過ぎたところで左折するはずだったが、駅に気づかず、新田の集落まで行きすぎてしまった。500メートルほど引き返し、近鉄吉野線に沿って走る細道に入った。

 薬水の集落を抜けると、5万分1地形図には記載されていない、新しい2車線道路に合流した。「まあ線路に沿っていればOKだろう」としばらく進むと、これまでのひなびた集落とは場違いの、新しい駅舎が見えてきた。近付くと、福神駅だとわかったが、道路は駅を過ぎると線路を越えるのが見え、明らかに地図の道とは進路が違う。

 北側の谷側に細道が見え、こちらが地図上の道のようだったが、結構高度差がある。下るのも惜しいので、そのまま上り続けた。線路を越えると新興住宅地が表れた。福神駅はこのニュータウンの開発に合わせて改修されたのだろう。手持ちの地図には全く記載されていない街を抜け、何とか車坂峠付近のR309に合流。R309を下らずに大淀町役場方面へ直進して、R169も越えてしばらく進んでから坂を下り、越部駅前で再度R169にぶつかるので左折、吉野川に沿って東進する。

081129_101556 R169は道幅が狭く、交通量も多いので大型車に煽られ走りづらい。3.5kmほどで吉野大橋北詰に到着。

081129_104120 吉野川を越えて南岸に渡り、まずは吉野神宮に向かって急坂をひと上り。急ぎ足で参拝しただけだったが、境内の紅葉が青空に映えていた。吉野山ではそろそろモミジも散りかけているが、品種によるのか、ときおりキレイな紅葉が散見できた。

その2に続く

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 吉野山往復 その1
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player