140824自転車いじり [決戦仕様 その1]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 140824自転車いじり [決戦仕様 その1]
Post to Google Buzz
Pocket

140824_130608 再来週に迫ったノリクラに向けて、可能な作業については決戦仕様の準備を進めていく。まずは決戦ホイールのチューブラタイヤTUFO S3 Lite (19C)の再接着。「<165g」の表示が示す通り165g未満であることを宣言した決戦用チューブラタイヤだ。

140824_131022 前輪はすでにリムセメントが乾いて、簡単にタイヤが外れる状態。外したタイヤの「ふんどし」にリムセメントを再塗布していく。

少し乾かしてからリムに再装着し、センター出し。はみ出したリムセメントをリムセメントクリーナーで拭き取っておく。最後に、エアーを注入してリムとタイヤを密着させる。

140824_131040 後輪も同じ作業をするつもりだったが、まだリムセメントが生きており、タイヤを外そうとしてもなかなか外れない。手持ちのリムセメントも無くなりかけだし、これだけ強く固定されているなら、再接着の必要はないだろうという判断をして作業中断。手持ちのリムセメントはずいぶん長いこと使っていたので、粘度が高くなりすぎて使いづらい。早いうちに新調しなければ。

140824_133414 決戦ホイールのリムはMAVIC GEL280。名前の通り280gの超軽量。リアのハブはサンツアーSLマイクロライト。32穴#15プレーンスポークをアルミニップルで組み。

フロントのハブはアメリカンクラシックMICRO58。こちらも32穴だが、スポークは#15-16バテッド。アルミニップルでラジアル組。

骨董品を組み合わせたもので、同レベルの重量の完組ホイールに比べれば、かなり剛性が低い。とは言え、高回転ペダリング(貧脚とも言う)の私がヒルクライムに絞って使うこと考えれば、さほどデメリットは感じない。今年も活躍してもらおう。

140824_133826 続いては、シューズ。大腿骨骨折を招いた6/28の転倒で、バックルが傷んでしまったシマノ製SPDシューズM086。歩くことも重視してSLでないSPDペダルPD-A600を採用しているが、シューズもMTB用を採用している。

140824_133944 スペアバックル(画像奥)を入手して、傷んだバックル(画像手前)と交換するのだが、色は白っぽいグレー。残念ながら現行品に同じ色はない。

140824_134242 ドライバー1本で簡単に交換。ストラップもセットだったが、痛みは少ないし、ブラックの方が違和感がないので、こちらは交換せず。

140824_135446 この機会に、以前から用意していたSPDクリートも交換することにした。致命的な問題はないが、ちょっとガタが大きくなってきたように感じるのと、左足で引き足を使うときに「キュッ」と音がするのが気になっていた。もちろん増し締めはしたが、完全に解消しなかった。

140824_135508 現在のクリート鉛筆で輪郭をなぞり、位置を記録しておく。続いて現在のクリートを外して交換する。

140824_140418 異音に悩まされているので、ボルトにグリスを塗り、かなりトルクを掛けて締め込んだ。これで改善するかは実走してみてのお楽しみ。

シューズがかなり傷んできているのを感じたが、そう簡単に買い換えられない。理想を言えば、ロード用のシューズや、冬季用に防水仕様のシューズも欲しいところだが、当面難しそうだ。

140824_141134 ノリクラではホイールごと交換するので、直接決戦仕様とは関係ないがQRナットの交換。ハブ(サンツアー SLマイクロライト)に付属していたナットのプラ部分に亀裂が入り、簡単に外れるようになってしまったのだ。以前からリア用がその状態だったが、今回フロント用も同じ状態になり、交換を決意。

元々プラを用いた質感は好きではなかったが、軽量だったので仕方なく使用し続けていた。そんなこともあって、今回はサンツアー シュパーブプロのナットを入手した。スチール製なので重いとは思っていたが、かなりずしっとくる(^_^;)。

140824_141606 とは言え、環付きでメッキ仕上げの質感はやはり美しい。ちなみにQRレバー側のハウジングは以前から大昔のVIVAの軽合金製チューンナップパーツに交換済み。もちろん、軽量化を企図しており、本来はカンパニョーロ レコード用だが、この時代のQRは規格がほぼ同じ(というかカンパのコピー)。ナット留めでなく、Cリング留だが、問題なく使用できた。

ふと思い出してみれば、ナットも往年のVIVAの軽合金製を持っていた。軽量化パーツのくせに、プラ製のSLマイクロライトより重いので、お蔵入りしていた。新たにQRナットを入手する必要はなかった気もするが、VIVAはちょっと使用しただけでネジをナメた経験もあるし、普段使いにはスチールの頑丈なものでよいのだ(^_^;)。

140824_143620 いよいよ本格的に決戦仕様軽量化を開始。まずはBIKE’N ROLL バーエンドミラーを外して、タイガースマーク入り中空軽量バーエンドに交換。

140824_143740 実は清酒タイガースの一升瓶の栓だが、猛虎四號作成時に新調した左側と比べるとボロボロ。とは言え、ノリクラ仲間のみわっちさんが、退院祝いに清酒タイガースの一升瓶をノリクラに持ってきてくれるとのこと。大会前夜に一升空けば、新しいバーエンドで走れそうだ(^_^;)。

140824_144108 ハンドル周りのライトやカメラホルダーを外していき、ヘッドコラムスペーサーを、カーボン製に交換。普段は見栄えを重視して、ステムと同じ日東のクロモリ製を使用している。

140824_150028140824_150814 フロントマッドガードを外し、ダルマネジも除去。

リアマッドガードはまず分割部分を外す。

140824_151158 リアブレーキアーチを外し、キャリア(サドルバッグサポーター)を外す。

140824_152334140824_152804 それからリアマッドガードの前半分を外す。

ガードやキャリアを外して露出したダボ穴は、プラスチックピンで塞いでおく。

140824_153936 今日の所はここまで。決戦ホイールは本番でのみ使用するので、ホイールは未交換。本番では外すツールボックス等も装着したままだが、残りは来週末のトレーニングの後でクリーニングと共に行うつもりだ。

 キャリアやマッドガードなどのツーリング車装備を落とすと、猛虎四號もすっかりロードレーサーのフォルム。アウター42Tのチェーンホイールを除けば・・・。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 140824自転車いじり [決戦仕様 その1]
Post to Google Buzz
Pocket

RSS坂虎日記-乗鞍への道- RSS

サイト内検索

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player